コミックス『シージェッター海斗』|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > 最新書籍 > コミックス『シージェッター海斗』

コミックス『シージェッター海斗』

ライター:キャラクターランド編集部
2016年1月27日更新

「シージェッター海斗(カイト)」全3巻コミックス発売中

閃鋼!夢幻のヒーロー 無限の大海原へ
時を経て現代へ蘇ったヒーロー

「仮面ライダー」を始め、「人造人間キカイダー」「イナズマン」「ロボット刑事」など数多くのヒーローを生み出した萬画家「石ノ森章太郎」。その石ノ森が遺した幻のヒーローデザイン「鉄魔神シャドル」が装いも新たに2004年宮城県石巻に降臨した。その名は「シージェッター海斗(カイト)」
石ノ森章太郎は、少年の頃より、生家があった登米郡石森町(現在・登米市中田町石森)から、よく石巻に映画を観に行き、体調を崩してからは、度々静養の為にこの地を訪れ、この地を終の棲家にしようと言うなど、石巻を心より愛していた。
その石ノ森が愛した石巻にニューヒーローをという多くの人々の熱い願いを叶える為に「シージェッター海斗」は誕生したのである。

【シージェッター海斗とは】
石ノ森章太郎の残したラフ画を基に石巻の石ノ森萬画館のためにリデザインされて生まれたヒーローです。正統的な石ノ森ヒーローの戦いを描くのは平成ライダーのデザインでおなじみ石森プロ・早瀬マサト。石ノ森章太郎の完全新作ヒーローをお見逃しなく!!

【あらすじ】
海底に潜むヒメラニアン帝国による地上侵攻が静かに進みつつあった。そのことを人間に伝えようと地上に逃れた皇帝オクターノルの娘・メイムはウミナリの秘宝“海斗の鎧”をなぜか装着できる少年・鳴海光真と出会う。そして鳴海光真はシージェッター海斗としてヒメラニアン帝国にたったひとりで立ち向かう!

●早瀬マサト プロフィール
1989年、作画アシスタントとして石森プロに入社。石ノ森章太郎亡き後、遺志を継ぐ形で「ボイスラッガー」「燃えろ!!ロボコン」「平成仮面ライダーシリーズ」のTV特撮作品に参画。アニメーションでは、「人造人間キカイダー THE ANIMATION」「009-1」など。著作には小説「仮面ライダーEVE」があり、現在『月刊ホビージャパン』にて、ディオラマストーリー「S.I.C. HERO SAGA」、『ハイパーホビー』にて、マンガ「シージェッター海斗」を連載中。

●石ノ森章太郎 プロフィール
本名:小野寺章太郎。1938 年1 月25 日、宮城県登米郡(現・登米市)生まれ。1954 年、高校在学中に『二級天使』でデビュー。高校卒業と同時に上京し、漫画家生活に入る。特撮実写作品『仮面ライダー』の原作者としても知られ、映像とマンガ連載を並行して行うメディアミックスの分野を開拓した。代表作に『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』『マンガ日本の歴史』などがある。

【出版概要】
タイトル  :シージェッター海斗
著者    :石ノ森章太郎 早瀬マサト
出版社   : 徳間書店
価格    :800円(税込)
サイズ   :A5判

ページ上部へ