未知のVR体験でハラハラドキドキ!? 東京・台場にVR体験施設「VR ZONE ・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 未知のVR体験でハラハラドキドキ!? 東京・台場にVR体験施設「VR ZONE Project i Can」が4月15日(金)オープン!

未知のVR体験でハラハラドキドキ!? 東京・台場にVR体験施設「VR ZONE Project i Can」が4月15日(金)オープン!

ライター:キャラクターランド編集部/オダサトシ
2016年4月15日更新

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、仮想現実(ヴァーチャル・リアリティ=VR)技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト「Project I Can」を始動、4月15日(金)から10月中旬までの期間限定でダイバーシティ東京プラザにVRエンターテインメント研究施設「VR ZONE Project I Can」をオープンする(運営:株式会社ナムコ)。

体験予約スタート_PC

実際に体験したユーザーからの意見を活かしながら、さらなるVRの可能性を追求していくための施設で、これまでにない斬新なエンターテインメント空間が楽しめる。予約制で運営され、すでに4月8日(金)12時より予約受付がスタートしている。

その正式オープンに一歩先駆けて、4月11日(月)に行われたメディア向けの先行体験会にキャラクターランドも参戦! バラエティ豊かな6種類のVRアクティビティをじっくり体験してきたのでご紹介しよう!

 

 

 

■極限度胸試し『高所恐怖SHOW』

Logo_高所恐怖SHOW

kousho15

 

 

[VRアクティビティ所要時間]約7分 ※VRゴーグルの着脱時間を含みます

[体験料金]930バナコイン(1000円) ※体験ではVRゴーグルを装着します

VRtaiken001

地上200メートルの高層ビルにエレベーターで上ると、そこには木の細い板が! その先に取り残された子猫を助けに行くというアクティビティ。VRゴーグルに加えて、シューズ&グローブを着用し、実際に歩き、掴むというアクションをすることによってさらに没入度が高まる。「ゲームだから落ちることはない」と思いながら、頭の中が「落ちたら確実にヤバい!」と判断している。前方から吹く風と、この板が微妙にグラつくので臨場感と恐怖心が増す。さらに、子猫を救うために前かがみになるのが怖い!

 

 

BNEクレジット

 

 

1 2 3 4 5 6 7
ページ上部へ