『ガールズ&パンツァー 劇場版』超ロングヒットに渕上舞「感謝してもしきれません!・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 『ガールズ&パンツァー 劇場版』超ロングヒットに渕上舞「感謝してもしきれません!」と大感激!!

『ガールズ&パンツァー 劇場版』超ロングヒットに渕上舞「感謝してもしきれません!」と大感激!!

ライター:キャラクターランド編集部/秋山哲茂
2016年6月13日更新

昨年11月21日に公開されて以来評価を高め、現在も好評上映中の『ガールズ&パンツァー 劇場版』! 5月21日から、公開27週目にして、異例中の異例といえる全国153館での上映&再上映がスタートし、28週目の5月29日時点で累計動員126万4313人、累計興行収入21億3683万2984円を突破!! これを記念して、「『ガールズ&パンツァー 劇場版』超ロングラン御礼 舞台挨拶」が、6月3日(金)に新宿バルト9で開催された。

01

 

バルト9での千秋楽となったこの日、上映終了後に登場した司会者の挨拶に、劇場を埋め尽くしたファン約430人が「こんばんはー!」と大きな声で応え、イベントがスタートした。司会者の「超ロングランがどれだけ長いのかといいますと、明日で29週目に突入します!」の言葉に会場が一層湧いたところで、西住みほ役の渕上舞さんと、プロデューサーの杉山潔さんの二人が登壇。渕上さんの「今日は、何度目のバルト9でしょうか?」の問いかけに、劇場内は大きな笑い声に包まれた。

_MOZ3209

劇場版が動員120万人、興行収入21億円を突破したことに対しての感慨を尋ねられた渕上さんは、数字の大きさに実感が沸かない様子だったが「数字がどうこうよりも、面白いと思ってもらえないとこれだけ何回も足を運んでいただくことはできないと思うので、結果は誇らしい気持ちでいっぱいです」と嬉しそうに答えた。司会者が「ちなみに100回以上見たという人はいますか?」と確認すると観客席で手が挙がり、渕上さんを驚かせていた。

_MOZ3276

同じく120万人、21億円突破という数字に関して感想を問われた杉山プロデューサーは「こんな結果はまったく予想していなかった。封切り当初は年末まで上映が続いてくれればと思っていました。11月21日直前まで、あの胃の痛い現場を取り仕切って作ってくださった水島努監督以下、スタッフの皆さんの最後の粘り腰のすごさというものが作品に現れたんじゃないかと思っています」と作品を支えたスタッフの粘り強さを称賛した。

 

G&P_MOVIE_TOKU_01 G&P_MOVIE_TOKU_04 G&P_MOVIE_TOKU_06 G&P_MOVIE_TOKU_14 G&P_MOVIE_TOKU_16 G&P_MOVIE_TOKU_17 G&P_MOVIE_YOKOKU_03 G&P_MOVIE_YOKOKU_04 G&P_MOVIE_YOKOKU_05 G&P_MOVIE_YOKOKU_06 G&P_MOVIE_YOKOKU_07

 

▲第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、廃校の危機から免れた大洗女子学園。大洗町で開催されたエキシビションマッチを通じて友情を育む選手たちだったが、突然の急用で生徒会長が学園艦に呼び戻される。綿密なロケに基づき再現された大洗町を舞台に、迫力の戦車戦が繰り広げられる!

 

 

1 2 3 4 5 6
ページ上部へ