【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーション・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念!メインスタッフ&声優による「電王ナイト」が12月27日(木)新宿バルト9にて開催!!

【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念!メインスタッフ&声優による「電王ナイト」が12月27日(木)新宿バルト9にて開催!!

ライター:百田九十九
2019年1月8日更新

2018年12月22日(土)より公開中の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(以下、『平ジェネFOREVER』)の大ヒットを記念し、新宿バルト9で行われたイベント「電王ナイト」の模様をお届けします!

イベントはまず、『平ジェネFOREVER』を上映。そして興奮冷めやらぬ会場に、モモタロス役・関俊彦さん、ウラタロス役・遊佐浩二さん、『仮面ライダー電王』TVシリーズでメインライターを務め、『平ジェネFOREVER』の電王出演パートで脚本監修を務めた小林靖子さん、白倉伸一郎プロデューサー、武部直美プロデューサーが登壇し、トークセッションが行われました。

 

 

 『電王』関連イベントに登壇するのは久しぶりの関さん、遊佐さん。MCから改めて心境を聞かれると、

 

関:「放送当時からいくつもイベントがあり、ファンのみなさんと接する機会もたくさんありましたが、やっぱりアツいよね。表情には出さないけれど、みなさんの心にあるアツい思いが伝わってきて、当時のことを思い出します。(放送終了から)ずいぶん経ちましたが、いまだに私の周りでも『関さん、私“電王”ファンなんです』と言ってくださる方がいらっしゃいます。当時ご覧になっていて、お子さんがいらっしゃる方が『うちの息子が最近特撮に目覚めたので、“仮面ライダー電王”を1話から観せ始めたんですが、もう電王に夢中なんです』とお話ししてくださいます。そういうお母さん、お父さんになったファンの方が『仮面ライダー電王』を拡散し続けてくださっていることに、驚きと嬉しい気持ちを持ったのを覚えています。会場にいらっしゃる方の中にも、もしかしたら1話からリアルタイムで観ていないのに、後からファンになった方もいるんじゃないでしょうか。」

 

と問いかけると、客席ではかなりの数の人が挙手しており、関さんは「すばらしい! まだまだ『電王』は走ると思います!」と続け、会場は期待の思いがこもった拍手喝采。

 

 

そして遊佐さんは、

 

遊佐:「通常、仮面ライダー作品は1年で次のシリーズになってしまうので、みなさんと(仮面ライダー作品の出演者として)お会いできるのは1年のはずなんですが、なぜか『電王』は3年、4年……と何らかの形で登場しています(笑)。ですからなんだか帰ってきた気分になるし、お客さんも気張らずにゆったりと構えて迎えてくださっているのが印象的なんですよね」

 

関:「出るのが当たり前、みたいな感じになっているよね。『おかえり~』って(笑)」

 

遊佐:「そうそう。割とリラックスした雰囲気が『電王』らしいのかなと。僕らもなんか終わった気がしないんですよ。なんだかんだ、ゲーム案件の収録があったりして、一年に1回はウラタロスを演じることがあるので、あんまり忘れた瞬間がないんですよね。普通は、何年かぶりに劇場版をやることになって、前作を観たりして思い出しますが、(ウラタロスを演じる時は)『ハイ、お願いしま~す』とすぐに入れる。周りのスタッフさんを含めて、アットホームなファミリー感があります」

 

と収録時にあたたかさを実感している様子。

 

 

劇中では、シナリオに書かれていないセリフも多く登場しているそうで、関さん、遊佐さんはアフレコ時のエピソードも披露しました。

 

遊佐:「僕ら声優は、シナリオを渡されて収録スタジオでアフレコをするんですが、シナリオに書いていないセリフが結構ありました。相変わらずな感じがしましたね」

 

関:「作品が出来上がると、元のシナリオと違うものになっていたりすることが往々にしてあるよね(笑)」

 

白倉:「今回、高岩(成二)さんに電王の全フォームを演じていただきたいとお願いしに行った時に、『(TVシリーズから『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー』(2010年公開、以下『トリロジー』)までリュウタロスのスーツアクターを務めた)おぐらとしひろさんにリュウタロスを演じていただきたい』と条件として提示されました。その時にモモタロスとリュウタロスで何かする気だな? と察して。シナリオ通りやる気がないんだなと」

 

武部:「おぐらさんは当時に比べて体重が増えて、『3ヵ月前に言ってほしい』と言われていましたね」

 

白倉:「『やるかもしれませんよ』とは前もって言ってあったけど、2週間前くらいにやっていただくのが確定したと言ったら『だからもっと前に言ってくださいと言っていたでしょ!』と(笑)」

 

武部:「すごいダイエットされてました(笑)」

 

と暴露大会になると、会場は笑いに包まれました。

 

 写真A_DSC02184

▲オーナー役・石丸謙二郎さんのステッキを使った芸も、石丸さんご自身がご提案されたそう。

白倉プロデューサーらスタッフ陣も驚いたそうです。

1 2 3 4
ページ上部へ