【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーション・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念!メインスタッフ&声優による「電王ナイト」が12月27日(木)新宿バルト9にて開催!!

【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念!メインスタッフ&声優による「電王ナイト」が12月27日(木)新宿バルト9にて開催!!

ライター:百田九十九
2019年1月8日更新

2018年12月22日(土)より公開中の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(以下、『平ジェネFOREVER』)の大ヒットを記念し、新宿バルト9で行われたイベント「電王ナイト」の模様をお届けします!

 イベントには登壇が叶わなかったキンタロス役・てらそままさきさん、リュウタロス役・鈴村健一さん、オーナー役・石丸謙二郎さんからのメッセージが、MCによって代読されました。

 

 

◆キンタロス役 てらそままさきさん

 

——今回の出演オファーを聞いた率直な感想について

 

さすが! 白倉・武部両プロデューサー! 平成ラストに持ってきたか!!

 

——『電王』の懐かしいメンバーとの再会、共演の感想について

 

山口(恭平)監督はTVシリーズ時は助監督でしたが、平成仮面ライダー締めの大役を担われました。一緒に作品作りに携わった者として、喜びを禁じ得ません。みんなで故郷に帰ってきて、笑顔溢れる収録現場でした。

 

——ファンのみなさんへのメッセージ

 

『電王』を長きに渡り、深く愛してくださり、心より感謝申し上げます。みんなの熱いハートに俺が泣いた!!

 

 

◆リュウタロス役 鈴村健一さん

 

——今回の出演オファーを聞いた率直な感想について

 

『仮面ライダージオウ』のことを知っていたので、いつ呼んでもらえるのかなあ? と楽しみにしていました。でも、この前、4タロスの中、僕だけ呼ばれなかったこともあったしなあ……と思っていたので、今回出演できた嬉しさは過去最大級です(笑)。

 

——『電王』の懐かしいメンバーとの再会、共演の感想について

 

『電王』に関しては、なぜか「懐かしい」という感覚があまりないと感じていたんです。4タロスのみなさんとも現場で会いますし、なんとも言えない現役感が自分の中であったんです。でも、今回はアフレコしていて、佐藤健くんがモニターに映し出された瞬間に、一気に当時のアフレコのことを思い出して、鳥肌が立ちました。間違いなく時が経っていたと実感しましたし、それと同時になんだか誇らしくなりました。11年経ってまた戻ってくることのできる『電王』という作品の素晴らしさ、そしてきっとこの登場シーンは誰もが驚くし、喜んでくれると感じたんです。そんな作品に自分も参加していたんだなあと、改めて確信して、胸が熱くなりました。もう一度大きな声で言います。

 

「『電王』、大好きだけどいいよね? 答えは聞いてない!」

 

——ファンのみなさんへのメッセージ

 

「電王ナイト」に参加できないのが残念ですが、思いはそちらに飛ばしております。みなさんの夜が、素敵な時間になりますように。

 

 

◆オーナー役 石丸謙二郎さん

 

——今回の出演オファーを聞いた率直な感想について

 

デンライナーがいつも、迎えに来るような気がして、常々準備しておりました。今回、出演オファーをいただいて、「よし、来たな」と奮い立ちました。

 

——『電王』の懐かしいメンバーとの再会、共演の感想について

 

まったく当時と変わらず、新たなアイディアが溢れ出てきました。彼らと久々に男らしい握手を交わし、とても濃密な楽しいひと時を過ごしました。

 

——ファンのみなさんへのメッセージ

 

デンライナーは、未来永劫走り続けます。

いつか、また、どこかで。

 

 

コメントが読まれると、会場からはあたたかい拍手が起こりました。

 

オファーを受けた時の率直な感想について、

 

遊佐:「(ほかの声優の)みなさんは事務所からお話を聞くと思うんですけど、僕は武部さんからお電話をいただいて。『武部です~。実は冬映画撮ってまして~。電王のシーンがあるんですけどいかがでしょう~?』(モノマネをしながら)って。それを、2週間後ぐらいまでに録りたいと言い出して正直キツいな! というのが正直な感想でした(笑)。でもみんなギリギリにオファーしたということだったみたいですね」

 

 

 平成仮面ライダー20人がバイクに乗って走るシーンは、山口監督のこだわりで生まれ、「メンテナンスして!」と言う指示があったそうです。白倉、武部両プロデューサーは「そんなシーンないけど……」と困惑し、どういうシチュエーションにするのか悩んだようだ。

 

白倉:「誰かが逃げているのを追っかけるのか、自分たちが逃げているのか。一回、みんなで逃げるという話になったんですが、よく考えたらライダーが20人も揃って逃げちゃダメだろ。(シンゴを)助けるんだったら戦いに行かなきゃ。逃げるなよ! と」

 

と、圧巻のシーン誕生秘話を披露!

1 2 3 4
ページ上部へ