【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーション・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念!メインスタッフ&声優による「電王ナイト」が12月27日(木)新宿バルト9にて開催!!

【※ネタバレあり】『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開記念!メインスタッフ&声優による「電王ナイト」が12月27日(木)新宿バルト9にて開催!!

ライター:百田九十九
2019年1月8日更新

2018年12月22日(土)より公開中の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(以下、『平ジェネFOREVER』)の大ヒットを記念し、新宿バルト9で行われたイベント「電王ナイト」の模様をお届けします!

 

 最後に、MCから『仮面ライダー電王』とはどんな存在? という質問が。

 

武部:「10年やっていると、こういう変わった作品も生まれるんだなと言うのが率直な感想です。モモタロスが一番最初に登場した時に、子供っぽすぎるし、着ぐるみがしゃべったら大人のファンはみんな引くよねと思っていました。でも子供向け番組だからそれでいいんじゃない? と言っていたら、(会場にいるファンを見渡して)大きなお姉さん方に応援してもらえるとは、声優さんたちのイベントをやることになるとも夢にも思いませんでした。11年経ってこういう場を設けられるなんて嬉しいし、何かもうちょっと大きなことをやれたらいいなと思うので、白倉さんの横で時々ささやきたいと思います(笑)」

 

白倉:「今回の映画を観ていて、デンライナーが登場して自分がこんなにアガる、ときめくといいますか、こんなに夢があるんだ、ロマンがあるんだと気づきました。ただの乗り物とか、ただのタイムマシーンじゃないんだなということをすごく感じて。作曲家の佐橋(俊彦)先生にデンライナーの登場シーンと、クウガウォッチの映るシーンは良い音楽を用意してくださいました。『電王』ってそういう特別感、他のライダーとは違うロマンのようなものを確実に持っているワールドなんだなと思いました。放送当時観ていらっしゃった方は一緒に11年の年を取ったわけですが(笑)、長きに渡り『電王』を愛してくださって改めて感謝します。ありがとうございました」

 

小林:「今回、脚本監修をやってみてすごく異質さを感じました。人気が続いているのはもちろんすごいと思うんですけれど、仮面ライダーシリーズの中にあって、あまりハードな敵がいないような気がします。例えば、ものすごい大企業のものすごい悪がいるとか、影の殺人犯が出てくるとかではなく、すごくファンタジーで、敵イマジンがみんなおバカで(笑)。仮面ライダーの中でも優しいお話だからこそ女性にも受け入れられやすくて、女の子のお子さんにも受け入れられる作品だったのかなと思います。いつまでも『“電王”好きでした』と言われると、自分としてはちょっと悔しい気持ちがあるので(笑)、『電王』を超えるような作品作りができるといいなと思っています」

 

遊佐:「『電王』はファンのみなさんを含めて家族、家のような存在です。イベントをいくつかやらせていただき、待機列で電話が鳴るとみんなデンライナーの音だから誰の携帯が鳴っているのかわからないという話を東映のスタッフさんから聞きました。それぐらい、みなさんに愛していただいているのがすぐに思い起こされます。『電王』は非常に大好きです。今は王様になりたい人がいたり、世界を創り変えたい人がいたりしますが、そういうのに比べると平和でアットホームな物語だなと思うので、余計にホーム感が強いです」

 

関:「小林さん、遊佐さんがおっしゃられた通りで、一言で言うとあたたかい作品でした。(TVシリーズの)収録当時は45歳だったんですが、今思うと、『電王』に出演するということは、45歳までなんとかこの世界まで頑張ってきたことに対する、天からの贈り物というか、神様のご褒美をもらったように思います。これだけ素晴らしいスタッフ、キャストのみなさんと、こんなに熱く応援してくださるみなさんに囲まれて、私が今まで仕事として経験していなかった特撮作品、しかも『仮面ライダー電王』という素晴らしい作品の中で、こんな風に11年もみなさんから支持していただいているという、こんな幸せなことはないなと思います。だから、死ぬまでにもう一回ご褒美がほしいです!」

 

と思い思いに『電王』愛を語り、トークイベントは終了しました。

 

メイン_DSC02223_2

 

今後の『電王』の展開にも期待したいですね!!

1 2 3 4
ページ上部へ