「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」5周年記念、特ソンアルバム「・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」5周年記念、特ソンアルバム「ザ・ラジレンジャーズ」完成披露記者会見レポート!

「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」5周年記念、特ソンアルバム「ザ・ラジレンジャーズ」完成披露記者会見レポート!

ライター:キャラクターランド編集部/村北恵子
2016年8月30日更新

 仮面ライダー45周年、スーパー戦隊シリーズ40作品目となる2016年、文化放送で毎週金曜日の深夜24:30から放送している人気ラジオ番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」も、2016年10月で5年目に突入します! そこで5周年を記念して、番組新主題歌と豪華声優陣による特ソンカバー曲を収録したアニバーサリーアルバムが発売されることとなりました!!

 8月16日(火)の夜、正に台風の最中、文化放送ではメインパーソナリティを務める、鈴村健一さんと神谷浩史さんのお二人による完成披露記者会見が文化放送で行われました! その模様をご紹介します。


 『秘密戦隊ゴレンジャー』のOP曲「進め!ゴレンジャー」が流れる中、鈴村さんと神谷さんが現れ、「皆さん、ラジレンわ~!」と挨拶すると、鈴村さんがじみじみ「5年も経つとね、0歳の子も5歳になりますからね」、するとすかさず神谷さんが「当たり前ですよ(笑)」と突っ込み一笑い!
 司会者から4年間を振り返っての感想を聞かれると、鈴村さん「この番組始まったときは大丈夫かなと思ったんですけど5年も続きましてね。それはね、浩史の的確なツッコミといろなときに暴走するのを頭から抑えてくれる、それのおかげ。特撮を知らない方にも特撮の良さを伝えられているんではないかと。まぁ、神谷浩史さんのおかげかなというところでしょうか」、それを受けて神谷さん「いやいやもう、この番組は、健一くんあっての番組ですから!」と答えると、鈴村さん「そうですね」と返して場内大爆笑!
 神谷さん「でも、そうなんです、ほんとに。健一くんも言ってましたけど、僕も特撮好きですけど好きなだけなんで、そんなに詳しくはないんですよ。だから僕は好きですよっていうスタンスで関わらせてもらって。圧倒的に知識量があるのは健一くんなんで、彼に頼りっぱなしです。この番組は彼あっての番組です、はい」と話すと、「ですって!」と少し照れる鈴村さん。

 次に今まで番組に出演してもらったゲストの方々の写真が映し出されると、鈴村さん「すごーい! ほんとにたくさんの方々にね、来て頂いてますね」、神谷さん「スゲーなこれ! これすごい番組作れんじゃん!」と思わず興奮!
 特に思い出深い回を聞かれると、神谷さん「ええ~~~!!誰ですかね~~、でもやっぱり(渡辺)宙明先生がいらしたときは、すごくありがたかったですねぇ。なんかもう伝説じゃん!」、鈴村さん「そうなんだよね~~! ほんとにレジェンドなんだよね。健康の秘訣を聞いたら、やっぱり、肉だっておっしゃったんですよ。なんか血管年齢が……」、神谷さん「60代だっておっしゃってましたよ(笑)」、鈴村さん「すっごいですよね(笑)」、神谷さん「いや、すごいですよね、御年90歳(会見当時)でいらっしゃるんですけれども、ほんとにもうご健康そのもので」と宙明先生に会えたうれしさを二人で話し、今度は同じ質問をされた鈴村さんが「スーツアクターの高岩さん」と答え、高岩さんをエレベーターまでお見送りをした際に「エレベーターまで歩いて行く姿とエレベーターに乗った後ろ姿が仮面ライダーにしか見えない!」と興奮して話してくれました。

 さらに番組スペシャル回や公開録音イベントの写真が映し出されると映像の写真を見ながら、鈴村さん「ロボコン(笑)、ロボコンが文化放送にいますよ(笑)! スーパー1もいるし、リュウタも来たし!」、神谷さん「スーパー1、うれしかったなぁ~! 白倉(伸一郎)さん(笑)」、鈴村さん「白倉さんいますね~! 東映のものすごく偉い人ですけど、あの人が来てガッツポーズしてるっていう(笑)」、神谷さん「違和感しかねぇ(笑)!」、鈴村さん「すごいですねぇ、真ん中、串田(アキラ)さんですか」、神谷さん「はい!」、鈴村さん「そして後ろに宇宙刑事そろい踏み。いや~、いいですわ~」と番組を振り返った。

 そして今回の選曲について聞かれると、鈴村さん「僕がカバーするのが『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の主題歌ですね」、神谷さん「僕『メガレンジャー』のエンディングの「気のせいかな」をカバーさせて頂きました」。
 ここで作詞:八手三郎、作曲:渡辺宙明による新曲「Shake Hands」が1コーラス流れ、初お披露目!
 鈴村さん「やっぱりね、歌詞もそうですし、メロディラインもね、ほんとにね、親しみやすいというか、すばらしい楽曲ですね」、神谷さん「一回聴いただけで耳に残るんですよ。宙明先生すごいですね。ただこれ、歌ってみるとわかるんですけど、めちゃくちゃ難しいっす」、鈴村さん「パッと聴くとね、すごく親しみやすいメロディラインだったりするんで、パッと歌えそうなんですけど、実際歌ってみるとほんとにね、なかなかのもんですよ」、神谷さん「音符が急にここまで飛ぶんだみたいなね。結構ね、バンバン飛ぶんで、歌いにくい曲なんですけど、やっぱりそういうほうが耳に残るんですよね」、鈴村さん「宙明先生もそうおっしゃってましたよね。あと歌詞もね、八手三郎先生ですからね。八手三郎さんですよ!」、神谷さん「そうなんです!」、鈴村さん「あの八手三郎が、書いてくれました、俺たちのために」、神谷さん「伝説の!」、鈴村さん「今日も来てる! 八手三郎さんっぽい人がいまうなずいてますけどね(笑)」、神谷さん「っぽいっすけどね(笑)。巨匠ですからね」と、現場にいた(?)八手三郎先生にも敬意を払いつつ、新曲についての感想を話してくれました!
 さらに楽曲についてディレクターとの事前打ち合わせなどを聞かれると、二人とも顔を見合わせ「特にはないよね」と言いつつも、神谷さんが「僕ら特撮に、子どもの頃にいろいろ教えてもらったことってあるじゃないですか。やっぱり正義の気持ちだったりとか、正しい心だったりとか、そういうものを学んだんで。そういうものを正しく伝えられる楽曲がいいんじゃないかなって、僕思ってたんです、勝手に。そうしたら、そのものズバリのことをディレクターに言われて」と熱い気持ちを話してくれました。
 選曲について聞かれると、鈴村さん「単純に楽曲がすごい好きですね。僕自身の現時点での集大成」と答え、神谷さん「健一くんがオープニングだったので僕がエンディングがいいかなと。難しいのは重々承知してたけどチャレンジしてみたいなと。でも歌ってみたらめっちゃ難しいんですよねぇ~。これをキー上げて歌ってきたツー将軍(堀川りょうさん)すげぇな!と思って」。
 最後にCD発売を機に今後やったみたい夢を聞かれると、二人して「ナパーム!」とそろって答え、鈴村さん「ナパームバックに、ラジオをやりたい! V3のね、劇場版のね、四国の形を変えたような、ああいう爆破をね、ぜひしたい、うん。四国の形が変わったことでおなじみの。岩船山の形を変えにいきたい!」、神谷さん「ナパームは一回体感してみたい!」と次なる野望を語っていただき、終始楽しい完成披露記者会見が終了しました!


【商品概要】
タイトル:アニバーサリーアルバム「ザ・ラジレンジャーズ」
発売日:2016 年10月12日
価格:2500円+税
発売元/販売元:日本コロムビア
<収録内容>
1.Shake Hands
 歌/ラジレンジャーレッド(鈴村健一)、ラジレンジャーブルー(神谷浩史)
 コーラス/仮面ライダーGIRLS
2.救急戦隊ゴーゴーファイブ(救急戦隊ゴーゴーファイブ オープニングテーマ)
 歌/ラジレンジャーレッド(鈴村健一)
3.気のせいかな(電撃戦隊メガレンジャー エンディングテーマ)
歌/ラジレンジャーブルー(神谷浩史)
4.バイオロボの歌(超電子バイオマン 挿入歌)
 歌/関智一
5.駆けろ!スパイダーマン(スパイダーマン オープニングテーマ)
 歌/稲田徹
6.ジャッカーコバック(ジャッカー電撃隊 挿入歌)
 歌/杉田智和
7.座談会(仮)

ページ上部へ