映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のガブリエーレ・マイネッティ監督×永井豪先生×・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のガブリエーレ・マイネッティ監督×永井豪先生×水木一郎アニキによるトークイベント付き最速上映会が3/6ヒューマントラストシネマ有楽町にて開催!

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のガブリエーレ・マイネッティ監督×永井豪先生×水木一郎アニキによるトークイベント付き最速上映会が3/6ヒューマントラストシネマ有楽町にて開催!

ライター:ハイパーホビー編集部/村北恵子
2017年3月8日更新

 日本のアニメ『鋼鉄ジーグ』をモチーフにした、イタリア発のダークヒーロー映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』は、5月20日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開! 本作の公開を記念して、イタリアからなんと! 監督のガブリエーレ・マイネッティさんが来日し、原作の永井豪先生とのスペシャル対談が行われました。

 最初にガブリエーレ・マイネッティ監督が「本当に光栄です。私にとってですね、この『鋼鉄ジーグ』にインスパイアされた映画が日本で配給されると言う事は、本当に夢のように思えます」と挨拶をされ、続く豪先生も「イタリアでこういう映画が出来るとはとても思っていなかったんですけども、大昔に作った『鋼鉄ジーグ』っていう作品を、(ガブリエーレ・マイネッティ監督が)7、8歳の頃に見てたらしいんですが、そういう彼が思い入れを込めて作ってくれた映画、とっても面白かったです。皆さんも楽しんでいただけたらと思います」と、上映前のお客さんたちがわくわくするような挨拶をされました。
 また昨年のイタリア映画祭で『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が上映されたときに初めて会ったというマイネッティ監督と豪先生。その時、一緒に来日していた主演のクラウディオ・サンタマリアさんと共に、豪先生に豪先生の奥様と一緒の夕食に招待してもらい、とてもうれしかったとのこと!
 観た感想を聞かれた豪先生は「ヒーロー物ですけど、アメリカのヒーロー物と違って莫大な制作費は掛かっていないんですけれども、それにも増して人間味が溢れるような作品で、観終わった最後に、ほんとに、なんか、うれしくなるような、そういう映画が出来上がってますんで、楽しんで頂けたらと思います」と話されました。
 さらに「鋼鉄ジーグのうた」でおなじみアニソン界の帝王・水木一郎さんも駆け付け花束を持ってサプライズ登場し、マイネッティ監督と豪先生に渡した後、「イタリアーノってよく言われるの!」と上映前の観客を大いに沸かせつつも、映画のラストの曲が良かったと話し、ご自身のライブでも「バラードでジーグを歌ってみたい」と言って会場から拍手が起こりました。

 さ・ら・に、イタリア発のダークヒーローと聞いては、HH編集部的には見逃せません!
 ということで、このイベントの詳しい模様と! ガブリエーレ・マイネッティ監督のインタビューを! 5月8日発売の『ハイパーホビー』VOL.2にて掲載します! ぜひぜひお楽しみに~~!!!


★映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
監督・音楽・製作:ガブリエーレ・マイネッティ 
出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、イレニア・パストレッリ
原題:Lo Chiamavano Jeeg Robot /2015/イタリア/カラー/119分/日本語字幕:岡本太郎
提供:ザジフィルムズ/朝日新聞社 配給:ザジフィルムズ

ページ上部へ