『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド with レ・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』大ヒット御礼舞台挨拶レポート!映司&アンク、紘汰、タケルたちが集結!!

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』大ヒット御礼舞台挨拶レポート!映司&アンク、紘汰、タケルたちが集結!!

ライター:ハイパーホビー編集部/村北恵子
2017年12月29日更新

 12/9に公開され、初日2日目で動員30万人・興収3.59億の大ヒットスタートを記録した『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』を記念して、本日12/29、新宿バルト9にて上映終了後に「大ヒット御礼舞台挨拶」が行われ、レジェンドライダー達が駆けつけました!

 本日MCを務める本作の東映プロデューサーの一人・高橋一浩氏がキャスト&監督を呼び込むと、『仮面ライダーオーズ』より火野映司役の渡部秀さん&アンク役の三浦涼介さん、『仮面ライダー鎧武/ガイム』より葛葉紘汰役の佐野岳さん、『仮面ライダーゴースト』より天空寺タケル役の西銘駿さん、本作が映画初監督作品となる上堀内佳寿也監督が登壇し、場内から大きな歓声が巻き起こりました。

 

渡部さんが「皆さん、ただいまーー!」と言うと呼応して「お帰り〜〜!」のコール&レスポンス。続いて三浦さんも「6年ぶりに帰ってきました!」、佐野さん「この間までドライブと走っていたので見れてないんですけども、今日は全力で皆さんと楽しい時間を過ごしたいと思います」、西銘さん「先輩達に囲まれてもの凄い緊張してます!」とそれぞれ挨拶した後、一度渡部さんと三浦さんが退場し、佐野さん&西銘さん&上堀内さんによるトークがスタート! その後、渡部さん&三浦さん&上堀内さんによるトークが行われました。助監督時代から上堀内さんを知っているキャスト陣との絶妙なトークをご堪能下さい。

 

03

▲右から西銘さん、佐野さん、上堀内監督。

04

▲MCの高橋一浩さん(東映プロデューサー)

 

高橋 3年ぶりの復活が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

佐野 前回でれなかった分があったので、今回でれて本当にうれしかったです。

高橋 何回も監督に「紘汰じゃない」ってだめ出しされたっていう。

佐野 髪の毛がそもそも短くなかったですか(笑)? 俺?

上堀内 心の中で、ちょっとした登山家が来たぞって(笑)。でも衣裳とか当時のを全部用意してもらって、大変だったねぇ。神様やっちゃったからだよねぇ〜。

佐野 そうそうそう。そもそも神様で出てくるのか、どうしましょうってことで監督とでる前から相談していて。でもお客さんが見たいのってきっと元気でスタンダードな紘汰なのかなということで話し合って。結局神様なんだけど、格好はああいう感じに。

上堀内 実は当時あんまり神様紘汰を見てなかったなんだよね。だからアルバイト紘汰のほうを見たかったという。

佐野 神様ですけど、いまだにフリーターですからね(笑)。

上堀内 そうそうそう(笑)。

高橋 皆さん、神様じゃ無くて、フリーター紘汰がよかったですよね?

(すると客席から大拍手!)

佐野 僕、ちびっ子に「いつまでフリーターなの?」って言われたことありますからね(笑)、ホントに。

 

高橋 佐野さんはさすがの身体能力での跳び蹴りでしたね。

佐野 あのシーンはもともと手を振りかざすだけだったのを、せっかくだからアクションしたいなぁってことで監督に相談したら、当日トランポリンが用意されてました(笑)。

上堀内 本当に橋の上で飛んでますからね。ちょっと鈍かったらね、そのまま橋の下にぴょーんって落ちてますからね。

佐野 人生クランクアップでした(笑)。

(観客から大爆笑&大拍手!)

上堀内 (笑)違う意味でも成長したね〜。

佐野 久しぶりに高岩(成二)さんとも会えてうれしかったし、変身した後も高岩さんが入って下さったので、それは個人的にもすごいうれしかったですね。

高橋 レジェンドライダーが来るので、変身だけは全部高岩さん、お願いします! って言って無理してもらったんです。

上堀内 ぶっちゃけますね〜(笑)。

 

高橋 西銘さんも自らレジェンドライダーとして出たいですっていう強い思いで作品に挑まれましたね。

西銘 そうですね、でも僕はホントに、皆さんから4回死んでるゴーストって結構凄いねって言われるんですけど、あのう……神様を前にすると、やっぱり弱いんじゃないかなって。

佐野 大丈夫大丈夫、すぐ生き返らしてあげるから(笑)。

西銘 (笑)あと今日はオーラで負けないように、赤の衣裳で頑張ってきました。

高橋 珍しいですよね。

西銘 実は青が好きなので、普段は青とか…オレンジとか、青いので。2年ぶりの変身ということで、すごい気合い入れて現場へ行きました。

高橋 監督、そんな西銘さんは、現場でどうでしたか?

上堀内 変わんねぇな〜と思って(笑)、良い意味で。現場で会っても「おはようございますっ!」ってあの元気のいい感じで、「いつもの西銘〜」と思って(笑)。ただ変身はね、カッコ良かったです。目つきが違う、と思って。

高橋 佐野さんは上堀内監督はどうでしたか?

佐野 助監督から監督になった上堀さんを見て、「監督」っていうのがちょっと恥ずかしかったですね。

高橋 監督から見て佐野さんは?

上堀内 3年ぶりに会って、まず顔が違うんですよ。パーツとかじゃなくて。当時は何て言うかフリーターっていうのが似合っていたんだけど、もう顔つきがキリッとしてて。だから登山家に見えちゃったのかな? 人としても役者としてもどんどん伸びて帰ってきてくれたのかなって、そこがうれしかったですね。

高橋 最後に一言ずつメッセージをお願いします。

西銘 2年ぶりに『平成ジェネレーションズFINAL』に戻って来れて、ホントにうれしかったですし、ライダーの先輩方は本物のレジェンドだなって、僕も本物なんですけど……僕の気持ち的にはまだ仮のレジェンドなので、もっと身につけて10年後20年後、立派な姿で、キリッと登山家のような顔になって、戻ってきたいと思っています! これからもよろしくお願いいたします。

佐野 こういう平成ライダーラストという、大きな大作に出られたことをホントにうれしく思っていますし、いろんなところで皆さんとお会いできるように一生懸命頑張っていきたいと思っていますので、今後とも仮面ライダーと、佐野岳をよろしくお願いいたします。

 

1 2
ページ上部へ