多彩な才能を結集した分業制作システムの継承を目指すコミック賞の第2回「さいとう・・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 多彩な才能を結集した分業制作システムの継承を目指すコミック賞の第2回「さいとう・たかを賞」が本日5/24(木)より応募受付開始!

多彩な才能を結集した分業制作システムの継承を目指すコミック賞の第2回「さいとう・たかを賞」が本日5/24(木)より応募受付開始!

ライター:ハイパーホビー編集部/村北恵子
2018年5月24日更新

 「さいとう・たかを賞」とは、『ゴルゴ13』連載開始50周年を記念して2017年に一般財団法人さいとう・たかを劇画文化財団が創設した、シナリオ(脚本)と作画の分業により制作された優れたコミック作品を顕彰する賞のこと。
 さいとう・たかを先生が、長年、大人の読者に向けた本格コミックを制作するうえで採用してきた分業によるコミック制作システムに光を当てることを目的としています。

 そこで今回、第2回「さいとう・たかを賞」の応募受付が、本日5月24日(木)よりスタートしました!


 応募方法は、担当編集者による自薦で、2018年8月31日までの期間で応募を受け付けます。2回の選考を経て受賞作品1作を決定し、12月10日に「さいとう・たかを劇画文化財団ウェブサイト」上にて発表。2019年1月11日に授賞式を行う予定となっております。

 受賞作品のシナリオライター・作画家・プロデューサーとしての担当編集者(または編集部)の三者それぞれには正賞として、さいとう・たかをデザインによる「ゴルゴ13像」を、さらにシナリオライター・作画家のそれぞれに副賞として賞金各50万円を贈呈します。
 最終選考委員には、さいとう・たかを、やまさき十三、池上遼一、佐藤優の4名に加え、第1回さいとう・たかを賞受賞作品『アブラカダブラ~猟奇犯罪特捜室~』のシナリオライターでもある長崎尚志を新たに迎えた、計5名が務めることとなります。
 さいとう・たかを劇画文化財団は、この賞を通じて、さいとう・たかを先生の志を受け継ぎ、分業システムによって「エンタテインメントの王道」を行く作品づくりに挑む次代の制作者を応援することを目的としています。


saito_2 saito_1 ▲さいとう・たかを


golgo ▲正賞・ゴルゴ13像



第2回「さいとう・たかを賞」の概要は下記の通りです。


■第2回「さいとう・たかを賞」概要

<選考対象作品条件>
2015年9月1日から2018年8月31日までの間にコミックス第1巻が刊行されており、シナリオライター・作画家の分業により制作されている、成人男女を主な読者対象としたコミック作品。
※完全オリジナルシナリオ作品に限ります。
※同人誌やWEB媒体等で発表されたのみでコミックスとして刊行されていない作品は、授賞対象外とします。


<賞品>
●正賞 ゴルゴ13像 [シナリオライター・作画家・編集者(または編集部)に各1点]
●副賞 賞金各50万円 [シナリオライター・作画家]


<応募方法>
担当編集者による応募のみ受け付けます。(編集部単位でまとめての送付も承ります)
対象作品のコミックス第1巻2冊にエントリーシートを添付し、下記宛先へお送りください。

〒164-0001
東京都中野区中野1-55-3 
一般財団法人 さいとう・たかを劇画文化財団
「さいとう・たかを賞」係

※エントリーシートは、さいとう・たかを劇画文化財団のウェブサイトからもダウンロードできます。
【URL】 http://www.saitotakao-gekiga.or.jp/award
※お送りいただいたエントリーシート・コミックスは返却いたしません。あらかじめご了承ください。


<選考方法>
さいとう・たかを劇画文化財団内にて一次選考を行ったのち、さいとう・たかを、やまさき十三、池上遼一、佐藤優、長崎尚志の5名にて最終選考を行います。


<スケジュール>
5月24日 応募受付開始
8月31日 応募受付〆切(当日消印有効)
9月  一次選考 (※9月末までにメールにて選考結果をご連絡させていただく予定です)
11月 最終選考会 (※受賞の場合、担当編集者宛に当日中にお電話にてご連絡させていただきます)
12月10日 さいとう・たかを劇画文化財団ウェブサイト/「ビッグコミック」にて受賞作発表
2019年1月11日 授賞式

 

■第1回さいとう・たかを賞 最終選考会の様子

171113_2171113_1

▲下の写真の真ん中がさいとう・たかを、右から池上遼一、やまさき十三、佐藤優、相賀昌宏。

 

■第1回さいとう・たかを賞 授賞式の様子

180112_3 ▲右から、受賞者の、編集者/中山久美子(小学館 ビッグコミックオリジナル編集部)、作画家/芳崎せいむ、シナリオライター/リチャード・ウー(長崎尚志)。 180112_1

▲受賞作品展示の様子

 

■2017年度 第1回「さいとう・たかを賞」受賞作
 『アブラカダブラ~猟奇犯罪特捜室~』

abracadabra


<書誌情報>
原作:リチャード・ウー/作画:芳崎せいむ
小学館「ビッグコミックオリジナル増刊」連載中/小学館ビッグコミックス既刊3巻
<作品紹介>
 犯人から犯人へ、リレー形式で続く連続猟奇殺人。ある人物によって“創られた”とされる殺人者たちを、若き捜査一 課刑事・鐘巻と、引退した伝説の名刑事・油小路のタッグで追う本格“脳”サイコ・サスペンス!

ページ上部へ