多彩な才能を結集した分業制作システムの継承を目指すコミック賞「さいとう・たかを賞・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 多彩な才能を結集した分業制作システムの継承を目指すコミック賞「さいとう・たかを賞」第2回受賞作決定!!!

多彩な才能を結集した分業制作システムの継承を目指すコミック賞「さいとう・たかを賞」第2回受賞作決定!!!

ライター:ハイパーホビー編集部/村北惠子
2018年12月10日更新

 「さいとう・たかを賞」は、さいとう・たかを先生が長年大人の読者に向けた本格ストーリーコミック作品を制作するうえで採用してきた、分業によるコミック制作システムに再び光を当てることを目的にとした、『ゴルゴ13』連載開始50周年記念で一般財団法人さいとう・たかを劇画文化財団が創設した、シナリオ(脚本)と作画の分業により制作された優れたコミック作品を顕彰する賞です。
 その「第2回さいとう・たかを賞」受賞作が、さいとう・たかををはじめ、池上遼一氏、佐藤優氏、長崎尚志氏、やまさき十三氏の5名による最終選考会を経て決定いたしました。

 「第2回さいとう・たかを賞」受賞作品はーー
原作:真刈信二 漫画:DOUBLE-Sによる『イサック』(講談社刊『月刊アフタヌーン』連載)です!

 

isac


<作品紹介>
 2つの勢力に別れ、後に30年戦争と呼ばれる激しい戦いの最中にあった17世紀の神聖ローマ帝国。そこに傭兵として現れたのは「イサック」と名乗る日本人の男! 彼の壮絶な戦いが始まる!

 

 

■受賞者コメント

 

★シナリオライター/真刈信二(まかり・しんじ)

 『イサック』がこのような賞を頂いたことは、原作者としてたいへん光栄です。『イサック』は原作者、作画家、編集者の他に、私の原作を韓国語に訳してくれる翻訳家と、作画家、翻訳家を私たち日本サイドに結びつけてくれる代理人をも含めたチームの作品です。予想もしなかった今回の受賞を励みに、より面白い原作を書くことでチームの共同制作を盛り上げていきたいと思っております。ありがとうございました。

 

★作画家/DOUBLE-S(だぶるえす)

 前作が終わって、いくつかの企画をいただきましたが「次は1人でストーリーも描いてみたい」と思っていた最中に真刈先生のシノプシスに出会いました。真刈先生の作品は面白いし、ハード感ある作品が好きでしたがそれも古い作品ということもあり、正直期待していませんでした。しかし、シノプシスの最初の一文で描きたい!と思いました。なんでもない文章でしたが、次はストーリーも自分で書こうと考えていた私にはあまりに圧倒される一文でした。その後、1話の全体シナリオをいただいて、作画を引き受けたことを後悔しました。自分に描けるか不安だったからです。
 毎話ストーリーについていくだけでやっとの状態なのにこのような賞を受けることができ、少しは認めてもらえたかなと大変嬉しく、光栄に思っております。選考していただいたさいとう・たかを先生、審査員の方、素敵なストーリーを書いてくださる真刈先生や担当編集の方、そしていつも読んでくださる読者の皆様に感謝申し上げます。

 

★編集者/荒井 均(講談社 アフタヌーン編集部)

 「男がたったひとり、かたき討ちのため日本から神聖ローマ帝国にわたり、戦場で戦う」という、真刈さんの着想がまず素晴らしいです。さらには日本人なら刀、という先入観を覆し、火縄銃で戦う主人公、というのも今作の大きな魅力です。
 DOUBLE-Sさんは画力に優れた漫画家ですが、「カッコいい男をてらい無くカッコよく描ける」のが特に良いところだと思っています。真刈さんの生み出した骨太なストーリーやキャラクターを見事に漫画にしています。
 真刈さんは大阪在住でDOUBLE-Sさんはソウル在住です。東京と大阪とソウルとでメールを駆使して打ち合わせをして、17世紀のヨーロッパを舞台にした漫画を生み出しているのは、なんだかとても現代的で刺激的だと感じています。

 

1 2
ページ上部へ