今まで見たことがない不二子の魅力が満載『LUPIN THE IIIRD 峰不二子・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 今まで見たことがない不二子の魅力が満載『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』完成披露舞台挨拶レポート

今まで見たことがない不二子の魅力が満載『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』完成披露舞台挨拶レポート

ライター:ハイパーホビー編集部/村北恵子
2019年4月26日更新

 『RED LINE』の小池健監督、「ルパン三世PART4」のシリーズ構成・脚本や『仮面ライダーエグゼイド』の脚本を手掛けた高橋悠也脚本による『LUPIN THE IIIRD』シリーズ第3弾は、『次元の墓標』(2014年)『血煙の石川五ェ門』(2017年)に続き、『峰不二子の嘘』が5月31日(金)より新宿バルト9ほかにて限定劇場公開されます。

 

ティザービジュアル

 

 公開に先駆け、4月24日に新宿バルト9で『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』完成披露舞台挨拶が行われ、上映後満席の会場に、ルパン三世を演じている栗田貫一さん、不二子の敵となるビンカム役の宮野真守さん、小池健監督、浄園祐プロデューサーが登壇すると歓声が沸きました。

 

「峰不二子の嘘」オフィシャル写真㈰ ▲左から、宮野真守さん、栗田貫一さん、小池健監督、浄園祐プロデューサー

 

 『LUPIN THE IIIRD』シリーズは原作の『ルパン三世』を色濃く反映していることもあり、先日亡くなられた原作者であるモンキー・パンチ先生との思い出を聞かれると、お付き合いの長かった栗田貫一さんが、最後に先生とお会いしたのが1年半ぐらい前で、先生の出身地である北海道厚岸郡浜中町でのイベントでご一緒した際にお酒を交わしたのが最後だったと話し、また以前ルパン三世の声を演じられていた山田康雄さんからバトンタッチした頃、先生がアフレコ現場に来るといつもガラス越しにニコッと笑って「お疲れさん」って言ってくれたこと、何回か栗田さんが「こんな風にしか出来ないんですけども…」と言うと、先生が「とんでもない。本当にありがとうねぇ」と言葉をかけてくれたことを今でも覚えていると話してくれました。

 小池監督も最後にお会いしたのが2015年の「東京アニメアワード」で、モンキー・パンチ先生が功労賞を受賞されたとき。ちょうど『次元の墓標』の上映もあってシリーズをすごく応援していますという温かい言葉をもらったこと、モンキー先生が側に居ると幸せな気持ちになり「温かく包んでくれるようなイメージを持ってます」と話してくれました。

 

0712-MP先生 ▲モンキー・パンチ先生

 

 そして今回、残念ながら登壇できなかった主役の峰不二子を演じた沢城みゆきさんとのエピソードを聞かれると、栗田さんが「シナリオを拝見したときから彼女の世界が、沢城みゆきという人の世界が、ぐっと不二子に寄っていった感じがしましたね。とても深い話だと思いました」と沢城さんの峰不二子を絶賛。

 もともとどんな構想があったのか尋ねられると小池監督が、「このシリーズを始める前に『LUPIN the Third -峰不二子という女-』というTVシリーズがありまして、それは山本(沙代)監督がすごく挑戦的で魅力的な作品に仕上がってるんですけど、僕自身も、不二子をフューチャーした作品をぜひ作ってみたいという強い思いがありました。その想いを浄園プロデューサーとシナリオチームに話したのが一番始めで」と言うと、浄園プロデューサーも「とっかかりはそうですね。真ん中…真ん中って言ったらあれですけど、3本目にして不二子を持ってくるというのは、ホップステップジャンプじゃないですけど、『LUPIN THE IIIRD』シリーズで、次元、五ェ門と来て…ちょっと五ェ門で重たいところへ来たので…」と話していると、栗田さんが「…その後、続く話はないんですか? やまちゃん(銭形幸一役の山寺宏一)と話してるんです。今回やまちゃんも出てないですけど」、それを受けて浄園プロデューサーが「そうですよね(笑)。もちろんやっていきたいんですけど。まずは第3弾として不二子ちゃんでやりたいなと。そういった意味で不二子は、今までだと次元を倒す強い敵にヤエル奥崎がいたり、わりと銃に対して銃とか、刀に対して斧とかわかりやすい肉弾戦があったんですが、不二子でやるとどうだろうと。単純な戦いは非常に見せづらいし、女性キャラクターということころで新たな挑戦が小池さん的にもあったと思います。もちろんシナリオでもあったと思います。美しく見える方法って落としどころとしてどうだろう。ルパンたちも美学がありますけど、不二子の美学にどう迫るかという点ですね」と不二子の敵を作るのに苦心した話を披露。

 

subsub_LPF_zenpen__0012 ▲ビンカム

 

 またシリーズ初参戦となる宮野さんに感想を伺うと、「子どもの頃から知っていた作品なので憧れでした。また僕の身近な声優仲間の、沢城(みゆき)さんとか、浪川(大輔/五ェ門役)、とか(笑)」と浪川さんをいじると、栗田さんが「浪川の方が下(笑)?」「いえ、先輩ですけども(笑)。浪川、さん、ですとか(笑)、山寺さんとか。楽しそうだったし、チャレンジしてたし、すごいエネルギーに満ちあふれてた姿を見ていて、僕もいつか参加できたらなぁという想いを抱いていたら、こういう形でゲストキャラで呼んでいただけて非常にうれしかったです」と。さらに監督から「このシリーズではビンカムはイケメンのほうです」という説明を受けた事を話すと、「そうですよ。今までおじさんしか出てこなかったんで(笑)」と小池監督。栗田さんは最初のアフレコの時、宮野さんが「見事に最初のフレーズからビンカムだったんですよね。息から」と絶賛。宮野さんをイメージして描いたのかと思ったほどだったとか。宮野さんも、ビンカムには精神的に幼い部分があるから、その心の流れを楽しみながら思いっきり演じさせてもらったと話してくれました。

 

 アフレコ現場での雰囲気を聞かれると、初参加の宮野さんが「僕、ドキドキしながら入ったんですけど、栗田さんが優しく迎え入れてくれて。始めからルパンチームが家族の雰囲気があったので、そこに迎え入れてもらえたなっていう感じがありました」とすんなり入れたことを話すと、栗田さんかすかさず「でもね、残念ながら、やまちゃんも浪川くんも今回入ってないんでね」と言うと、宮野さんが「そうなんですよね、それは残念だったんですけど、栗田さんとお昼ご飯を一緒に食べさせてもらったり、収録現場の中でもちょっとしたところで栗田さんが現場を和ませてくれるシーンが(笑)」と言うと、小池監督が「金曜ロードショー版ルパンとか(笑)、演じわけを」と話し、「ルパンのパターン違いで、金曜ロードショー版でやってください、みたいな(笑)」と宮野さん。「ああ〜ありましたね」と栗田さん。浄園プロデューサーが、劇中ちょっとここは軽い方でやった方がいいかなというシーンがあったとき、栗田さんが金曜ロードショー版ルパンをやってみたりすることがあると説明。栗田さんも「どっちかっていうとこの『LUPIN THE ⅢRD』はディープな感じなんで深海の方で泳いでる。金曜ロードショー的には水面をバーッと泳いでる、トビウオ的なルパンの方が良いのかな、とかね」、「それを見せていただいて、すごい楽しかったです」とうれしそうに話す宮野さん。楽しい現場での様子が窺えました。

 

★main_LPF_kouhen_0318.mov_0000

 

 それぞれが思う不二子の魅力を聞かれると、宮野さんが「…エロいなぁっていう」栗田さんも「エロいよなぁ。おっぱい出てるし」と不二子の美貌を挙げ会場を沸かした後、小池監督が「謎だらけの女っていうところが魅力かなと思ってます。皆さんが思ってる、知能の高さですとか、美貌ですとか、フィジカルの高さっていうものをきっちりフィルムの中に落とし込んだ上で、今回の作品とはまた違う付加価値が生まれたらいいかなぁみたいなところでカット割りに挑戦しました」と制作秘話を披露。浄園プロデューサーも「『LUPIN THE IIIRD』シリーズは、キャラクター1体1体をフィーチャーしてるので、そのキャラクターの深みというか、その中にこういうものがあるんだよっていう幅を見せたいっていうのがあるんですね。だから今回、沢城さんも不二子を引き継いでから、ここまで感情をむき出しにしたことが無かった。子どもに対してあそこまで感情を出すっていうのは今まで求められてなかったんです。ですから見たことない不二子が詰まってると思います」と本作の不二子の魅力を語ってくれました。

 

sub4_LPF_kouhen_0318.mov_0026

 

 最後、皆さんから一言ということで浄園プロデューサーから

「今日は大勢の皆さん、本当にありがとうございました。ルパン三世の中でもですね、モンキー・パンチ先生のスピリッツというものを色濃く出していける人、それは僕は、現段階では小池監督、そしてこの『LUPIN THE IIIRD』シリーズに携わってくれているスタッフの皆さんだと思っています。なので、まだまだ続けていきたいですし、まずは5月31日から30館、上映ありますので、皆さん、引き続き応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」

 

次に宮野さんから

「今日は本当にありがとうございました。皆さんに観に来ていただけるこの瞬間がホントにうれしく思います。僕自身がルパンシリーズに携われたのが本当に光栄で、本当にうれしく幸せに思っています。その想いも作品に注ぎ込みましたし、今回この『不二子の嘘』が不二子の精神性にかなり迫った作品になっているなぁと僕は感じました。先ほどの話しではエロいなぁと言ったんですけど、その印象で見ていた不二子の奥深くを知ることが出来るというか、子どもに対する愛情だったりとか、でもそれすらも本当なのか嘘なのか、それをハッキリとは見せない不二子の姿に色々皆さんも感じて欲しいなという風に思いますし、新たなルパンシリーズの打ち出し方が出来たんじゃないかなと思いますし、僕もそこに参加できて非常にうれしく思います。沢山の人に観ていただきたいです。よろしくお願いします。今日はありがとうございました」

 

栗田さんから

「まずはご覧になっていただき、ありがとうございました。どんな感想を皆さんお持ちになったか、お一人お一人に伺いたいところではございますが、それを聞いても、変えることは出来ませんので。『ああ、そうなんですか』としか言いようがございませんけれども」と言って場内を沸かした後、「でも今回は本当に、みゆきちゃんがどっぷりと峰不二子の世界に入っていった感じが、リアルに僕も感じておりました。『次元の墓標』、そして『血煙の石川五ェ門』、『峰不二子の嘘』と、一軒ずつ家が建ってる気がするんですね。あとは、やまちゃんの銭形と、僕のルパンを何とかモデルルームでも良いですから、並べて建てていただきたいなぁなんてことを考えながら、果たして、そのう……ルパンのナントカっていうね、ものになったとき、ルパンが何になるのか、追々今から楽しみではありますけど。それを言ってもね、『次元の墓標』のときに『ルパンもあるんですか?』って言ったら『いや、それ無いと思います』って」

(それに対して必死で言ってないとジェスチャーで手を振る小池監督!)

「ガックリと倒れた覚えがありますけど。まぁでもね、ぜひぜひこの作品が全国に広まっていって頂きたいと思います。そしてルパンが愛してる峰不二子がどんどん艶っぽく描かれて、そして成長して行ければと思います。また私もモンキーさんに預けていただいた『ルパン』という作品を、一生懸命これからも何とか頑張っていきたいと思っております。これからも、よろしくお願い致します」

 

最後、小池監督から

「モンキー先生が、素敵なコンテンツを、魅力あるキャラクターを残してくれました。このシリーズで続編を続けさせていただけるのであれば、ぜひ制作に励んでいきたいなと思ってます。もちろんルパンも、(栗田さんが監督をじっと見つめ…)やり…やれるかな(笑)、やりますよ!」と言い切ると、会場内から大拍手!

栗田さんも「ありがとうございます」と言うと、続けて小池監督が「皆さん、応援よろしくお願いします!」と客席のファンにお願いし、イベントが終了しました。

 

 ここへ来てようやく『LUPIN THE IIIRD』シリーズの全貌がほんの少し垣間見え、キャスト&スタッフの想いも明かされました。モンキー・パンチ原作、小池健監督・演出、高橋悠也脚本、石井克人クリエイティブ・アドバイザー、ジェイムズ下地の音楽による『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』、ぜひ劇場でご堪能下さいませ。

 

キービジュアル

 

■『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』

5月31日(金)より新宿バルト9ほか限定劇場公開


共同配給:ティ・ジョイ、トムス・エンタテインメント

 

原作:モンキー・パンチ

監督・演出・キャラクターデザイン:小池健

脚本:高橋悠也/音楽:ジェイムス下地/クリエイティブ・アドバイザー:石井克人

【声の出演】

栗田貫一、小林清志、沢城みゆき、宮野真守

【製作・著作】トムス・エンタテインメント

【アニメーション制作】テレコム・アニメーションフィルム

ページ上部へ