舞台「俺たち賞金稼ぎ団」DVD発売記念イベント「大反省会」レポート!!|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 舞台「俺たち賞金稼ぎ団」DVD発売記念イベント「大反省会」レポート!!

舞台「俺たち賞金稼ぎ団」DVD発売記念イベント「大反省会」レポート!!

ライター:キャラクターランド編集部:村北恵子
2016年4月18日更新

 スーパーヒーロータイムのキャスト陣たちが贈る、舞台「俺たち賞金稼ぎ団」が2015年の12月に行われ、その公演を収録したDVDが2016年3月23日に発売されました。そこで本作品のDVD購入者を対象としたDVD発売記念イベントが、4月10日有楽町朝日ホールにて開催。その名も……「大反省会」!! この日2回目となる「大反省会」の模様をちょっとだけご紹介します!

<登壇キャスト>
(右上メイン写真より)左から、丸山敦史(金原寿朗 役)、森高愛(桃瀬仁依菜 役)、馬場良馬(水野智 役)、斉藤秀翼(黒田賢 役)、清水一希(勇助・M・グリーン)、金城大和(青木純蔵 役)、細貝圭(BRAIN 役)


 幕が開くと、東映の大森プロデューサーが怒った表情で座っていて、司会の麿さんがそのワケを尋ねると、「2回目なんですけど、みんな猫を被ってたみたいで。この間に、たくさんのタレコミがあったので、暴いてやろうと思います」とビシッと言うも、そんな状況を知ってか知らずかキャスト陣がテーマ曲に乗って賑やかに登場!

 斉藤秀翼さん「皆さん、こんにちわーー! 黒田賢役をやらせていただきました斉藤秀翼です! 今日は何を怒られるのか、僕ら全然分かりません! 楽しくやりたいと思います。よろしくお願いします!」
 馬場良馬さん「皆さん、こんにちわーー! もっと元気に行きましょう! 皆さん、こんにちわーー! ありがとうございますありがとうございます。東映作品に帰って来た気がします。水野智をやらせていただきました、馬場良馬です!」
 清水一希さん「皆さん、こんにちわーー! 私たちは反省しに来たんではありません。皆さんと、楽しい時間を過ごすためにここにやって参りました。よろしくお願いします!」
 森高愛さん「は~~い、こんにちは、森高愛です。よろしくお願いします」
 金城大和さん「皆さん、こんにちわーー! 本当にこんなにたくさんの青木順蔵コール、本当にありがとうございます。染み渡っております。練習しましょう! 順ちゃん、順ちゃん、順ちゃん、順ちゃん、ありがとーー!!」
 丸山敦史さん「俺たち賞金稼ぎ団、劇団、バズーカ! 本日は足をお運び頂き、賞金稼ぎ団の劇団入団員の劇団志願者ということで、後で面接を行いたいと思いますので、しっかりと今日は、皆さんの声が…今日のこれを盛り上げる声が! 声が! 声が!……」
 「怖いよ~~!」と馬場さん。
 それを受けて、細貝圭さん「(かなり大きな声で)こんにちはーー!! 聞こえない! もっとーー!! こんにちはーー!! 楽しみましょう、よろしくお願いしますね」

 一通り挨拶が終わると、大森プロデューサーから「大反省会」のルール説明が行われ、反省すべき当事者は有罪か無罪かをキャスト陣やお客さんに判定してもらい、有罪になると罰として「モノボケ」をやらなければならないという事に。

 まず最初は、司会の麿さんから「『稽古中、手抜き疑惑』、桃瀬役のN高愛さんからのタレコミです。水野役の馬場さんが稽古中、いつも元気に話しまくっていたんです。でも、なぜ? 稽古が始まると急に眠そうな……反省して欲しいです」という内容が発表されると、「結構仲良くやってたのに~~!」と言って初っぱなからの身内のタレコミに驚く馬場さん。それに対して清水さんが「ガチなダメ出しじゃん(笑)」と突っ込み、その後、本当にそうだったのかどうか検証していると、森高さんが思わず小さい声で「あんま覚えてないなぁ~」と呟いてしまい、それを聞いた馬場さんが驚いて「この人あんま覚えてないって!」と訴えるも、結局、たれ込んだ本人があまり覚えてないまま有罪に。さらに罰ゲームが「モノボケ」ではなく、N高さんからの要望で既にタレコミカードに指定されていた、劇中の歌を歌ってもらうという罰ゲームをすることになり、嫌がる馬場さん。そんな中、清水さんが自然に歌えるようにいい振りをしてくれるも、馬場さんが外してしまい会場内が大爆笑! 気を取り直して、馬場さん、森高さん、清水さんが歌い、さらに馬場さんが、斉藤さん、金城さん、丸山さん、細貝さんにもマイクを向けて、結局みんなで歌う事に。ラストはまたまた清水さんからいい振りが来て、今度は外さずに馬場さん「シャットダウン、完了!」と言ってすばらしい罰ゲームの締め括りをしました。

 その後も、スタッフ・キャスト陣からさまざまなタレコミが発表され、その都度、7名のキャスト陣による全力のいい訳(?)と「モノボケ」、さらにすばらしいチームプレイが披露され、会場内は大爆笑&大拍手の嵐でした!!

 最後はキャスト陣が一人一人、お客様に御礼と挨拶をし終えると、斉藤さんがお客さんたちに向かって「俺たち!!」と呼びかけ、「劇団バズーカ!!」と客席から大きな声が響き渡り、「大反省会」の幕が下りました。

ページ上部へ