8/6公開の劇場版『仮面ライダーゴースト』&『動物戦隊ジュウオウジャー』製作発表・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 8/6公開の劇場版『仮面ライダーゴースト』&『動物戦隊ジュウオウジャー』製作発表会見にヒーローたちが集結!2016年も熱い夏になること間違いなし!!

8/6公開の劇場版『仮面ライダーゴースト』&『動物戦隊ジュウオウジャー』製作発表会見にヒーローたちが集結!2016年も熱い夏になること間違いなし!!

ライター:キャラクターランド編集部/村北恵子
2016年6月13日更新

 8月6日(土)全国公開される『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』の製作発表会見が、6月8日(水)東京国際フォーラムにて行われました。

 今回は2部構成になっていて、まず第1部では『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』からジュウオウジャーたちによるお披露目ショーが行われ、そのあと、中尾暢樹さん(ジュウオウイーグル/風切大和役)、柳美稀さん(ジュウオウシャーク/セラ役)、南羽翔平さん(ジュウオウライオン/レオ役)、渡邉剣さん(ジュウオウエレファインと/タスク役)、立石晴香さん(ジュウオウタイガー/アム役)、柴崎貴行監督が登場。さらに劇場版ゲストが発表され、お笑い芸人の平成ノブシコブシ・吉村崇さん(宇宙サーカス団の団長・ドミトル役)が登壇し、座る瞬間に転ぶ吉村さん! 一気に場が和む一幕も。
 第2部は、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』から仮面ライダーゴーストたちによるお披露目ショーが行われ、そのあと、西銘駿さん(仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役)、大沢ひかるさん(月村アカリ役)、山本涼介さん(仮面ライダースペクター/深見マコト役)、磯村勇斗さん(仮面ライダーネクロム/アラン役)、柳喬之さん(御成役)、諸田敏監督が登場。さらに劇場版ゲストが発表され、沢村一樹さん(仮面ライダーゼロスペクター/深見大悟役)、木村了さん(仮面ライダーダークゴースト/アルゴス役)が登壇。
 どちらもキャスト陣、監督による、本作への意気込みと楽しいトークが繰り広げられました。その模様をお届けします!

 

 

★『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』製作発表会見

2D2_0202

 

ーーお一人ずつご挨拶をお願いします。
中尾:本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。ジュウオウイーグル・風切大和役の中尾暢樹です。今日は『劇場版ジュウオウジャー』の魅力をたっぷり伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。
柳:本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。ジュウオウシャーク・セラ役の柳美稀です。映画が初めてということなので、大変、あのう……何ですかね、ごめんないさい。
吉村:どうしたどうした!?
中尾・南羽:なんだんだ(笑)
柳:頑張って撮影しましたので、楽しんでいいところを伝えられたらなと思います。本日はどうぞよろしくお願いします。
南羽:ジュウオウライオン・レオ役の南羽翔平です。本日はお忙しい中、ありがとうございます。今回の劇場版、僕たちにとって、最初の、一つ大きな試みというか、挑戦になったと思います。みんな、ね? 頑張って…
中尾:頑張った。
南羽:頑張ったので、テレビドラマと映画とこうして頑張ったので、ぜひ、今日は短い間なんですが、魅力をたっぷりみなさんに伝えていけたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします。
渡邉:おはようございます。ジュウオウエレファント・タスク役の渡邉剣です。本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。僕たち初めての劇場版ということで、スクリーンに映るということで、細かいところまでしっかりお芝居させていただきました。本日は魅力を、たくさん伝えられたらいいなと思っております。よろしくお願いします。
立石:おはようございます。ジュウオウタイガー・アム役を務めます、立石晴香と申します。本日はお忙しい中、お集まりいただいてありがとうございます。ドラマの撮影から半年ほどが経ちまして、こうして無事、劇場版を迎えることが出来て、とてもうれしく思っております。本日は最後まで、よろしくお願いします。
吉村:どうも、俳優の吉村でございます。なんかあれですね、皆さんマジメな挨拶でちょっと硬くなってるなぁというのはありますけど、どうか笑っていただければ皆さん幸いだと思いますんで。私もこの記念すべきね、回数のゲストということでもう楽しみにしましたし、そして、幸せな時間を過ごせたので、ぜひぜひ作品を観て、その幸せがね伝わればなぁと思いますんで、一つ、よろしくお願いします。
柴崎:監督の柴崎です。今年もですね、もちろん親子で楽しめる作品に仕上がっておりますので、たくさんの方に、劇場に足を運んでいただけるとうれしいと思います。よろしくお願いします。

 

ーーさぁ、今日は製作発表会見ということで、なんか皆様自信がドキドキしてますね。
キャスト陣:はい。
吉村:ドキドキパニックでございました(笑)。
中尾:パニックでございます(笑)。


ーーでもパニックになったとき、チームワークだったり監督だったり、そして何より吉村さんがいらっしゃるから。
吉村:そうですね、チームワークはもう抜群でございますから。ただ、私がオープニングでこの椅子から落ちて、バーッとこっちの角度を見たら、専務だけ一つも笑ってないのが見えて驚いております。
(会場爆笑)
吉村:これは今後の芸能人生に響くな~という。そのような感覚はありますね。


ーーびっくりされてそのままだったのかもしれませんけども(笑)。ジュウオウジャーの皆さんは初の単独映画になりますが、テレビシリーズとの違いやアピールポイントなど教えて下さい。
中尾:ほんとに千人ものエキストラさんを集めてこうやってっていうのは映画ならではで、映画だからできることがたくさんあって。それこそ僕が監督に、アクションで生身でいろいろやらされたり(笑)。
吉村:結構、監督攻めましたよね? 今回。
中尾:(笑)
柴崎:そうですね、吉村さんにもいろいろ危険なこともやっていただいて。
吉村;とんでもない高いところに乗せられて。
中尾:そうですね、リハなしで(笑)。
吉村:リハなしでね。
中尾:はい。そういう結構いろんな事にも挑戦しているので、ちょっといま詳しくは言えないですけど、あっ、こういう事なんだなって。映画を観ていただけたらなと思っています。


ーー柳さんはいかがですか。
柳:そうですね、やっぱり、エンディングダンス。さっきも言ってたんですけど、千人の方が来て下さって、映画の大スクリーンでいつもと違うダンスだったり、あのう…何ですかね、ダンスですね…
キャスト陣:ダンスだね。
吉村:めちゃくちゃ緊張してるじゃん!
柳:ごめんなさい(笑)、ごめんなさい!
吉村:いやさっきね、袖で結構こう余裕もって曲に合わせて踊ってたりするから、「あ、すごい、慣れてるんだな」って思ってたのに、いざ出たら、ガッチガチでしゃべれないから(笑)。
柳:ごめんなさい、最少年ということで…最年少だ(笑)。
中尾:いろいろ違うね(笑)。
吉村:むちゃくちゃでございます(笑)。
柳:ごめんなさい、でも、そういうところが見所なんじゃないかなぁっていう風に思います。
吉村:ダンスですね。
柳:はい、ダンスです!
南羽:大勢でね、踊って。


ーー南羽さんは?
南羽:そうですね、でもやはり今回、題名にもあります、サーカスということで、何か僕たちも競技だったりとか、サーカス団だと玉投げたりとか、ジャグリングとか何かするのかな~と思ってたら(笑)、最初台本見たときに、いきなり「レオ、一輪車に乗って出来るだけアクロバティックに乗りこなす」って書いてあって(笑)。アクロバティックに、これできるのかな~っと思って。すぐ監督にこれはどのくらいまで乗りこなせなくちゃダメなのかっていうことを聞いて。一輪車を用意してもらって、練習したんですけど…
中尾:ムズイんだよ、あれ(笑)。
南羽:難しい! 難しかったねぇ、跨ぐのがやっとっていう状況で。でもどこまでできるかなぁっていうことなんですけど、監督、どうでしたか、僕。頑張ったんですけど…
柴崎:自分ではどうでしたか、自分では?
南羽:あのう、4漕ぎぐらいはできるようになったんで。
(会場爆笑)
柴崎:映像的にはうまく繋がったから、大丈夫。
南羽:自分的には頑張ったと事なんですけども。


ーー渡邉さんはどうですか?
渡邉:サーカスっていうことで、さっきも言ってたんですけど、僕たちの変身後もなんか、いつもとは違う、アクロバティックな感じのアクションになってると思うので、そういうったところも見所の一つなのかなと思います。


ーー立石さんはいかがでしょう。
立石:先ほど、皆さんが話して下さったように、アクションですとか、サーカスっていう、たくさんの方がご協力下さって、スケールの大きいものになってるんですけど、個人的には台本いただいた時に、ドラマ版と少しやっぱり、軸が違う形で、また別の物語として、お話が進んでいるので、『ジュウオウジャー』をすでに大好きな方はもちろん、楽しんでいただけると思うんですけど、まだあまり知らないよっていう方も、とても楽しんでいただけるような作品に仕上がってるんじゃないかな~と思いますので、『ジュウオウジャー』の良さが、全部こうグッと詰まったような作品に仕上がってるんじゃないかなと思います。


ーーいろいろなアピールポイントがあるんでしょうけど公開前ということで、言いたいことがいっぱいああっても言えないウズウズ感があると思いますが、皆さんはぜひとも…
吉村:聞いてくれないんですか! 私は!
(会場爆笑)
吉村:私には聞いてくれないんですか! いろいろ用意してたんですけども。


ーーほんとですか(笑)、吉村さん。
吉村:とんでもないスカしを用意してくれましたね! どうぞどうぞ、これ以上の笑いは取れませんから、お気遣いなく(笑)。


ーー吉村さん、来て下さるかなと思って待ってたんですけど(笑)。
吉村:やかましいわ(笑)!

 

1 2 3 4
ページ上部へ