公開迫る! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 公開迫る! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見

公開迫る! 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見

ライター:キャラクターランド編集部:阿部 雄一郎
2016年1月29日更新

12月11日(金)、千葉県舞浜にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて、新たな『スター・ウォーズ』3部作の第1弾『スター・ウオーズ/フォースの覚醒』の来日記者会見が行われた。

SW001

12月11日(金)、千葉県舞浜にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて、新たな『スター・ウォーズ』3部作の第1弾『スター・ウオーズ/フォースの覚醒』の来日記者会見が行われた。登壇したのは、今作の監督を務めたJ.J.エイブラムス、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー。フォトセッションには新たなドロイド、BB-8も登場し、かわいらしい動きを見せてくれた。
『スター・ウオーズ/フォースの覚醒』は12月18日(金)18時30分 全国一斉公開。

 

SW002

J.J.エイブラムス監督

「コニチハ!」と日本語で挨拶した監督。
「『SW』はロマンあり、冒険あり、コメディあり、スペクタクルあり、アクションもある。でもその中心となっているものは、キャラクターの人間性だと思います。今回全く新しい物語となるのですが、中心となるのはデイジー演じるレイというキャラクターで、非常に大きなハートを持った女性です。彼女は自分がおかれた状況がわからないなか、初めて友達になるのが新たなドロイド、BB-8です。BB-8も本当にすばらしいパーソナリティを持っていて、様々なシーンで他の役者さんを喰ってしまうくらいすばらしい演技をしています。」とBB-8を絶賛する監督。「まだまだ謎が多い作品ですが、日本のファンに何かヒミツを教えてください?」との質問に、「今作で、“タカダノ”という名の惑星が出てくるのですが、私が初めて日本に来たときに、高田馬場のホステルに泊まったんです。その思い出を入れたくて惑星の名前にしました。」と日本人にとってうれしいエピソードを語ってくれた。

 

SW003

レイ役:デイジー・リドリー

「また、日本に来られてうれしいです!」とデイジーも日本語を披露。今年4月にも来日し、今回二度目の来日となるデイジー。
「前回は5日間の滞在でしたが、京都にも行きましたし、歌舞伎も観たり、日本食を食べたりと本当にすばらしい体験をしました。今日も原宿へショッピングに行ってきました。このあとどれくらい時間があるかわかりませんが、楽しんで帰りたいと思います」

 

SW004

フィン役:ジョン・ボイエガ

初めての来日となるジョン・ボイエガ。その印象を聞かれると
「なによりもまず人々がすばらしいと思います。本日、アキバ(秋葉原)に行ってクールなものをたくさん買いました。なぜか、普段使わないし必要のないもの、ドラムやロボットまで買ってしまったのですが、買い物ができたことが本当にハッピーでした」

 

SW005

カイロ・レン役:アダム・ドライバー

今作の悪役・カイロ・レンを演じるアダム・ドライバー。
「あたたかく迎えていただき、本当にありがとうございます。東京はすばらしい都市だと、いろんな人に聞いています。来たばかりなので、まだ街をそんなに見られていませんが、出会う人が皆さんあたたかく接していただき、感激しています」
自身が演じたカイロ・レンについて聞かれると、
「カイロ・レンは、コスチュームやマスクもキャラクター作りに大きな役割を果たしています。人は目を見てその人物がどういう人物かを計ることがあると思うのですが、カイロ・レンはマスクの奥にある目は見えません。この目が見えないということが、このキャラクターのメタフォがあるのではないかと思います。独特な形のライトセーバー自体も、彼を象徴するものだと思います。彼自身のハンドメイドという設定なので、荒削りで未知な部分が多い、謎めいた、何が起こるかわからないという要素を持った人物だということがわかります」

 

SW006


SW007


SW008


SW009


フォトセッションはBB-8も登場。かわいらしい動きで会場を湧かせた。

ページ上部へ