「AnimeJapan 2019」にて、小野大輔さん、鈴村健一さん、神谷浩史さん・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 「AnimeJapan 2019」にて、小野大輔さん、鈴村健一さん、神谷浩史さん、シリーズ構成の福井晴敏さんを迎え「愛の『宇宙戦艦ヤマト2202』アワード」を開催!

「AnimeJapan 2019」にて、小野大輔さん、鈴村健一さん、神谷浩史さん、シリーズ構成の福井晴敏さんを迎え「愛の『宇宙戦艦ヤマト2202』アワード」を開催!

ライター:ハイパーホビー編集部/村北恵子
2019年3月29日更新

 不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし2012年〜2014年にわたり劇場上映から全国ネットでTV放送もされ大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト2199』に続き、劇場版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年公開)をモチーフに新たな解釈と装いで現代に蘇らせた『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の、第一章から第七章までを振り返る「愛の『宇宙戦艦ヤマト2202』アワード」が、3/24(日)「AnomeJapan 2019」ステージイベントで行われました。

 現在、最終章となる第七章「新星篇」が3/1より上映スタートし、TVのほうも3/29(金)には最終話が放送されます。そこで『ヤマト』ファンと共に、主人公・古代進役の小野大輔さん、島大介役の鈴村健一さん、クラウス・キーマン役の神谷浩史さん、シリーズ構成を手掛けられた福井晴敏さんを迎え、事前にTwitterで募集した皆が好きなセリフが発表されました。
 まず「島大介 篇」「クラウス・キーマン篇」「古代進篇」で好きなセリフ1位から3位までを発表。その時、真ん中のセリフのみ伏せられたまま、小野さん、鈴村さん、神谷さんがセリフを予想していくという流れで進行。さらに各セリフをその場で聴かせてもらえるというファンにはたまらない結果発表でした。

 

 

■愛の『宇宙戦艦ヤマト 2202』アワード 島大介 篇

1位:素直になれよ。支えてもらうことは恥じゃないだろ?
2位:お前一人の引き金じゃない。俺も撃つ!
3位:ワープ!

 

 すると、鈴村さん「僕は1位が『ワープ!』だと思ってたんですけど。現場でもね『ワープマン』と言われ揶揄されていましたから(笑)。ちゃんとこの素敵なセリフが1位で、皆さん『ヤマト』を応援してくれてるんだなと。島を端に追いやろうとしてなくて非常にうれしいです」とコメント。
 小野さんが「シェー!」のフリップを出すと、即座に鈴村さんが「やめとけ!(笑)」のツッコミが入り大爆笑! 小野さん最後は真面目に「俺も撃つ」のフリップを出して大当たり。「これが本命。僕、大好きなセリフです」とのこと。


小野大輔

 

 神谷さんが「あしたに生きるぜライブマン!」のフリップを出すと、即座に『超獣戦隊ライブマン』のEDテーマを歌い出す神谷さんと鈴村さん。鈴村さんが「違うよ、それは。歌っていたのは嶋大輔さんだけど、その島じゃないよ(笑)」とツッコむも会場内がやや受け(?)に対して、「なんで俺がすべっちゃうんだよ(笑)」とさらに重ねる鈴村さんに場内大爆笑!

 

神谷浩史


 鈴村さんが「え? 今日ワープだけ?」というフリップを出すと、小野さんが「それ、鈴村健一(笑)」というツッコミが入り初っぱなからお三方の掛け合いがバッチリ!


鈴村健一

 

 また司会者から1位から3位までの感想を聞かれた福井さんは「順当じゃないですかね。ま、3位の『ワープ』がセリフかっていう……そこが気にしたところですが」というと、「2位のセリフは印象的でした」という小野さんと鈴村さん。すると福井さんは「そこまでしなきゃいけないのかよ」のセリフが入るかと思っていたと言うと、鈴村さんが「それが3位に入った方が良かったですよね」と言って締め、次の「クラウス・キーマン篇」へ。

 


■愛の『宇宙戦艦ヤマト 2202』アワード クラウス・キーマン篇

1位:ダメだ。これはイスカンダルに旅した者が等しく背負う十字架だ。自らの呪縛を絶たない限り、ヤマトに未来はない。

1位:他人の者を盗んで勝手に使うような奴らは、お仕置きだ
3位:乗せろ、いいから

 

 同率1位のため真ん中がまた伏せられて、予想スタート。神谷さんが「お前の母親の新しい恋人、ガミラスって本当?」というフリップを出すと、鈴村さん「ふかわりょうさんのネタみたい」とツッコミ笑いを誘う場面も。

 

 

■愛の『宇宙戦艦ヤマト 2202』アワード 古代進 篇

1位 俺はね、当たり前のことを当たり前にしたいだけなんですよ。約束は守る。助けを求められたら手を貸す。みんな当たり前のことでしょう…?
2位 土方前艦長の命令を決行する!
2位 我々はあの艦に希望を託す

 

トーク中㈰

 

 神谷さんが「テレサの裸を見た後に」と言いつつ、「俺はあそこに行かなくちゃならない!!」というフリップを出すと、小野さんも「これは確かに、合ってる」、鈴村さんも「これは真田さんも言ってた。島だけが、裸だぞ、止めとけって(笑)」と乗っかって大爆笑!
 そして正解の「土方前艦長の命令を決行する!」のセリフを見た小野さんが、「一番自分の気持ちを乗せられた。僕自身でもあったんですよね。自分の中で一番大事なセリフになりました」と言ってグッとくる場面も。

 

 その後、さらに、「好きなセリフ・アワードMSS(もっとも好きなセリフ)」の結果発表も行われ、最後にニコニコ生放送の投票(土方竜のセリフ「死んでとれる責任などないぞ。山南。生きろ!生きて恥をかけ!」48%/アルベルト・デスラーのセリフ「彼の友なら、恥をかかせるな」27%/森雪のセリフ「古代進は地球を救ったぞー!!」25%)+会場の拍手という結果をふまえ、審査委員長である福井さんにより、なぜか森雪のセリフがMMSに(笑)! お三方からツッコまれながらも、福井さんいわく「最終回を見たら圧倒的にこれのはず」という未来を予測した判定に思わず皆も納得。

 

 最後にお三方からのメッセージ。

 

福井さん「長らくいろいろお世話になりました『ヤマト2202』ですけれども、キャストの皆さんとこうやって一緒に立つのは今日が最後ということで、本当にお世話になりました。どうも、ありがとうございます。まだ舞台挨拶等は千秋楽とかで自分も劇場のほうで立たせてもらうんですけれども、こちらのほうでちょいとした発表などもございますので、ぜひ皆さん、来ていただければと思います。今日は本当にありがとうございました」

 

神谷さん「本日はお越し下さいまして、本当にありがとうございました。26ヵ月という期間をかけてアフレコさせていただいた『ヤマト』の長い旅がですね、来週TV放送も終わりまして、本当に全て終わってしまうんだなというところまでたどり着いてしまいました。40年前に劇場公開された『宇宙戦艦ヤマト』を下地にして、新しく福井さんがメスを入れて、それに僕が参加させていただけるという、本当にこんな機会に巡り会えるなんてもう2度と無いんじゃないかっていうくらいすごいありがたい機会だなと思って、26ヵ月間過ごさせていただきました。40年前の『ヤマト』をご覧になった人が一生忘れられないような作品になったように、本作もですね、皆さんの心に少しでも残り続けてくれればと、願うばかりです。まだ劇場のほう上映してるところもございますし、TVオンエア来週最終回ということなので、最後までお付き合いいただければ幸いです。本日は本当にありがとうございました」

 

鈴村さん「最後に良いことは小野くんに言ってもらうために、僕は巻きます。次回作へ、ワープ! ありがとうございました」

 

小野さん「本当に本当に、皆さん、『ヤマト』と一緒に旅をしてくれて、ありがとうございました。皆さんもヤマトのクルーです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この『ヤマト2202』は、最後は未来へ繋がって行くような、本当に希望が持てる、前向きな最後を迎えています。僕らは、ただ『ヤマト』を現代に蘇らせるということだけではなく、次の世代にと、この『ヤマト』の魂を受け継いでいくためにこの作品に参加したんだなと改めていま思っています。『ヤマト』に関わった全スタッフに、ここで感謝したいと思います。ここに来ていらっしゃる皆さん、ライブビューイングの皆さん、そして『ヤマト』を支えてくれた全ての皆さん、本当に本当に、ありがとうございました」

 

 終始笑いっぱなしのイベントでしたが、ラスト、小野さんの言葉と共に「明日への希望」が流れると、何だかその場にいた全員がヤマトクルーになったような雰囲気で、イベント が終了致しました。

 

 

 

ymt2202_poster7_fix_re


『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』第七章 新星篇 <最終章>
 2019年3月1日(金)35館にて期間限定劇場上映中

 上映劇場にて特別限定版Blu-ray 最速先行販売中!

 デジタルセル版同時配信スタート!

ページ上部へ