『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』プレミア先行上映会に光子郞役・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > ホビー&グッズ > 『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』プレミア先行上映会に光子郞役の田村睦心さんとタケル役の榎木淳弥さんが登場!

『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』プレミア先行上映会に光子郞役の田村睦心さんとタケル役の榎木淳弥さんが登場!

ライター:キャラクターランド編集部/村北恵子
2016年8月30日更新

 2016年9月24日(土)より劇場上映がスタートする、『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』のプレミア先行上映会が、8月19日(金)新宿バルト9・シアター9にて開催されました。

 メイクーモンが突如異変を起こし、レオモンを消滅させてゆがみの向こう側へ姿を消したことで、動揺を隠せない太一たち。メイクーモンが感染した原因をなんとか探ろうとする光子郞。そんな中、パタモンに感染の兆候が……。選ばれし子どもたちの冒険が今また加速するーー!

 そしていち早く『デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」』を観たファンの前に現れたのは、泉光子郞役の田村睦心さんと、高石タケル役の榎木淳弥さん!
 もちろん制服を着ての登場に司会者からそのことを振られると、榎木さんが自主的にクルッと回って見せ、田村さんも見せようとしてすごい速さでクルッと回ってしまい、榎木さんから「早くて見えないよ(笑)」と突っ込まれる場面も。

 さっそく司会者から第3章を観た率直な感想を聞かれると、田村さんが「つら〜〜い!!つら〜〜い!!辛いんですよねぇ」と言うと、榎木さんも「僕は、これ、4章どうなっちゃうんだろうって思いましたね。あとはもう、タケル的には、つら〜〜い!!もう収録中泣いてましたもん、やっぱり」と応え、田村さん「うん、泣いちゃうよね」、榎木さん「泣かないように我慢してても泣いちゃうぐらい、ほんっとに辛いシーンでしたね、はい」と収録中の様子を話してくれました。
 さらに田村さんが「本番テイクのやつは泣いてました?」と尋ねると、「あれも、泣いてました。テストでも泣きましたし、本番でも泣いてましたね」と榎木さんが言うと、田村さん「私、本番中はしゃべんなくちゃいけないからと思って、ずっと榎木くんの描いたパタモンを考えながら……ずっと涙を……」と言うと会場内が大爆笑! 榎木さん「『なんか、私泣いちゃいそうだから、榎木くんのあのパタモンって』お願いされて(笑)」、田村さん「皆さん、もしかしたら(知らない方は)ネットかなんかで検索していただければ榎木くんのパタモンが出てくると思うんですけど(笑)」、すると榎木さん「ぜひ販売していただければと思います」と返すも、即座に「できないよっ(笑)!」と田村さんに突っ込まれてました。

 さらにその時のパートナー役の方のエピソードを聴聞かれると、田村さんはテントモンの櫻井(孝宏)さんが、カブテリモンからさらに進化するときの声が、関西弁だから大事なシーンを面白くしてしまわないか気にしていたことを話し、榎木さんはパタモンの松本(美和)さんが、「第3章」関連のインタビューでも泣いててパタモンへの強い思い入れを感じたと話してくれました。

 そのほか、第3章「告白」劇上上映を記念してニコニコ生放送の特番「特番アドベンチャー」の放送が決定したことや、週替わりの入場者プレゼント情報、劇場にいらっしゃるお客様に総計10万枚デジタルモンスターカードゲームの完全新規カード「メイク—モンバージョン」を無料配布することなども告知され、大いに会場内は盛り上がりました!

ページ上部へ