〈マルドゥック・シリーズ〉10年ぶりの新作登場! 冲方丁『マルドゥック・アノニマ・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > ホビー&グッズ > 〈マルドゥック・シリーズ〉10年ぶりの新作登場! 冲方丁『マルドゥック・アノニマス1』3月24日刊行

〈マルドゥック・シリーズ〉10年ぶりの新作登場! 冲方丁『マルドゥック・アノニマス1』3月24日刊行

ライター:キャラクターランド編集部櫻井靖之
2016年3月15日更新

 累計発行部数70万部を超す〈マルドゥック・シリーズ〉の最新作『マルドゥック・アノニマス1』が、早川書房より2016年3月24日に刊行される。

 2003年、史上最年少で日本SF大賞受賞を果たした『マルドゥック・スクランブル』のシリーズ完全新作。『マルドゥック・スクランブル』は2010年に劇場アニメ化され、SFというジャンルを超え、広く注目される作品となった。その10年ぶりの新作となる。

■『マルドゥック・アノニマス1』書誌情報
・作品名:『マルドゥック・アノニマス1』
・著者:冲方 丁
・刊行予定日:2016/3/24
・本体価格:740円+税
・出版:ハヤカワ文庫JA

■『マルドゥック・アノニマス1』あらすじ
『マルドゥック・スクランブル』から2年自らの人生を取り戻したバロットは勉学の道に進み、ウフコックは新たなパートナーのロックらと事件解決の日々を送っていた。そんなイースターズ・オフィスに、馴染みの弁護士サムから企業の内部告発者ケネス・C・Oの保護依頼が持ち込まれた。調査に向かったウフコックとロックは都市の新勢力〈クインテット〉と遭遇する。それは悪徳と死者をめぐる最後の遍歴の始まりだった。

■著者紹介
冲方 丁(うぶかた・とう)1977年岐阜県生まれ。1996年『黒い季節』でスニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞受賞。主な作品に『マルドゥック・ヴェロシティ』『微睡みのセフィロト』(ともにハヤカワ文庫JA)など。マンガ原作やアニメ脚本も手がけ、ジャンルを越境して活躍。2010年、初めての時代小説『天地明察』で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞を受賞。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞。

■マルドゥック・スクランブルとは
賭博師シェルの計画により死の淵を漂った少女娼婦バロットは、委任事件担当官にして万能兵器のネズミ、ウフコックの助力で再生。自らの存在証明のため事件を追う。

■既刊情報
〈マルドゥック・スクランブル〉シリーズ既刊
『マルドゥック・スクランブル〔完全版〕 The 1st 圧縮』
刊行日:2010/10/08/本体価格:700円+税/ハヤカワ文庫JA
『マルドゥック・スクランブル〔完全版〕 The 2nd 燃焼』
刊行日:2010/10/08/本体価格:700円+税/ハヤカワ文庫JA
『マルドゥック・スクランブル〔完全版〕 The 3rd 排気』
刊行日:2010/10/08/価格:700円+税/ハヤカワ文庫JA
マルドゥック・スクランブルの前日譚〈マルドゥック・ヴェロシティ〉シリーズ既刊
『マルドゥック・ヴェロシティ〔新装版〕 1』
刊行日:2012/08/24/価格:720円+税/ハヤカワ文庫JA
『マルドゥック・ヴェロシティ〔新装版〕 2』
刊行日:2012/08/24/価格:720円+税/ハヤカワ文庫JA
『マルドゥック・ヴェロシティ〔新装版〕 3』
刊行日:2012/08/24/価格:720円+税/ハヤカワ文庫JA
〈マルドゥック・シリーズ〉初の短篇集
『マルドゥック・フラグメンツ』 刊行日:2011/05/10/価格:700円+税/ハヤカワ文庫JA

ページ上部へ