『ULTRAMAN』本編映像が解禁! 変身シーンや異星人との初バトルが堂々公開!|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 『ULTRAMAN』本編映像が解禁! 変身シーンや異星人との初バトルが堂々公開!

『ULTRAMAN』本編映像が解禁! 変身シーンや異星人との初バトルが堂々公開!

ライター:編集部/小田サトシ
2019年3月19日更新

Netflixで4月1日(月)より全世界独占配信されるNetflixオリジナルアニメシリーズ『ULTRAMAN』。その配信開始に先駆け、本編映像より主人公の変身や異星人とのバトルなど見どころとなるシーンをセレクトした映像が解禁された!

円谷プロダクションが製作してきた、言わずと知れた世界に誇るヒーロー『ウルトラマン』シリーズのスピンアウト作品として、2011年に「月刊ヒーローズ」で連載開始したコミック『ULTRAMAN』は、ウルトラマンが地球を去ったそのあとの世界を舞台に、鋼鉄の強化スーツを身にまとって戦う“等身大のヒーロー”像を新たに造り出し、大ヒット作品となった。

 

今回のアニメ化を手掛けるのは、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズの神山健治監督と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志監督。アクターの演技をキャラクターに反映するモーションキャプチャー技術を導入した演出は、細やかな人間の感情表現からダイナミックなアクションシーンまで、これまでの作品では考えられなかった魅力的な表現を実現! 2大監督による新たな『ULTRAMAN』の活躍に注目だ!

 

【最終】ULTRAMAN#02Cut軽

 

本日解禁となった本編映像は、主人公・進次郎がかつてのヒーローの様に、空に向かって右手を突き上げる、誰もが一度は真似したことのある親しみ深いポーズからスタート。空から降り注いだ光が進次郎の全身を包み込み、ULTRAMAN SUITが装着されていく。その近未来的で研ぎ澄まされた姿と、父・早田進が変身したウルトラマンを彷彿とさせる佇まいは、新しいULTRAMANの誕生を揺るぎないものとして感じさせる。

謎の異星人“ベムラー”と対峙し、ULTRAMANとして初の戦いに挑む進次郎。モーションキャプチャーを基に3DCGで表現されたスピード感のあるアクションは目が釘付けになること間違いなし!

 

★本編映像

 

 


 

ストーリー

かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。

早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。

そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。

そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。

進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発された、ウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。

「単刀直入に言おう——キミにウルトラマンになってもらいたい」

 

作品概要

【配信】

4月1日(月)より全世界独占配信

【キャスト】

早田進次郎:木村良平/諸星弾:江口拓也/北斗星司:潘めぐみ/早田進:田中秀幸

佐山レナ:諸星すみれ/井手光弘:魚建/エド:牛山茂/ジャック:竹内良太/遠藤庸介:花輪英司

倉田:関戸博一/白石:白石稔/アダド:津田健次郎/ベムラー:曽世海司

【スタッフ】

原作:円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(「月刊ヒーローズ」連載)/監督:神山健治×荒牧伸志

音楽:戸田信子×陣内一真/アニメーション制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS

主題歌:OLDCODEX「Sight Over The Battle」

ページ上部へ