高橋悠也と東映による新シアタープロジェクト「SLAMG」が6月開幕!|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 高橋悠也と東映による新シアタープロジェクト「SLAMG」が6月開幕!

高橋悠也と東映による新シアタープロジェクト「SLAMG」が6月開幕!

ライター:ハイパーホビー編集部/村北恵子
2019年5月18日更新

『仮面ライダーエグゼイド』のメインシナリオライターであり、他にもアニメ・特撮・ドラマと数多くの脚本を手掛け、また劇団UNIBIRDを主宰しその舞台作品全ての脚本・演出を担当している高橋悠也が作・演出をし、仮面ライダーシリーズを手掛ける東映が企画・プロデュースするという新しいシアタープロジェクト「TXT(テキスト)」が始動!
その第一弾企画として完全オリジナルの新作演劇作品「SLUNG(スラング)」が、2019年6月20日(木)〜30日(日)の期間、よみうり大手町ホールにて上演される。

そう遠くない現代、誰もが個人チャンネルを持ち、睡眠時に見る夢を世界中に配信できる世界。そこでは日夜、ユーザーに様々なジャンルの夢を公開する『夢人(ユメジン)』たちがいた。睡眠時間すらも有効活用される世の中で人々は好きな夢人を登録し、同じ夢を共有し、夜の快楽を求める。夢の中で繰り広げられる物語は、本当にただの作り話なのか、それとも現実? 現実と虚構、異なる物語が交錯し、思いがけない真実の世界へと繋がっていくーーー。

 

今回、本作の世界観を描いたキービジュアルと、有澤樟太郎、井上小百合(乃木坂46)、和田琢磨、北村諒、赤澤燈、岩永徹也、谷口賢志ら出演者の各キービジュアルも公開!!

ちなみに、新プロジェクト名の「TXT(テキスト)」とは、高橋悠也の (T) と “東映の (T) ”が掛け合わさった (×) 「言葉を生業にする 者の作品」の意味とのこと。

『仮面ライダーエグゼイド』のメインシナリオライターとして参加しファンを魅了した高橋悠也と、 仮面ライダーシリーズを手掛けている東映がタッグを組んだことで、どんなキャラクターたちが登場しどんな展開で物語を紡いでいくのか、ぜひその瞬間をお見逃しなきように!!

 

 

SLANG_KV-1mini


■開催概要

【タイトル】
 高橋悠也×東映 シアタープロジェクト
 TXTvol.1 「SLANG」
【作・演出】
 高橋悠也
【出演】
 有澤樟太郎 井上小百合 (乃木坂46) 和田琢磨 /
 北村諒 赤澤燈 岩永徹也 谷口賢志

 黒川一樹 勝亦利恵 的場祐太
【会場】
 よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
【日程】
 2019年6月20日(木)~30日(日) 17st
     6月20日(木) 19時
     6月21日(金) 19時
     6月22日(土) 13時/17時半
     6月23日(日) 13時/17時半
     6月24日(月) 休演日
     6月25日(火) 14時半(追)/19時
     6月26日(水) 14時半/19時
     6月27日(木) 19時
     6月28日(金) 14時半/19時
     6月29日(土) 13時/17時半
     6月30日(日) 12時/16時
     (追)=追加公演
 ※受付開始及び当日券販売は開演1時間前より。開場は開演30分前
【チケット】
 <全席指定>
 前売・当日:7,800円(税込)  ※未就学児入場不可
【チケット発売】
 e+(イープラス) https://eplus.jp/txt-theater-slang/
 ローソンチケット https://l-tike.com/txt-slang/ (Lコード:31828)
 チケットぴあ https://w.pia.jp/t/txt-theater/ (Pコード:494-366)
【チケット一般発売日】
 2019年5月19日(日)10:00〜

制作 プラグマックス&エンタテインメント・東映
制作協力 QueenB
企画・プロデュース 東映

■スタッフ
 作・演出:高橋悠也

 音楽:坂部剛

 技術監督:寅川英司
 舞台監督:坂野早織(TRP)
 舞台美術:秋山光洋(n10 design)
 照明:斎藤真一郎
 音響:天野高志(RESON)
 映像:横山翼(オーベロン)
 衣裳:ヨシダミホ
 ヘアメイク:林 美由紀
 演出助手:丹治泰人(SPM)

 宣伝美術:羽尾万里子(Mujina:art)
 宣伝写真:金山フヒト・渡部俊介
 Web:田中ユウコ

 ヘアメイク協力:TV&MOVIE・24hcosme・ライスフォース

 キャスティング協力:高野重美(QueenB)

 制作:プラグマックス&エンタテインメント・東映
 制作協力:QueenB
 企画・プロデュース:東映

ページ上部へ