【Web漫画】ちょっとHなダークファンタジー『勇者が死んだ!』は…意外と安心して・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 【Web漫画】ちょっとHなダークファンタジー『勇者が死んだ!』は…意外と安心して読める王道展開だった!

【Web漫画】ちょっとHなダークファンタジー『勇者が死んだ!』は…意外と安心して読める王道展開だった!

ライター:mitok(ミトク) 
2016年4月6日更新

 おトクな情報を掲載している情報サイトのmitok(ミトク)では、絶対に外せない注目のWebマンガ(無料)を定期的に紹介している。今回紹介する無料Web漫画は、ちょっとHなダークファンタジー『勇者が死んだ!』は…意外と安心して読める王道展開だった!
Webマンガ、これを追うべし!

■スバルイチ『勇者が死んだ!村人の俺が掘った落とし穴に勇者が落ちた結果。』 裏サンデー連載

勇者と魔王のドラクエ風ファンタジーにワンアイデアをプラスしたコメディ作品も最近じゃすっかりお約束。そこにラノベ風長文タイトルも重ねたとあっちゃ、コテコテすぎるイマドキ感で読む前からお腹いっぱい! と思いきや、尖ったギャグセンスでひねったうえでむしろ古風な王道ファンタジー漫画に寄せた珍しい塩梅の人気作が裏サンデーにて連載中です!

とある村の農夫トウカは太ももフェチのゲスな少年。村を襲う悪魔からムチムチボディの幼なじみ・ユナを助けるべく、姑息にも落とし穴を仕掛けて失敗! そこに現れた勇者シオンが悪魔を倒すも、勇者はトウカの作った落とし穴に落ちて竹槍に貫かれてお亡くなりに……。勇者殺しを隠蔽しようとしたトウカだが、勇者の仲間である屍術師アンリの術で、勇者の肉体に精神を入れられてしまい、勇者の姿で彼の代わりに地獄の門を封印する使命を負ってしまった!?

怒涛のギャグを重ねた第1話で話題になった作品だけど、その後は屍術というダークなアイデアを軸に置いたシリアスな王道ファンタジーと、太ももフェチの主人公が女性陣をひん剥いたり脚にニーソを履かせたりするお色気コメディがポイントの作りにシフト。導入のアイデアは尖っているし、大枠で見ればネット小説的な感性にも見えるけど、バトル展開とお色気要素のバランス良い配置や台詞回しには、いかにも古き良き少年マンガといった趣があります。

意外にも裏サンデー連載陣の中でもかなり健全なセンスで安心して読める一本。1話を読んでエッジのきいたブラックなギャグ漫画を期待しちゃうと若干物足りないけれど、常時鼻水を垂らしている銀髪ロリ屍術師は別の意味でエッジが立っててかなりぐっとくるキャラ造形なので、もっと出番が増えると嬉しいなあと思います! 私からは以上です。

■mitok(ミトク):寺田 龍太

ページ上部へ