文化放送「超!A&G+」の視聴登録者数が、ついに900万人を突破|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 文化放送「超!A&G+」の視聴登録者数が、ついに900万人を突破

文化放送「超!A&G+」の視聴登録者数が、ついに900万人を突破

ライター:キャラクターランド編集部/
2016年5月6日更新

 2007年9月3日から始まった文化放送のインターネットストリーミング配信チャンネル「超!A&G+」は、パソコン、iPhone、Android等での、のべ視聴登録者数が2016年4月17日の時点で9,009,094人となり、登録開始以来およそ8年半で900万人を突破した。

 2014年10月に700万、2015年7月には800万と順調に伸びており、このままのペースで伸びれば年内から2017年1月にかけて1000万人を突破する予定。

 「超!A&G+」は「動画」と「音声」でストリーミング配信を行っている日本最大級のアニメ&ゲーム系専門チャンネルとして、およそ130にのぼるオリジナル番組を毎日22時間(日曜日は21時間)配信しており、アニラジファンからアニソン、声優ファン、アキバ系リスナーまで幅広い支持を得ている。試聴方法はパソコンだけではなく、iPhoneやiPad、iPod Touch、またAndroid端末で専用の無料アプリ「超!A&G+i」をダウンロードして視聴することが可能。視聴アプリのダウンロード数は現在約40万。番組によってはPCよりスマートフォンで視聴されている数が多いものも増えてきた。

 PCやスマートフォンで聴く・観るスタイルの「ラジオ番組」という特性から、視聴しながらツイッターなどで番組の感想やパーソナリティの発言に反応してつぶやいたりと積極的に参加するリスナーも多く、番組ハッシュタグやチャンネルのハッシュタグがトレンド入りすることもしばしば。文化放送A&Gゾーン全体のハッシュタグ「#agqr」は、NECのツイッぷるトレンドの集計では、2016年の年間で第6位に位置している。※4月25日現在

< 配信番組について >
 2016年4月からは、平日24時~25時という深夜放送のゴールデンタイムに、月~木曜は「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」、金曜は「西山宏太郎のたろゆめ」の2つの生番組をスタートしました。始まって1か月ですでに人気番組となっており、特に「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」は番組スタート以来、PCでもスマートフォンでもトップクラスのアクセス数を記録しているほか、チャンネル有料会員(月額540円)が視聴できるドワンゴのニコニコ動画の「鷲崎健のヨナヨナチャンネル」でも毎回1万以上の入場者数、書き込み数を記録している。

ページ上部へ