初代TVシリーズ「牙狼<GARO>」が HDリマスターにて蘇る。ついに7/8より・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 初代TVシリーズ「牙狼<GARO>」が HDリマスターにて蘇る。ついに7/8より放送スタート! 新ビジュアル解禁&小西遼生、肘井美佳によるコメントも到着

初代TVシリーズ「牙狼<GARO>」が HDリマスターにて蘇る。ついに7/8より放送スタート! 新ビジュアル解禁&小西遼生、肘井美佳によるコメントも到着

ライター:キャラクターランド編集部/櫻井靖之
2016年7月4日更新

 『牙狼<GARO> HDリマスター』が7/8(金)よりテレビ東京ほかにて放送がスタートする。本作の新ビジュアル及び初代主人公・冴島鋼牙役を熱演した小西遼生と肘井美佳によるコメント映像も解禁となった。

 2005年10月7日。“ハイパーミッドナイトアクションホラードラマ”と題され、深夜帯の特撮TVドラマ「牙狼<GARO>」は誕生した。魔界から現れて人間の邪心に取り憑き、人々を脅かす魔獣・ホラー。人間はこのホラーに対抗する手段を模索し、魔戒法師や魔戒騎士と呼ばれる者たちが誕生した。10周年を迎えた「牙狼」シリーズは、これら魔戒騎士や魔戒法師とホラーとの終わりなき戦いを描いた物語であり、現在も拡大し続けている。

 この度、待望のポスタービジュアルとコメント映像が解禁となった。映像で、初代主人公・冴島鋼牙役を熱演した小西遼生は、「10年経っても色あせないで観ることが出来る。作品自体が面白いまま生きていて、しかもリマスターで色などがすごくキレイになっていた。あの時じゃなきゃ出来なかった、気持ちと勢いで作り上げた作品だなと思います」と当時の思い出や10年が経過した今だからこそ感じられる想いを熱く語る。そして、肘井美佳も「10年間応援し続けてくれた人がいて、あの時スタッフさん含め、本当に命を削って作っていたことが、画面を通して使わってきた。すでに観たことがある方も、まだ観たことがない方も、是非この機会に観てほしい」とコメントする。

 今回は、初のHDリマスターでの放送となり、その目も覚める驚異的に鮮明な映像により牙狼<ワールド>に改めて魅了されることは間違いないだろう。そして今回は、出演者・スタッフによるオーディオコメンタリーを副音声にて放送されるという。当時の思い出や撮影秘話などが楽しめる、ファンにとっては嬉しい限りだ。10年経った今でも全く衰えることのない、よりクリアで高画質に生まれ変わった黄伝説の始まりを見逃すな。「牙狼<GARO> HDリマスター」は、7月8日(金)からテレビ東京ほかにて放送がスタートする。

 大人気シリーズ「牙狼」の起源となる作品が2005年10月7日から2006年3月31日にかけて放映された「牙狼<GARO>」だ。主人公の冴島鋼牙(小西遼生)は、「ガロ」の称号を持つ現代の魔戒騎士。あるとき鋼牙はホラー討伐に出かけ、そこで画家を目指す女性・御月カオル(肘井美佳)と出会う。ホラーの返り血を浴びてしまった彼女を、掟に背き救う鋼牙。そんななか、彼を身内の敵と狙うもうひとりの魔戒騎士・涼邑零(藤田玲)の登場や、魔戒騎士に指示を出す番犬所の不穏な動きなど、さまざまな事態が発生。最終的に、父の敵である闇に堕ちた魔戒騎士・バラゴとの対決に至る。という物語だ。


原作・総監督:雨宮 慶太
小西 遼生 / 肘井 美佳  藤田 玲  螢 雪次朗  マーク武蔵  影山ヒロノブ(声の出演)  渡辺裕之  京本政樹(特別友情出演)
企画・製作:Project GARO 監督:雨宮慶太、横山誠、金田龍、梶研吾 アクション監督:横山誠 脚本:雨宮慶太、梶研吾、小林雄次、林壮太郎、田口恵 
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆、久保聡、白石誠 プロデューサー:服部洋之、中川順平、石田幸一 制作プロデューサー:小笠原修
VFXスーパーバイザー:小坂一順  VFX:オムニバス・ジャパン 制作:東北新社クリエイツ/オムニバス・ジャパン/ディープサイド 


■TVシリーズ『牙狼〈GARO〉 HDリマスター』
・テレビ東京ほかにて7月8日(金)深夜1時23分から放送開始
 ※出演者・スタッフによるオーディオコメンタリーを副音声にて放送
・スターチャンネル(BS10ch)(無料放送)/CSチャンネル・ファミリー劇場にて順次放送。

ページ上部へ