今冬上演、舞台「剣豪将軍義輝」はシリーズ初の前後編2部作に決定! 主演は染谷俊之・・・|ハイパーホビー公式サイト

ハイパーホビー公式サイト > コンテンツ情報 > 今冬上演、舞台「剣豪将軍義輝」はシリーズ初の前後編2部作に決定! 主演は染谷俊之!&8月3日(水)「歴タメLIVE」DVDリリース決定!

今冬上演、舞台「剣豪将軍義輝」はシリーズ初の前後編2部作に決定! 主演は染谷俊之!&8月3日(水)「歴タメLIVE」DVDリリース決定!

ライター:キャラクターランド編集部/櫻井靖之
2016年6月10日更新

 今冬12月8日(木)から14日(水)までの期間、EXシアター六本木(東京・六本木)にて「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」舞台第3弾として、「剣豪将軍義輝」の上演が決定した。また主演は、染谷俊之に決定。

◆「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」第3弾「剣豪将軍義輝」
 シリーズ1作品目から出演している染谷だが、第3弾「剣豪将軍義輝」で初の主演を飾る。また今回の作品は、初の前後編の2部作構成となるようで、こちらも注目。前編は12月8日(木)から14日(水)まで、後編は2017年初夏の上演となる。

 本シリーズは、教科書には載らないような歴史上の出来事を、興味深く面白く表現するというもの。シリーズ第3弾として上演される「剣豪将軍義輝」。原作は、戦乱の世を、将軍でありながら無双の剣士として生きた若き足利義輝の爽快な生涯を描いた“宮本昌孝”の長編歴史小説「剣豪将軍義輝」。上中下巻に渡る壮大な本作は、徳間文庫より発売中だ。

 脚本には、昨年の第2弾「幻の城~戦国の美しき狂気~」に引き続き“鈴木哲也”、演出には、陣内孝則主演舞台「HONGANJI」の脚本の他、さまざまなエンターテイメント作品を手掛けている“斎藤栄作”を迎え、「幻の城」の演出を手掛けた“大関真”が監修を務める。舞台でどのように描かれるのか今から待ち遠しい限りだ。

 なお、チケットの先行予約や舞台の詳細は公式ホームページなどで随時発表されていくとのことで、今後の情報にも注目したい。

◆「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」DVD発売
 また、3月12日(土)、13日(日)にEXシアター六本木にて開催された「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」のDVDが8月3日(水)にリリースされることが決定した。「歴タメLIVE~」は、歴史を楽しく分かりやすく表現する “もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ”が企画するライブイベント。

 ライブでは、石井智也、井深克彦、奥谷知弘、寿里、杉江大志、鈴木拡樹、染谷俊之、釣本南、細貝圭、山本匠馬らシリーズ作品でお馴染みの出演者たちが、歴史の面白いエピソードをショートコントとして演じているほか、和太鼓奏者のTAKUYA、墨絵師の御歌頭、「お勉強ラップ」で注目を集めるラッパーのCo.慶応なども出演し、まさに歴史のエンターテインメントショーとなっている。DVDリリースを熱望されていたイベントなだけに、是非手にとっていただきたい。



【●「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」とは】
教科書には載らないような歴史上の出来事を興味深く面白くエンターテインメントとして表現するシリーズ企画。

【●歴史時代小説『剣豪将軍義輝 上・中・下』】
落日の室町幕府にあって、自ら剣の道を極め、その将器で斎藤道三や織田信長ら乱世の巨星たちの心さえ惹きつけた第十三代征夷大将軍・足利義輝。その命は二十九歳の若さで尽きたが、清爽たる輝きを放った凜乎たる武人の生涯を描ききる歴史大作。

【●著者:宮本昌孝(みやもと・まさたか)】
1955年静岡県生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業後、手塚プロ勤務を経て執筆活動に。95年、徳間書店より刊行された『剣豪将軍義輝』で、一躍脚光を浴び、以降、歴史時代小説の旗手として活躍。『陣借り平助』『夏雲あがれ』『ふたり道三』『風魔』『家康、死す』『海王』『乱丸』などの著作がある。

【●脚本:鈴木哲也(すずきてつや)】
1991年劇団M.O.P.入団(1998年退団)。主宰者である劇作家のマキノノゾミに師事し、演出助手・執筆アシスタントとしてその創作活動に参加、並行して自身も執筆活動に入る。マキノノゾミ氏、宮田慶子氏、串田和美氏、宮本亜門氏、映画監督の深作健太氏、河原雅彦氏らの演出作品の脚本を担当。執筆ジャンルは大変広く、ミュージカル作品と時代劇作品を多く手掛ける。故・中村勘三郎の目にとまり、コクーン歌舞伎第十一弾「佐倉義民傳」を手掛けて以来、大舞台かつ殺陣をふんだんに取り入れたエンターテイメント時代劇作品の執筆が増えている。近年には、日本テレビ舞台「里美八犬伝」、映画「真田十勇士」の脚本なども手掛けており、昨年には本シリーズ第2弾「幻の城~戦国の美しき狂気~」の脚本を担当、好評を博した。

【●演出:斎藤栄作(さいとうえいさく)】
1996年日本大学芸術学部演劇学科を卒業後、劇団POOL-5を旗揚げ、 2006年に活動を休止。それに伴い個人プロデュースLEMON LIVEを立ち上げ、全作品の脚本・演出を手がける。作風は主にスラップスティックを基調としながらも、人間の内面を細かく描写する演出に定評が集まる。近年では外部にも精力的に作品を提供。時代劇から本格ミュージカル、アニメやゲーム原作といった2.5次元舞台まで、あらゆるジャンルを網羅する一方、NHK語学番組「リトル・チャロ4」の脚本や、NHKラジオ「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」の原作など、多方面で活動の幅を広げている。

【●監修:大関真(おおぜきまこと)】
2000年三宅裕司率いる劇団スーパー・エキセントリック・シアター入団。役者として舞台・映像に出演しながら、並行して演出助手を務める。2007年に自身のプロデュースユニットを立ち上げ、本格的に演出活動を開始。劇団のコンセプトである「ミュージカル・アクション・コメディー」の演出を得意とし、役者の個性を活かし、ダンス・歌などのパフォーマンスを取り入れたエンターテイメント作品に定評がある。舞台版「逆転裁判」、小倉久寛ひとり立ち公演、アミューズプロデュース・劇団プレステージ、ケツメイシ全国アリーナツアー「アドベンチアーズ」ミュージカルパート演出など、幅広く活動している。昨年の本シリーズ第2弾「幻の城~戦国の美しき狂気~」の演出を手掛け、好評を博した。


■舞台「剣豪将軍義輝」 公演概要
日程:2016年12月8日(木)~12月14日(水)

公演スケジュール:
2016年12月8日(木)19:00公演
2016年12月9日(金)19:00公演
2016年12月10日(土)13:00公演
2016年12月10日(土)18:00公演
2016年12月11日(日)13:00公演
2016年12月11日(日)18:00公演
2016年12月12日(月)19:00公演
2016年12月13日(火)14:00公演
2016年12月13日(火)19:00公演
2016年12月14日(水)14:00公演

会場:EXシアター六本木
主催:「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会
出演:染谷俊之、他
原作:宮本昌孝「剣豪将軍義輝」(徳間文庫 刊)
脚本:鈴木哲也
演出:斎藤栄作
監修:大関真
企画:座間隆司
企画協力:徳間書店

チケット料金(全席指定・税込)
剣豪シート:10,800円
指定席:7,800円
※当日券は500円増し。残席がある席種のみ販売予定。
※未就学児のご入場はできません。

ページ上部へ