極振り拒否して手探りスタート!の評判・あらすじ※電子書籍で読める

スポンサーリンク

極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出るの評判・評価、口コミ

電子書籍「極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー」は、今人気のある異世界漫画です。

謎解きミステリー的な要素が含まれているので、マニアックなファンに人気がある漫画です。

物語はいきない真っ白な異世界に連れ出されるのですが、そこでテスラという場所に行き、自分の指名を果たせと神のような存在の者から伝えられるところから始まります。

とにかく伏線だらけで、真っ白な世界に白い服を着せられた人たちが集められているので、読み始めは本当に謎だらけです。

ミステリー感覚で読める異世界漫画ですので、異世界ファンタジーやミステリーが好きな読者の口コミの評判や評価はとても高い漫画ですし、大変読み応えのある物語です。

謎の多い物語ですので、読者も謎解きをしながら、ワクワクとした気持ちで読み続けることが出来るのが魅力でしょう。

たくさんの伏線が出てきますので、読んだ後もう一度最初から読み返すという楽しみもあるお話です。

仲間と一緒に冒険旅行に出掛けるというのが、異世界ファンタジーの王道です。

しかし、極振り拒否して手探りスタートでは、一人いきなり仲間と同じ場所に召喚されることを拒否して一人で旅に出る道を選んでしまうルークです。

色々な違和感を感じて恐怖心を抱く主人公ですが、この選択が大きな意味を持つに違いがありません。

一人で旅に出てしまうというこの行動が吉と出るのか凶と出るのか、全く分からず謎が多い物語でしょう。

極振り拒否して手探りスタートは魔法系の物語が好きだという方にも、大変お勧めです。

色々と読者の創造を引き出してくれるので、ワクワクしながら読むことが出来ます。

男性も女性も異世界にどっぷりと入り込みながら、楽しむことが出来るでしょう。いつでも手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出るのあらすじ

電子コミック「極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー」のあらすじは、主人公ルークが異世界に突然召喚されるという物語です。

異世界に召喚されたのは、ルーク一人だけではなく、MMORPGの仲間達と一緒に転送されました。

物語が進むうちに、ルークは剣と魔法の世界に違和感を感じ始め、仲間と一緒に冒険に出るのではなく、目的も異世界に召喚された思惑もわからずに、一人で異世界に旅に出ていきます。

召喚された人々が向かう目的地はテスラという場所です。

使命あるものは使命を果たせという、謎の言葉を神のような存在のものから言われます。

召喚された仲間達は、ゲームの仲間でした。

ボイスチャットで会話をしたことがあったため、すぐに誰だかわかります。

メンバーは9人います。

目の前にはウインドウ画面が出ており、時計か時間のようなものがありました。

この時間内に何かをしなければならないということが、召喚されたメンバー達にはなんとなく理解することが出来ます。

集められたのは、自分達ゲームの仲間以外にも世界各国の人種が集められていました。

ウインドウから転生先や行先を選ぶことが出来、それぞれが行先を選ぶことが出来るようでした。

主人公は、なんとなくこの異世界に恐怖心を感じ、一人仲間と外れて自分だけ一人で別行動を取る道を選ぶことにします。

そして選んだ結果、一人異世界の見知らぬ場所に召喚され、冒険をしていくという物語です。

ランクフルトの街では、風の団というパーティーを組みます。

そしてダンジョンを有し、冒険者で賑わっている迷宮都市エレムを目指して旅を続けていきます。

神聖魔法を使いこなして、地道にレベルを上げつつ、異世界を旅していく物語です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

極振り拒否して手探りスタート!特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出るの主要キャラクター紹介

主人公はルークで、現実世界ではゲーム職業ビショップをしています。

あまりぱっとしない主人公ですが、色々と真面目に考え込む性格をしています。

回復能力に特化せずに、一人異世界でのんびりと旅をすることが出来る自由さもありました。

物語で最初に出てくるのは、人々の頭に直接問いかけてくる神のような存在です。

神のような存在は異世界に召喚されてきた沢山の人々に対して、テスラに向かえと訴えます。

ルークの周りには、ゲームMMORPGリスタージュの暁の9人がいました。

リーダーのマサはナイトでタンク、他にもタヌポンやカノンなどの仲間がいます。

リーダー格のマサはイケメンの男性で皆をまとめることが出来る存在です。

エルフマンはオタク的な男性でした。

チャットを通して面識があるメンバーでしたが、リアルな異世界で初顔合わせすることになります。

初顔合わせでしたが、ゲームやチャットで深い面識があったため、初対面でも誰が誰だかよく判りました。

リーダー格のマサは異世界に突然現れた皆の目の前にある数字が書かれたウインドウの意味を、知ることが出来、皆に説明することが出来る賢さを持ち合わせています。

時間内に話し合って、制限時間内に自分のキャラクターを作り演じなければなりません。

マサは異世界に巻き込まれた仲間達に、一緒に冒険をしようと提案をしますが、ルークは一人で冒険に出る道を選びます。

ルークは迷宮都市エレムを目指して旅をし、迷宮に迷いますが、最後にエレムを抜け出すことが出来ました。

通常ファンタジー冒険ものは、回復能力があるのですが、ルークは異世界では回復能力に特化していないヒーラーであるため、のんびりと旅をしなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました