異世界に落とされた…浄化は基本!のあらすじ・評判@電子書籍で読める

異世界に落とされた…浄化は基本!の評判・口コミ

「異世界に落とされた…浄化は基本!」は、ほのぼのる500さん原作の異世界転生ファンタジーです。

小説家になろうという小説投稿サイトで人気が高まり、コミカライズが決定しました。キャラクター原案はイシバシヨウスケさん、漫画は中島鯛さんが担当しています。

異世界転生ものを好きな人を中心に評判が高く、口コミも好評で5段階評価では5や4がつけられることも多いです。

仲間を増やしていくのですが、人間ではなくてフェンリルなどの生き物なので、会話は生まれません。

主人公の独り言と動物同士の会話によってストーリーが進んでいくので、初めはこの形式に慣れないと感じる人もいるようですが、独特のストーリー展開にハマってしまう人も多いです。

ほとんど主人公の独り言ですが、主人公のユニークな発想や特別なスキル、動物たちのリアクションなどが楽しくほのぼのとした雰囲気が味わえると感じている読者が多いようです。

人間の登場は少ないですが、もふもふとした動物がたくさん登場するので、強いながらも可愛らしいもふもふした動物が好きな人からも大人気の作品です。

「異世界に落とされた…浄化は基本!」は紙媒体のコミックとしても購入することができますが、電子書籍でも購入することができます。

1巻で終了しないので発売されるたびにすぐに読みたい、読み始めたら公開されている部分までは一気に読みたいと感じるのであれば電子書籍が便利です。

思わずツッコミを入れたい気持ちに駆られる読者が多いようですが、コミカルな世界観が楽しくて何度も繰り返し読んでしまう人が多い傾向があります。

気に入った作品を手軽に読みたい人や、空き時間に楽しみたい人も電子書籍であれば便利だと言えるでしょう。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

異世界に落とされた…浄化は基本!のあらすじ

コミック版「異世界に落とされた…浄化は基本!」のあらすじを簡単にまとめると、冴えない青年が無自覚で無双しながら伝説の魔獣たちを従えていくストーリーです。

戦闘シーンもありますが、ほのぼのとした雰囲気を存分に楽しむことができる物語だと言えます。

しがない掃除屋として働いていた天王翔は寝坊して仕事に遅刻しそうになった日、無事仕事は終わらせたものの帰り道にトラックにはねられてしまって異世界に転生しました。

4人のトラックに轢かれたらしき4人の男女を見つけますが、天からの声によって別の世界に召喚されたことを知ります。

天王翔は声に気づいたことで更に別世界へと飛ばされてしまい、見かけた4人のいない不気味な森へと落とされてしまうのです。

そこには悪い気が満ちていますが、馬鹿らしいと思いながらも浄化の言葉を発してみると、辺りが本当に浄化されてしまいます。

これによって、本当に異世界に飛ばされてしまったことを自覚するのですが、その後に怒っているようなオオカミのような生き物と出会いました。

様子を観察すると弱っていることが分かり、その生き物にも悪い気が漂っていることに気づきます。そこで、先ほどのように浄化を行い、これによってその生き物がなついてしまいます。

実はオオカミではなく伝説の魔獣のフェンリルなのですが、フェンリルと出会ったときのように様々な魔獣と仲良くなっていくというストーリーです。

大きな獲物を瞬間移動や浄化、冷蔵などのあらゆる力を駆使して調理するなど、コミカルに話が進んでいきます。

無自覚さや転生で手に入れた能力によって様々なことを主人公が成功させていくので、思いがけない展開から目が離せない物語だと言えるでしょう。

電子書籍サイトのおすすめランキング

異世界に落とされた…浄化は基本!の主要人物紹介

「異世界に落とされた…浄化は基本!」の主人公は天王翔です。

元の世界では掃除屋として働いており、冴えない青年でありながらも真面目に働きながら生活していました。

漫画好きの妹との関係も良好であり、転生前に妹から異世界転生ものの漫画について語られることも少なくありませんでした。

そのおかげで転生したことに素早く気づくことができ、直感には冴えていますが、基本的にはのんびりとした雰囲気の持ち主です。

最初のうちは独り言や浄化の言葉に照れており、周囲の目を気にするような性格であることが分かります。

どちらかと言えば、頼りなさそうな印象のある主人公ですが、思いやりの心があり、困っている相手には危険を恐れることなく手助けしようとするタイプです。

初めにフェンリルと出会ったときも、フェンリルは悪い気をまとって恐ろしい雰囲気を発していましたが、弱っていることに気づいてからは危険を恐れずに浄化に励みました。

魔獣と気づかずにフェンリルたちを可愛いと思いながら生活を続けていく天然っぷりが、作品をほのぼのとした世界観にしています。

丸ごとのイノシシから上手く血や内臓を抜き取る方法を考え出すなど、意外と機転が利く部分もあるでしょう。

主人公以外の登場キャラクターにはフェンリルなどの魔獣がいますが、主人公と直接会話することはできません。ただ、助けてくれた主人公と行動を共にしている動物同士で話すことはできます。

声が聞こえないので主人公は介入しないものの、フェンリル同士のやり取りも心温まるでしょう。

異世界に転生してしまった冴えない青年だけではなく、その青年を慕う伝説の魔獣が多数登場するため、ユニークなストーリー展開を楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました