青のオーケストラを読むなら電子書籍がおすすめ※評判・あらすじ

青のオーケストラの評判・評価

青のオーケストラは、音が実際に聞こえてくるような表現力が魅力と評判の少年漫画です。

まず、作者である阿久井真先生の画力に定評があり、美しく繊細な画風ながらしっかりとした描線が力強さを感じさせ、勢いのある画面が動きのある人物や今にも音が響きそうな楽器を巧みに表現していると言われます。

狂いがないデッサン力が説得力のある人物像を描き、例えばセリフがないコマでもオーケストラの緊張感を感じさせたり、擬音がなくても楽器を奏でているリアル感を感じさせたりと、人物の動きだけで伝える力があると評価される漫画です。

加えて、光の表現にも高い技術があると口コミでも評判です。

例えば、キャラクターのさまざまな感情や青春劇ならではの爽快さを柔らかなトーン使いで、夕景やオーケストラの舞台では、人物が光を放つような独特の表現がされるなど、シーンごとに変化する光の描かれ方で、壮大さや力強さなどを感じさせると評価されています。

電子書籍で無料公開されているので、美しい作画の隅々まで見たいなら電子書籍で読むのが良いでしょう。

青のオーケストラは、若年層を中心に人気が高く、特に吹奏楽や音楽に興味のある中高生からの支持が高いです。

実際の県立高校にあるシンフォニックオーケストラ部へ取材をしながら描かれているのも、人気の理由とされています。

描かれる楽器の細部までリアリティがあります。

また、体育会系の部活と思わせるような挨拶がされる、楽器の移動には男子生徒が重労働を任される、楽器で肺活量が鍛えられマラソンが得意な人物がいるなど、オーケストラ部に属したことがない人が気付かないようなエピソードが散りばめられているのも魅力のひとつです。

2017年にスタートし、2019年8月には発行部数が50万部を突破するなど、ストーリーが進むほどファンを獲得している漫画で、一気読みしやすい電子書籍からファンになるケースも多いようです。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

青のオーケストラのあらすじ

ヴァイオリニストの父親を持つ主人公は、天才と言われるほどヴァイオリンの才能がある少年でした。

両親が離婚してからヴァイオリンへ触れなくなった主人公は、勉強もスポーツもできない自分に鬱屈としつつ中学校に通学し、中学3年生になっても進路を決定できないまま日々を過ごしています。

そんな時、ヴァイオリンの練習に打ち込む少女に出会い、練習へ付き合ううちに再び音楽へ向き合う気持ちが芽生えていくのです。

ヴァイオリンの高い技量から教師にオーケストラ部で有名な海幕高等学校への進学を主人公は勧められ、少女に勉強を教えてもらい共に無事合格します。

進学し、2人でシンフォニックオーケストラ部へ見学をしに行き、主人公は初めて自分と同等クラスの天才とされる少年と出会うのです。

その後、ライバルと張り合ったり、自分の過去を知る少女と再会したりし、オーケストラ部でヴァイオリンに打ち込みながら、周囲とのコミュニケーションを不器用にも深めていきます。

そんな時、一年生であっても演奏メンバーに選出されると聞き、ライバル達と共に奮起するのです。

主人公が中々周囲と音を合わせられなかった欠点を、先輩部員から影響を受けるなどをして克服する一方で、学業にも向き合うなど主人公の成長が少しずつ描かれます。

その後、演奏メンバー入りのために受けるオーディションでは見事合格するも、ライバルの少年が風邪によって実力を出せなかったことを理由に再戦を約束します。

また、ライバルの少年が自分よりも高い実力があると知った時、運が悪く母親が倒れヴァイオリンへ専念できなくなくなったりする波乱の展開があります。

しかも、ライバルの少年が主人公と異母兄弟だったと衝撃の告白をするのです。

あらすじだけでも多くの展開があると分かるコミックで、不倫問題やライバルとの衝突、母親への反発など重いテーマを絡めながら劇的なストーリーが、衝撃の展開を見せていきます。

電子書籍サイトのおすすめランキング

青のオーケストラの主要人物紹介

「青野一・あおのはじめ」

ヴァイオリニストの父親から英才教育を受けたことで、ヴァイオリニストの天才児とまで呼ばれていた少年であり、青のオーケストラの主人公です。

両親の離婚後はヴァイオリンから遠ざかり、母親と2人の母子家庭で暮らしています。

父親によって手指を大切にするように教育されていたため、スポーツに取り組むことがなく、強い体力もありません。

成績も悪く、中学校時代はほとんど無為に生活を送っていました。

そんな時に出会った秋音律子によって再びヴァイオリンへ目覚めていき、オーケストラ部の強豪校、海幕高等学校へ猛勉強の末に合格しました。

高校では、ライバルと認める佐伯直に出会うほか、教諭にオーケストラには向かないと演奏を酷評されるなど、多くの紆余曲折を味わいながらヴァイオリニストとしても人間としても成長を見せていきます。

「秋音律子・あきねりつこ」

勝ち気で思うことを口にしてしまう一方で、ポジティブな性格の少女で、青野一の友人でありヴァイオリンにもう一度挑戦させるきっかけとなった少女です。

かつて、いじめにあった親友をかばうことで転校させてしまうなど、素直で真っ直ぐな性格があだとなった経験を持ちながらも、青野一へ積極的に関わりながら共に演奏の腕を磨き続けています。

「佐伯直・さえきなお」

青野一や秋音律子の同級生で、高校には音楽推薦で入学するなどヴァイオリンの技術が高い、主人公のライバルとなる少年です。

大人しい性格でメガネをかけた真面目な人柄に見えますが、ヴァイオリンに関係ない生活では、ナマケモノと言われる程マイペースな性格をしています。

帰国子女で日本語の読み書きが得意ではありません。

母親がソプラノ歌手で父親がヴァイオリニストであり、青野一の父親でもある人物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました