涙雨とセレナーデの評判・あらすじ!読むなら電子書籍

涙雨とセレナーデの評判・評価、口コミ

河内遙先生作の恋愛漫画、涙雨とセレナーデはコミック、電子書籍共に評判で人気です。

涙雨とセレナーデの評判は主人公が可愛く想い人は格好良く、魅力的なキャラクターによるドキドキの展開が楽しめると評価されています。

そして続きが気になる伏線の張り方や展開、ちょっとした謎めいた要素もまた魅力的だと口コミなどで好評です。

想い人は誰なのか、複雑化する恋愛の行方はどうなるのかなど、考察や予想が楽しめる作品でもあります。

雰囲気に浸るも良し、特定のキャラクターに感情移入して心模様を味わうのもありですから、様々な楽しみ方ができる作品です。

過去のできごともシーンの1つとして登場しますし、それが作中の現在や未来にも繋がっていくのがポイントです。

イケメンの想い人は注目を集めますし、表紙買いする人も少なくないですが、作品を読むと見た目以上に魅力的なところに気がつけます。

また、主人公に対する感情や接し方も素敵なもので、良好な関係を願わずにはいられなくなると評判です。

読者の感情を巧みに操るかのような、物語の展開の持って行き方に優れていますから、ドキドキワクワク感を味わえること間違いなしでしょう。

作者の河内遙先生は、芸術系の高校出身で恋愛漫画を得意としているので、絵もストーリーも安心して楽しめます。

熱狂的なファンにとっても、この涙雨とセレナーデは一二を争うほど評価が高いです。

命がけで恋をする高校生ヒロインも魅力的ですし、キャラクターが上手く描かれているからこそ主人公の魅力も引き立ち、作品の完成度も高くなっています。

タイムスリップで明治時代を舞台にした作品ですから、現代との時代背景の違いや、当時の恋愛事情も楽しむことができます。

紙のコミックもいいですが、電子書籍だと置く場所も取らず、いつでも好きな時に読めるのでおすすめです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

涙雨とセレナーデのあらすじ

コミック・涙雨とセレナーデのあらすじは、繰り返し見る夢を持つ陽菜が、明治40年にタイムスリップするところから始まります。

陽菜が見る夢とは、幼い頃に知らない男の子と一緒に雨宿りをする内容で、その夢を見た日は必ず雨が降ることになります。

ある日、陽菜は音楽の授業を受ける中で、気がつくと夢で見る情景と同じ場所にいます。

気を失っていたところを呼び起こした青年の孝章は、自宅の庭にいた陽菜を雛子様と呼び、彼女の家だという屋敷に送り届けるのでした。

屋敷には陽菜そっくりの顔をした雛子がいます。

冷静に状況を把握していくと、どうやら陽菜は明治40年にタイムスリップしたことを知ります。

陽菜は、繰り返し見てきた夢のことを、この時代にきていた記憶なのだと確信します。

彼女は現代に戻ろうとして、曾祖母の首飾りを身に着けることが重要なヒントだと考えますが、肝心の首飾りは最初にいた本郷家の庭でなくしているのでした。

陽菜は雛子に協力を仰いで、雛子を装い婚約者の孝章に首飾りの行方を求めることになります。

首飾りは預かり知らぬところで次々に持ち主が変わり、やがて孝章こそが夢の中で一緒に雨宿りをしていた男の子だと気がつきます。

陽菜は、自身が成り代わっている雛子に向けられる孝章の優しさを感じ取り、駄目だと分かっていながらも心が惹かれていきます。

孝章の方も、実は幼い頃に一度だけ会っている女の子のヒナを雛子と誤解しています。

お見合いの席で自身を拒絶する雛子と、陽菜が成り代わる雛子を目の前に、孝章は戸惑いながらも想いを募らせていくことになるのです。

そっくりな2人の関係は、そして恋の行方はどうなるのか、最後まで目が離せない展開が待っています。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

涙雨とセレナーデの主要人物紹介

涙雨とセレナーデの主人公の片桐陽菜は、小さい頃に自覚なくタイムスリップを経験しています。迷い込んだ庭先で孝章と出会い、たーくんと呼んで自らをヒナと紹介した経験を持ちます。

繰り返し見る夢のことを単なる夢だと思っていましたが、高校生になりもう一度タイムスリップをしたことで、孝章と再会することになります。

先輩に憧れて剣道部に入ったり、早弁するなど物怖じしない女子高生ですが、突然タイムスリップに巻き込まれてしまうのでした。

本郷孝章は本郷貿易の御曹司で、小さい頃に出会ったヒナとの再会を望んでいます。

正妻の子で兄の久尚は病弱故に父親から見切りをつけられ、その代わりとして腹違いの弟孝章が跡取りとして本郷家に連れてこられた経緯があります。

義母には疎まれていたものの、優しい兄に対しては久兄様と呼んで慕っていました。

5年前にその兄を亡くしており、兄が結ぶ予定だった北峯家との婚約も実は、相手の雛子の態度で拒絶されていると知ることになります。

陽菜とそっくりの北峯雛子は北峯伯爵家の末娘で、家に出入りしている書生に想いを寄せています。

没落していく家の為に、本郷家と婚約させられていますが、相手の孝章とは見合いの席で一度顔を合わせただけで、挨拶しか交わしていない間柄です。

孝章とは具合を理由に避けたり、学校を休んでまで孝章と会うことを拒んでいます。

陽菜が現代からきてから一度会いますが、それ以降は陽菜が雛子に成り代わっているので、当人達は殆ど顔を合わせることがない状況です。

他に雛子が想いを寄せる書生で首飾りのありかを知る武虎、孝章の友人で首飾りをどこかにやった池端貞光、奇術師見習いで首飾りの所在を知るもう1人のチヨなども登場します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました