ヴィンランド・サガの評判・あらすじ※電子書籍で読むのがおすすめ!

スポンサーリンク

ヴィンランド・サガの評判・評価、口コミ

「ヴィンランド・サガ」は幸村誠さんによる、ヴァイキングたちの生き様を描いた漫画です。

11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台として繰り広げられる物語であり、主人公は11世紀に実在したと言われているアイスランド商人がモデルとなっています。

海外を舞台とした時代漫画や海賊に焦点を当てた作品はたくさんありますが、この作品は臨場感のあるバトルシーン、ヴァイキングたちの男らしい生き様などが口コミなどで高く評価されている作品です。

コマ内には多くの人物などが描き込まれていることが多いですが、読みにくいということはなく物語に引き込まれるようなものとなっています。

メインキャラクターたちだけではなく、モブキャラの衣装にもしっかりと汚れが描き込まれているなど、細部にこだわっている部分も評判の高さに繋がっています。

アニメ化されるほど人気の作品であり、漫画は24巻以上出版されていますが、今後も長く続く可能性が高いです。

かなりの長編になる可能性も高く、これから購入するのであれば電子書籍で購入するのがおすすめです。

単行本で購入してしまうと本棚のスペースを圧迫することになりますし、自宅以外で気軽に読むことができません。

面白くて何度も読み返したくなるような作品なので、気軽に読み返すことができる電子書籍が便利です。

また、家族と一緒に住んでいる場合など、リアルなバトルシーンや戦いで血が流れる様子を見せたくないと考えるのであれば、自分のスマートフォンなどでコッソリと読める電子書籍が良いでしょう。

新刊が出たときにすぐに読むことができるというメリットもあるので、人気作品である「ヴィンランド・サガ」をこれから購入するのであれば電子書籍での購入を検討してみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

ヴィンランド・サガのあらすじ

電子コミック「ヴィンランド・サガ」のあらすじは、以下のようになっています。

11世紀初めの西ヨーロッパには、恐るべき速度で襲撃と略奪を繰り返すヴァイキングがいました。

ある日も、フランク領主同士の小競り合いに乗じたヴァイキングが蓄えていた財貨を残らずに奪い去ります。

そのときに、トルフィンと呼ばれる少年はヴァイキングの首領であるアシェラッドと敵指揮官の首を取れば望む報酬をもらうことができるという約束を結んでいました。

見事に敵の首を取ったトルフィンは、見返りとしてアシェラッドに決闘を申し込みます。

実はトルフィンは過去にアシェラッドに父親を殺害されており、復讐のために仇であるアシェラッドの兵団に加わったという経緯があったのです。

もちろん、アシェラッドはその事実を知った上であり、決闘ではトルフィンの冷静さを欠けさせるような言動をすることでアシェラッドが勝利することになります。

アシェラッドとの決闘までがプロローグであり、そこからはトルフィンの幼少編、ブリテン編と話が続きますが、トルフィンの成人後には奴隷編や繋がれたアジサシ編、北海横断編と話が続いていきます。

物語が進む中でトルフィンは奴隷身分に落とされることになりますが、その生活の中で殺し合い以外を知らなかった自分の半生を後悔し、生き方を模索するようになります。

暴力を忌避(きひ)するようになり、戦争も奴隷もない平和な国をつくることを決意するほど、様々な経験によって考え方が変わっていくというストーリーです。

ヴァイキングとしての戦いがただただ描かれているだけではなく、ひとりの少年の成長の物語が記されているところがこの作品の大きな見どころだと言えるでしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

ヴィンランド・サガの主要人物紹介

主要登場人物には主人公のトルフィンがいます。

アイスランド出身であり、アシェラッドに父親を殺害されたことをきっかけに、アシェラッドが率いる兵団の中に身を置くことを決意した少年です。

金髪の男の子にしては長い髪はいつもボサボサであり、服装にも頓着していません。

2本の短剣を武器として殺し合うことだけを目的として生きており、不愛想で無口な少年でした。

兵団にいたころはアシェラッドと決闘すること、幼少期に聞いたヴィンランドだけが心の拠り所でしたが、奴隷身分になってからは考え方が大きく変わります。

物語が進むにつれて、ただ戦うだけの少年ではなく、人として成長している様子を見ることができるでしょう。

アシェラッドもメインキャラクターであり、彼はヴァイキング集団であるアシェラッド兵団の首領です。

飄々とした人物ですが冷酷非情であり、先読みの力や人を操る力に優れています。

自分の命を狙うトルフィンまで上手く手下として使いこなすほどです。

戦いの中で致命傷を負って命を落としますが、その際にトルフィンには本当の戦士になれという言葉を遺します。

それ以降もトルフィンの夢の中にあらわれるなど、非常に重要な人物です。

他にもたくさんのキャラクターが登場し、デンマーク王スヴェンの次男であるクヌート、幼いトルフィンに旅の話を聞かせていたレイフ、トルフィンの父であるトールズなども重要なキャラクターだと言うことができるでしょう。

どのキャラクターも個性的で特有の魅力があり、ストーリーの進行に大きく貢献しているキャラクターも多いです。

こういったキャラクターを中心として、登場するあらゆるキャラクターから目が離せない作品だと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました