『進撃の巨人』最新話106話ネタバレ・考察!空白の4年間の詳細が明らかに!?

『進撃の巨人』最新106話ネタバレ・考察!別冊少年マガジン

本記事では、2018年5月9日発売の別冊マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新話106話のネタバレ・考察をご紹介していきます。
獣の巨人と戦槌の巨人を手に入れ、飛行船で逃げ切ることに成功したエレン。
エルディア帝国とマーレ軍の戦いはエルディア側に軍配があがる結果となりました。
しかし大勝利に油断していた調査兵団は、ガビが飛行船に乗り込むことを許し、サシャを失う悲しい結末を迎えました。
ガビとファルコはこれからエルディア側の現実を見ることになりますが、はたして何を思うのか。
エルディア側についていたことが発覚したジークの言動にも注目が集まります。
それでは、漫画『進撃の巨人』最新話106話のネタバレ・考察を前回のあらすじのおさらいとともに見ていきましょう!
関連記事:進撃の巨人最新刊25巻無料を電子書籍アプリで読むならこちら

スポンサーリンク

漫画『進撃の巨人』前回のあらすじのおさらい

 

新生エルディア帝国の大勝利

エレンとミカサは、差し伸べられたアルミンの手をつかみ無事、飛行船に帰還する。
「糞溜めに落ちたらしいなエレン」
戻ってくるやいなや、リヴァイはエレンの顔面に蹴りを入れた。
今回の作戦は、エレンの無茶に調査兵団が付き合う形となったため、リヴァイの制裁も仕方のないことであった。
手紙で作戦は伝えていたが、エレンは拘束されてしまった。
残りの調査兵団も、マーレ軍の攻撃をかわしながら次々に飛行船へと帰還する。
マーレ軍には飛行船を撃ち落とせる火器は用意できておらず、飛行船が逃げ切れることは確定していた。
残りの兵が帰還するまでの殿(しんがり)をロボフが買って出る。
飛行船内では少し早い新生エルディア帝国の初陣の勝利宣言が行われていた。
 

鎧の巨人継承者

しかし、マーレ軍の内の数人はまだ戦うことをあきらめていなかった。
ガビもその一人である。
ゾフィアやウドそして門兵の2人のおじさん、大切な人たちの命を奪われて何もできないまま終わらせることはできなかった。
ファルコの脳裏にエレンとライナーの会話がよぎる。
エルディア側の意見も知ってしまったがために迷いが生じ、ガビのように熱くなることはなかった。
エルディア側もまた被害者なのではないかという疑念が芽生えつつあったが、確信を持てずガビを止めるには至らなかった。
ロボフ以外の兵団が乗船したところで、ガビが飛行船に追いつく。
相手が子供だと気付いたロボフは一瞬躊躇し、その隙をガビに撃たれてしまった。
ガビの勢いは止まらず、ロボフの立体機動装置で船内に侵入して調査兵団を皆殺しにしようと試みる。
「鎧の巨人を継承するのは!!オレだ!!」
ライナーの言葉を思い出したファルコは、ガビを守るために一緒に飛行船へ乗り込むことを決意した。
 

?サシャ、死す

飛行船に乗り込んだガビは、油断しきっていた調査兵団へ向けて銃を撃つ。
調査兵団は乗り込んできたガビとファルコを取り押さえるが、銃弾は不運にもサシャに命中してしまった。
すぐに止血するが打ち所が悪く、サシャは大量の出血で虫の息。
必至に抵抗するガビを見たジャンは二人をジークの元へ連れて行く。
部屋にはハンジとリヴァイとエレンの他にジークとイェレナがいた。
イェレナはピークとガリアードを穴に落とした女性である。
リヴァイとジークは対立しているが、エルディアを守るという点で同じ目的を持っており、一時的に協力することとなる。
ジークと調査兵団が手を組んだことに絶句したガビとファルコは、ただただ呆然とその光景を見ていることしかできなかった。
異様な雰囲気の中、コニーが船室に入りサシャの死を告げる。

前回の感想

もう少しで主要キャラを失うことなく逃げ切れるところだったのですが、104期生のサシャが退場となる衝撃の展開。
初期からずっといる人物でも平気で退場させてくるところが、進撃の巨人らしいなと感じます。
ギャグ要員であり面白いキャラクターだったので、退場してしまうのはやはり寂しいです。
しかしガビだけを責めることはできません。
彼女もまた被害者であり、ちょうど幼い頃のエレンと同じ境遇にあるからです。
悲劇を繰り返さないためにもガビとファルコには真実を知ってもらって、エルディアとマーレについてもう一度よく考えて欲しいと思います。
 

漫画『進撃の巨人』最新話106話 ネタバレ・考察

 

?ガビは処刑するべき?鎧の継承者は?

サシャは人気キャラクターなので、彼女の命を奪ったガビを許すことができない人は多いでしょう。
しかしガビも被害者であり、もう一人のエレンなのです。
ガビにはエルディアのことを理解してもらい、エルディアとマーレを繋ぐ橋渡しの役割をしてもらうのが最善ではないでしょうか。
処刑するのはエルディアを理解してもらえず、復讐心が変わらなかったときでも遅くありません。
継承の話ですが、ライナーの鎧の巨人を受け継ぐのはファルコがいいと思います。
105話でファルコが、マーレの教育を受けてエルディアを憎んでいたにも関わらず、エレン側の意見を考慮していたからです。
二人が登場したばかりの頃はガビ派でしたが、両方の意見を取り入れ冷静に判断できる可能性があるのはファルコの方なので、ぜひファルコに鎧の巨人を継承していただきたいと考えます。
 

空白の4年間の詳細が明らかに!?

ジークは生きていました。
伏線が露骨だったので、この辺は予想しやすかったのではないでしょうか。
ジャンやハンジの口ぶりからジークは首謀者であり、計画を立てたのもエレンではなくジークのようです。
エレンはジークの計画に乗った形。
しかしそれがリヴァイとハンジの怒りを買うことになりました。
作戦が失敗してエレンが奪われでもしたら、エルディアは為す術なく消滅していたので当然といえば当然です。
信用を失ったエレンは今後、戦闘以外で拘束は解かれないでしょう。
これから調査兵団はジークとエレンそしてガビとファルコをエルディアに連れて帰ることになります。
今後の展開としてはやはり空白の4年間に注目が集まることでしょう。
この4年の間になにがあったのか、どういった経緯でジークとエレンが協力することになったのか。
その詳細が明かされることに期待です。
関連記事:『進撃の巨人』最新107話ネタバレ・考察!ジークの計画が明かされる!?

漫画『進撃の巨人』最新話106話が激アツ!読者の感想・評判は?

 

漫画『進撃の巨人』最新刊を無料で読める方法を限定公開!

進撃の巨人 最新刊 25巻無料 電子書籍

  • 漫画『進撃の巨人』第23巻の内容が気になる!
  • 漫画『進撃の巨人』第24巻が発売される前に第23巻ぐらいから読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『進撃の巨人』を初めから一気に読んでみたい!

そんな方に、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

『進撃の巨人』最新106話ネタバレ・考察!
出典:https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=21484
今回は2018年5月9日発売の別冊マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新106話のネタバレ・考察をお届けしました。
最後の最後にサシャを失ってしまうという悲劇で、マーレ戦は幕を閉じました。
悲しい気持ちは当分続きそうですが、二度と悲劇が起こらないように残った人達には、前を向いて精一杯努力して欲しいところです。
106話の見どころはこちら!

  • ガビとファルコはエルディアを見て何を思うのか
  • ジークが考える計画とは
  • 空白の4年間の詳細が明かされるのか

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回をお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました