Aランク冒険者のスローライフの評判・あらすじ※電子書籍で読める

Aランク冒険者のスローライフの評判・評価、口コミ

今からAランク冒険者のスローライフを読み始めるなら、電子書籍が狙い目となります。

Aランク冒険者のスローライフは名前の通り、スローファンタジーを題材にした作品で、戦いに明け暮れる作品とは違います。

物語の世界は異世界ですが、最強の冒険者となった主人公が昔訪れた村の風景を恋しく思い、花畑の村の住人になるという物語です。

Aランク冒険者のスローライフの評判は、タイトルに偽りのないスローライフぶりで、微笑ましく楽しめる作品との評価がつけられています。

舞台はファンタジーなのに端々にリアリティが感じられるなど、割と親近感を覚えることがある漫画と口コミなどで評判です。

一見すると地味なイメージですが、何気ない暮らしの中に魅力を感じることができる作品だといえます。

シリアスな展開は殆どありませんし、スローライフものとして王道ですから、まったりと漫画を読みたい人に向いています。

殺伐とした展開が苦手だったり、逆に何が起こっても安心して続きが読める作品を求める人にこそ最適です。

まだ巻数が少ないので、知名度は控えめで評価も完全には固まっていませんが、続きを期待させたり出だしの段階で評価を獲得しているのは間違いないです。

絵のクオリティは一定のラインを超えていますし、ページ数も程よいと評判ですから、サクサク読み進められるはずです。

話が進むとヒロインとのイチャイチャシーンも楽しめるので、Aランク冒険者のスローライフは案外隠れファンがいる作品です。

男女4人を中心に平和で幸せな時間が流れる物語ですから、読み終える頃にはささやかな幸せが感じられたりするでしょう。

電子書籍なら今すぐに読み始められますし、手元のスマホやタブレットにパソコンなど、端末によって様々なスタイルで楽しめます。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

Aランク冒険者のスローライフのあらすじ

コミック『Aランク冒険者のスローライフ』は、強さを求め戦いに明け暮れていた冒険者のアルドが、最強種とされる竜を討伐してしまったところからあらすじが始まります。

生きる目的を見失い、生き方というものが分からなくなっていたところ、アルドの脳裏にはかつて訪れたことのある村の風景が現れました。

それはどこまでも際限なく続くかのような花畑で、美しい風景の村でゆっくりと過ごすのも悪くないと考えます。

早速冒険者の引退を決めて、村に移り住み村人になりました。

花に囲まれる木陰でお昼寝をしたり、仲間達と川遊びや可愛い女の子との畑づくりなど、アルドは人間らしい暮らしを手にします。

幸いなことに豊かな自然と温かい村人に恵まれ、アルドはスローライフを満喫することになるのです。

戦うことが目的の人生から、楽しむことを目的とした人生が始まり、自由気ままで幸せに満ち溢れたスローライフファンタジーが幕を開けます。

冒険者としての役割から解放され、単なる村人Aとなりました。

村の生活の中でヒロインのフローラと関係を築き、互いに惹かれ合い結ばれることになります。

同棲を始めてアルドが気がついたのは、家に帰った時に挨拶を交わす相手がいる日常の幸せです。

またトアックやアイシャとの仲も深まって行き、いつしか4人は掛け替えのない間柄になっていくわけです。

森で果物を収穫したりかくれんぼをするアルドの姿は、冒険者だった頃とはまるで別人で、今では心の底から人生を謳歌している村人です。

そんなアルドのもとに、かつて冒険者仲間だった魔法使いのクルネが村を訪れます。

遊び仲間が増えてますます楽しくなりそうな雰囲気ですが、秋の収穫祭に向けた準備中にトラブルが発生することになります。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

Aランク冒険者のスローライフの主要人物紹介

Aランク冒険者のスローライフの主人公アルドは、強さを求め戦うことだけが生きがいでしたが、竜殺しを果たしてからは人生に悩み、生き方を見失ってしまいます。

戦うだけの冒険者から戦いを取ってしまえば、残るのは人生の目的を失ったただの人間です。

悩めるアルドを救うことになったのは、昔訪れたことのある美しい村で、脳裏に焼き付いた花畑が切っ掛けになりました。

長年続けてきた冒険者稼業ではありますが、最早未練はなく引退を決めるのもあっという間です。

村はまさに第二の人生に相応しい場所で、スローライフを満喫するのに理想的な環境です。

戦いを忘れて無邪気に何気ない日常と幸せを楽しむ姿は、読者に力を抜いた人生の楽しみ方というものを教えてくれます。

アルドが村で出会い絆を深めたフローラは、毎日の暮らしの中でアルドに惹かれ、そして共に同棲することを決めます。

挨拶を交わすだけでも幸せを感じるフローラでしたが、アルドもまたフローラに対し特別な愛情を感じることになります。

村育ちで戦いとは無縁ですが、そんなフローラを見てアルドは幸せを分かち合い、守りながら生きて行こうとする原動力を得ます。

つまりフローラは彼にとって、生きる目的や大切な存在になっていきます。

村のトアックやアイシャは、何かと過ごすことの多い遊び仲間で、アルドに田舎暮らしの楽しみ方を教えるお手本でもあります。

個性的で魅力的な2人ですから、作品にとっても読者にとってもなくてはならない存在です。

アルドの冒険者仲間だったクルネは、物珍しい魔法に精通する明るくてコミュ力の高い魔法使いです。

クルネはすっかり村に溶け込み、村人達とスローライフを始めることになります。

村に魔法教室を開き、本格的に村人の一員としての生活を始めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました