社内探偵のあらすじや評判@電子書籍で読める!

社内探偵の評判・評価

「社内探偵」は、かたおかみさお先生・egumi先生によるオフィスを舞台とした漫画です。

厄介な女性社員である飯田に対して、松原をはじめとする多くの女性社員が日々モヤモヤを抱えながら生活していますが、社内探偵こと久我ありさの力で解決に導かれます。

実際にオフィスで起こり得る愛憎劇が描かれており、多くの読者は共感する部分が多いと感じているようです。

漫画の場合は社内探偵の力によって、周囲に迷惑をかけている社員たちが追い込まれていくので、そういった部分にスッキリしたと感じる人が多いと言えます。

5段階評価のうち5をつける人が最も多いのですが、飯田や上司のようないわゆるイヤな登場人物に腹を立てて3や4をつける人も少なくないです。

漫画自体の評価は非常に高く、どこにでも周囲に媚びる人がいることに共感する読者、このように解決に導いてほしいと感じている読者がほとんどだと言えます。

「社内探偵」のように会社の人事問題を気持ちよく解決できることは少ないですが、問題自体は実際に起こりがちな内容であること、同じような悩みを抱えている人が多いことによって口コミ・評判が高いです。

今のところ紙媒体では販売が行われていないようなので、電子書籍で購入して読む必要がありますが、この方法であれば一気読みすることができます。

どの話も気になる部分で終わってしまうので、先が気になって一気読みしてしまう人が非常に多い作品であると知っておきましょう。

人間関係のドロドロした部分が描かれている作品なので、家にそういったコミックを置いておくことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、電子書籍として購入すれば周囲に知られることなくひっそりと読むことができる点も嬉しいポイントです。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

社内探偵のあらすじ

とある会社を舞台として「社内探偵」のストーリーは進みます。

コミックの簡単なあらすじをまとめると、社内の人事に関する問題を久我ありさが解決するというものです。

企画部の松原は後輩である飯田美和に日々迷惑をかけられています。

飯田は些細なことで当日欠勤したり、大量の仕事を松原に押しつけたりするのですが、当の本人は男性社員や上司に媚を売っており、部署内では男性から守られるようにして上手く生きていました。

松原以外の女性社員も飯田やその取り巻きの男性にうんざりしながら仕事を行っているのですが、ある日松原は耐え切れなくなってしまいます。

同僚から噂を聞いていた、社内の人事問題を何とかしてくれる社内探偵を頼ろうとするものの、そこでは自分が思うような依頼ができないことから諦めてしまう松原。

しかし、社内探偵の久我ありさはしっかりと飯田やその周辺の人物を調査しており、話が進むごとに問題のある社員たちを追い詰めていくことができるというストーリーです。

不倫や不正による飯田の昇進など、様々なドロドロとした問題が明るみに出ながらストーリーが進みます。

登場人物に意外なバックグラウンドがあったり、ピンチに思いもよらない人物が手を差し伸べたりするなど、読者の予想を良い意味で裏切るような内容です。

不倫や不正についても思わぬ人が黒幕となっているなど、常に読者を飽きさせない展開となっています。

久我ありさの奮闘や読者を共感させる松原の心情の変化、飯田が今のような状態になってしまった秘密などが詰め込まれているでしょう。

最初の数話では分からなかった衝撃の事実が発覚していくので、最後まで目が離せない展開になっているコミックだと言えます。

電子書籍サイトのおすすめランキング

社内探偵の主要人物紹介

「社内探偵」の主人公は企画一部に所属する女性社員の松原であり、仕事ができる優秀な社員ですが問題児の飯田と上司の若林の間で板挟みになってしまいます。

飯田や若林から仕事を押しつけられても本人たちに怒りをぶつけることがなく、寧ろ指導を諦めない姿勢を持っているので人間性の良さを感じ取ることができるはずです。

久我ありさは人事部に所属して何でも相談の担当者として社員の悩みを聞き、解決に努めています。

驚くほどの情報収集力と洞察力、裏で繋がっている社内探偵の力で問題を解決に導く重要な人物です。

松原の後輩である飯田美和はルックス重視のぶりっ子女性社員であり、仕事をしないことや当日欠勤は当たり前の問題児だと言えます。

休んでいる最中もSNSにキラキラ投稿は欠かさない厄介な女性ですが、部内の男性からは甘やかされており、そういった部分で部内の女性から嫌われているキャラです。

若林は飯田を甘やかして飯田の仕事は松原に投げるという企画部の課長であり、人事異動を提案されても頑なに自分のもとから飯田を離さないほど肩入れしています。

林は企画二部に所属する社員であり、非常に優秀ながらもパワハラ寸前の発言で周りの社員から問題視されている人物です。

久我の提案によって物語の途中から松原や飯田と同じチームに編成されますが、林の歯に衣着せぬ物言いによってチームの雰囲気に変化が訪れます。

他にも久我と同じく何でも相談を担当している町上や人事部の部長である三屋など、物語に大切なキャラクターが多数登場するでしょう。

個性豊かなキャラクターが登場し、それぞれの人物が関わることによって「社内探偵」のストーリーが驚きの方向へと進んでいきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました