ハイキュー!!を読むなら電子書籍がおすすめ@あらすじや評判

ハイキュー!!の評判・評価

ハイキューは、10代前半から20代前半層に支持率のある古舘春一先生の人気漫画です。

バレーボールは多人数スポーツ、その漫画ということもあり、ハイキューには、多数の魅力的なキャラクターが登場します。

女性は学園生活風景や男性キャラクターの魅力を楽しむ傾向、男性は主人公他プレイヤーに自分を重ね、心情に共感しながら読むといった傾向のコミックです。

スポーツファンからの評価・評判は、バレーボール描写の丁寧な描かれ方、プレー中の心理描写、不器用な主人公が成長していく姿などが受け入れられ、人気の高いスポーツコミックと言われています。

キャラクターの良さ、ストーリーテンポも程々に良心的、娯楽として見るスポーツ青春漫画としても口コミなどで高く評価されているコミックです。

ということもあり男性女性、読む年齢層関係なく、人を選ばないトータルバランスの揃ったバレーボール漫画といった口コミ・評判が多かったです。

ハイキューを読むなら電子書籍がおすすめです。

電子書籍版を推す理由は、巻数増といえます。

数十巻のコミックを紙媒体で購入するのは手間がかかり、一冊ずつでは読了後、何度も足繁く書店へ向かうことになるはずです。

なにかと面倒かつ、巻数が長いとコミックの部屋の置き場所にも困ります。

忙しいご時世、シンプルに短時間で読める電子書籍なら、スマートに忙しい隙間時間を上手に埋めてくれるはずです。

また、ハイキューの絵柄は電子書籍で閲覧しても読みやすく、スマートフォンやタブレットなどに最適化されてるようです。

紙媒体で読むのも楽しいですが、瞬時に次の巻を読めて、なおかつ読みやすく、部屋の場所も取らないのであれば、選択肢としては電子版が良いのではないでしょうか。

若年層のスマートフォン率は圧倒的です。同じ端末で同じ雰囲気を楽しむなら、デジタルデバイスが最適といえるはずです。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

ハイキュー!!のあらすじ

ハイキューのあらすじは、身長でハンデとコンプレックスをもつ主人公の少年が、偶然見た自分と同体格の選手の活躍を目の当たりにし、バレーボールは体格だけではないことに感銘を受けるところからはじまります。

一種の洗礼と衝撃を受けた主人公は、その後一層バレーに打ち込むことになります。

主人公の前には、すぐ中学最後の大会が待ち構えています。

ある強豪チームには、主人公のキャラクターと対をなす天才型セッターが所属、対戦となります。

対戦前から火花が散るも、結果は強豪チームの勝利となり、主人公達は敗退に心を痛めつつ、物語の舞台は高校編へと続きます。

主人公は心機一転、高校でもバレー部に所属しますが、最初のお披露目で見知った選手を目にすることになります。

これが中学時代最後の大会で出会った強豪校の天才セッターです。

高校では、努力型主人公と天才型セッター選手を中心としてマネージャ、他の部活員、学園生活や他校バレー部との対戦が繰り広げられます。

敵高校は個性的でユニーク、簡単には主人公たちを勝たせてはくれません。

チームワークを駆使したり時には喧嘩をしたり、大事な場面で味方が怪我をしてピンチに陥ったり、と読者としてハラハラする展開も魅力なバスケコミックと言えるでしょう。

この辺りはスポーツの王道的展開が用意されており、共感性の高い漫画と言われている所以なのかもしれません。

次が読みたくなるよう工夫されている点も見逃せないハイキュー!!のギミックです。

そしてやがてやってくる強大な壁となるライバル高との戦いを通して主人公達が成長していく笑いあり涙あり、ギャグありそして本気ありの読みやすく楽しいけれど、スポーツ独特の厳しさもつまった人気バレーボールコミックです。

電子書籍のおすすめランキング

ハイキュー!!の主要人物紹介

ハイキューの主要人物は、主人公周辺の部員、マネージャーも魅力で溢れています。

キャラクターはバランス良く個性配分がなされ、人物の性格や設定、そのバックボーンなども丹念に描かれているためです。

ハイキューの主人公は努力型かつセンス未知数の日向、ポジションはアタッカーとなります。

物語は彼を軸に、展開していきます。

ハイキューのもうひとりの主人公といえば、天才セッターの影山です。

主人公日向とは対象的に、高身長かつセンスのあるプレイが魅力ですが、愛嬌も持ち合わせる憎めないキャラに描かれています。

澤村は主人公と同バレー部キャプテンで、縁の下の力持ち的人物で、アメとムチを駆使しチームに貢献します。

ただ、真面目な一面だけではなく、くだけた性格も持ち合わせる頼れる兄貴キャラです。

菅原は同バレー部のセッター、影山に隠れて出場出番は少ないものの、影山が疲労で出られないとき、冷静緻密なプレーでチームに貢献するなどチームからの信頼も厚い人物です。

にこやかな性格かつ芯の強い部分も持ち合わせたキャラクターといえます。

東峰は同バレー部部員、癖のあるキャラクターとして描かれており、外見と内面の差が激しくトリッキーな人物です。

優しい反面、メンタルが弱くトラウマにより休部するも、克服し本来の自分を取り戻します。

清水はバレー部のマネージャー、容姿端麗学校で人気ではあるも、そっけなく、バレー部マネージャーも勧誘され自身から率先してではなかったものの、バレー部の生き生きとて必死なプレーに感銘を受け、自身もバレー部のマネージャーとして前向きにチームに貢献していくことになります。

他にも個性的で一筋縄ではいかない魅力的な人物ばかりの漫画です。

ハイキュー!!を読むと必ず共感できるキャラクターに出会えるでしょう。バレーを通して人間関係を通して、目標に向かいながらも喜怒哀楽も楽しめる名作バスケ漫画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました