治癒魔法の間違った使い方の評判・あらすじ※電子書籍で読める!

治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~の評判・評価、口コミ

電子書籍で注目を集めている「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~」は、インターネットで連載されている小説サイトの作品が漫画化されています。

異世界転移物の中でも衝撃的な部分が多く、主人公の兎里だけではなく、一緒に召喚された犬上や龍泉たちがどうなっていくのか気になって、続きを早く読みたくなるという評判が多いです。

実際に読んだ人の意見では、異世界転移物の中でも状況描写がしっかりしており、コメディとしてだけではなく、読みやすいと口コミなどで評価が高い作品となっています。

特に主人公の兎里が気が付いたらなし崩しに巻き込まれていた件だけではなく、そこから負けず嫌いの性格を生かして努力を続けるさまは非常に評価が高く、主人公はどうなっていくのかなどを予想して楽しんでいる人も少なくありません。

漫画化されたことによって小説版よりもコミカルな要素が増えただけでなく、わかりやすさが増したことによって、読者が増えているようです。

主人公の兎里だけでなく、犬上や龍泉たちがどうなっていくのかも楽しみにする人が増えるようになりました。

原作から改めて漫画版を読んでいる人も多く、原作と漫画の違いについて比較しながら楽しんでいる人も多いです。

また、勇者として召喚された人たちだけでなく、異世界の人間たちも個性的な人物が多いです。

救命団の団長として君臨しているローズをはじめ、キャラクターの内面がしっかりしている為、読んでいて違和感がないのも特徴です。

それぞれのキャラクター同士の掛け合いを楽しむだけではなく、魔王達の進行はどうなっているのか、魔王を無事に倒すという目的をどのように達成するかを読み進めながら確認できる作品といえます。

是非、スマホなどでいつでもどこでも読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~のあらすじ

電子コミックで若い世代を中心に人気が高まっている「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~」のあらすじは、オーソドックスな異世界転移からはじまります。

ある雨の日の放課後、一般的高校生の兎里健が傘がなくて困っていたところ、通りがかった犬上鈴音・龍泉一樹から傘を貸してもらい、一緒に帰ることになりました。

途中で急に龍泉と犬上が「鐘の音が聞こえる」といいだした直後、3人の足元に光る魔法陣が現れ、彼らは異世界リングル王国に召喚されます。

リングル国王は彼らに詫び、勇者として魔王を倒してもらえないかと話してきます。

しかし、勇者として呼ばれたのは龍泉・犬上の2人だけでした。

たまたま近くにいたため、兎里は巻き込まれてしまったと判明します。

龍泉たちは王の頼みを聞き、どんな魔法が使えるのか魔法の検査を行うことになりました。

龍泉が光、犬上は雷、そして兎里は治癒魔法が使えると判明しましたが、兎里の使用可能魔法が判明した途端、検査員のウェルシーは慌てて王の間に彼を連れて行きます。

彼が治癒魔法を使えると伝えると王たちも顔色を変えますが、そこに王国救命団の臨時団長であるローズが現れ、彼を強制的に救命団の拠点へ連行していきました。

王宮の騎士たちも恐ろしくて手出しできない人物である彼女の元へ連れていかれた兎里は、彼女の元で治癒魔法使いとして才能を開花させるために、とんでもないことに巻き込まれてしまいます。

龍泉・犬上達が呆然とする中、国王は彼らに王国の救命団について説明をすることになりました。

説明を聞き、2人は心配しますが何もできず、自分たちも勇者として教育されることになります。

彼らが無事に魔王を倒すことができるのか、また、彼らはどれくらい強くなっていくのかを見守ることができる作品です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~の主要キャラクター紹介

「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~」の登場人物は、現代日本人と異世界人とに分かれます。

兎里健(ウサト・ケン):ごく平凡な高校生だったが、たまたま巻き込まれる形で異世界召喚されます。

呼び出されたリングル王国で確認したところ、勇者適正はなく、使用できる魔法の検査をした結果、

治癒魔法が使用可能だと分かりました。国王に報告に行った途端、王国救命団の臨時団長であるローズにつかまり、とんでもない展開に巻き込まれてしまいます。

極度の負けず嫌いで、どんなことがあっても屈しない強さを秘めているのが長所です。

犬上鈴音(イヌガミ・スズネ):兎里・龍泉と同じ学校に通う女子高生です。

彼らよりも1学年上で生徒会長をやっています。頭脳明晰・運動神経抜群・才色兼備とまさにパーフェクトな女子高生であり、男子生徒のあこがれの的でした。

勇者適正を持つため、異世界に召喚されてしまいます。

使用できる魔法は雷属性です。ファンタジーに対してあこがれがあったらしく、召喚されて喜ぶあまり、暴走が目立つようになりました。

龍泉一樹(リュウセン・カズキ):兎里と同じクラスの男子高校生です。

外見・人格共に整っておる生徒会副会長で、男性から見ても完ぺき超人と思われています。

犬上と同様、勇者適正を持つために異世界に召喚されました。使用できる魔法は光属性です。

ロイド・ブルーガスト・リングル:異世界リングル王国の王様です。

魔族の王である魔王が復活したため、最後の手段として勇者召喚を行いました。

巻き込まれただけの兎里に対しても、できるだけ帰れるように方法を探すと約束する、人の良い王様です。

ローズ:リングル王国救命団臨時団長です。

女性で有無をいわせない部分があります。

救命活動に関しては第一人者といってもよい実力の持ち主ですが、部下の指導に大きな問題があるため、王様を含め王宮の人間全体から恐れられている人物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました