錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。の評判※電子書籍で!

スポンサーリンク

錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。の評判・評価、口コミ

「錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。」は、小説家になろうという小説投稿サイトで連載されている小説が漫画化された作品です。

原作者は夏月涼さんであり、漫画の作画は徒楽耀さんが担当しています。構成は黒田ぺすとさん、キャラクター原案はひづきみやさんです。

規格外の能力を持つ主人公と、自重しない主人公に巻き込まれてしまう美少女たちによるスローライフファンタジーとなっています。

主人公が最強設定のストーリーなので、特別な能力を持った主人公が活躍する話が好きな人にピッタリの作品です。

口コミなどの評判が非常に良い作品であり、設定が面白いという声や登場するキャラクターが魅力的という声が多いと言えます。

ファンタジーものにはバトルがメインになる作品が多いですが、この作品の場合はポーションをつくることが得意な主人公が活躍する話なので、バトルが苦手な人でも楽しめるとして評価が高いです。

この作品は紙媒体のコミックでも読むことができますが、それよりも電子書籍で購入することがおすすめだと言えます。

小説版は完結しているもののコミックはまだ完結していないので、電子書籍で購入するようにすれば発売後すぐに購入することができて便利です。

なかなか書店に行くことができない場合でも、自宅などから簡単に購入できるので電子書籍の購入をおすすめします。

ファンタジーものは読み進める中で、過去に登場したキャラクターや能力を参照したくなることもあるはずですが、この方法であればサッと見返すことができる点も大きな魅力です。

「錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。」を何度でも読み直したい場合にも便利なので、電子書籍で購入することを積極的に検討してみると良いでしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。のあらすじ

電子コミック「錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。」のあらすじは、以下のようになっています。

錬金術である主人公のレイスは、自分では当たり前のことだと思って抽出や浄化などの能力を使いながらポーションなどをつくっていました。

あるとき、レイスは病気の妹を助けるために万能薬であるエリクサーを求めているS級冒険者のラフィーと出会います。

スリにあってお金がなくなっていたレイスの空腹状態をラフィーが救ってくれたため、レイスはお礼に彼女の望みであるエリクサーをプレゼントしたのです。

エリクサーは限られた錬金術師が数年に1本つくることができるかどうかという超貴重品だったので、ラフィーは驚くことになります。

その上、レイスは貴重なエリクサーに対して「またいくらでもつくれるから」といった爆弾発言をするのです。

エリクサーをどんどんつくることができるにもかかわらず、レイスはそれによって悪い人たちから狙われるかもしれないという危機感を持っていません。

手持ちのエリクサーを全て売ろうとしたレイスをラフィーが止め、お金がなくて宿もない彼をラフィーは家に泊めることにします。

そこで病気の妹と出会い、彼女たちの目の前で錬金術を行っている様子を披露したところ、やはり規格外の能力を持っていることが分かったのです。

レイスが王都での生活費を稼ぐために依頼をこなす中で個性的なキャラクターと出会ったり、周囲の人々を助けたりしながら話が進んでいきます。

主人公の自重しない能力の発揮によって、登場する美少女キャラクターたちを戸惑わせたり振り回したりしつつストーリーが進むので、「錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。」は目が離すことができない物語だと感じられるはずです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。の主要人物紹介

重要な登場人物としては、主人公のレイスがいます。

王都にやって来た錬金術師であり、一般的な錬金術師では不可能なスピードでポーションなどをつくることが可能です。

優れた能力を持っていますが、そのことに自分では気がついておらず、貴重なエリクサーをまたつくれると発言したり、通常の数百倍の速さでポーションをつくったりします。

自分の能力が規格外であることに気がついていないので周囲が驚くような行動をしてしまうこともありますが、基本的には周囲の人への思いやりを持った優しい青年だと言えるでしょう。

彼が自重せずに能力を発揮することによって、可愛い女の子たちが翻弄する様子を楽しむこともできます。

S級冒険者のラフィーも主要登場人物の1人です。

彼女は、王都に来て空腹で行き倒れていたレイスを助けてあげた少女であり、強く冷静な性格でありながらも自重しない主人公には振り回されてしまいます。

病気の妹と2人で生活をしており、妹の病気を治すためであれば何でもするというほど妹を大切にしている少女です。

シルヴィアはラフィーの妹であり、レイスがつくった薬のおかげで病気が治ってからはレイスの工房づくりの手伝いなどを行います。

大人びて見えますが、ラフィーのことを自慢げに語る様子は年相応の可愛らしさがあり、シルヴィアも魅力的なキャラクターだと言えるでしょう。

他には錬金術を学んでいるデイジー、過去にデイジーと一緒に冒険者をしていたニコラなども主要人物です。

主人公以外は女性キャラクターがほとんどですが、どのキャラクターも可愛らしいだけではなく、物語が進む上で重要な役割を果たしています。

魅力的な登場人物にも注目しながら読むと、より「錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。」を楽しむことができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました