最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうかの評判※電子書籍で読める

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうかの評判・評価、口コミ

漫画「最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか」の評判は、今まで我慢していた主人公の怒りが爆発して感情のままに行動する姿がすっきりするという意見が多くなっています。

よくある悪役令嬢だと思っていたという評価も多いものの、実際に読んでみたらイメージとのギャップではまったという口コミも見られます。

また作品は、電子書籍で気軽に読めるのも魅力の1つです。電子書籍ならスマートフォンやタブレットなどで気軽に読めます。

気になるシーンはアップにして読むなどの自由度が高いのも、作品が人気を集める理由の1つです。

主人公は普通の令嬢ではなく、武闘派侯爵令嬢です。武闘派の主人公が拳を握るシーンやアクションの場面も、電子書籍なら気になるシーンをアップにしてじっくりと読めるというメリットがあげられます。

そして主人公の性格が魅力的だと感じている方も多くいます。

マナーは完璧で容姿も美しいという普通の令嬢なら完璧な主人公、しかし武闘派の一面も持っています。殴りたいから殴るという表と裏がはっきりしている主人公の姿も注目のポイントの1つです。

異世界ものというと、魔法を使って物語が進行していくケースも多く見られます。

その中でも主人公が自分の拳という物理的な手段を使って物事を解決していく様子が新鮮という意見もあります。

魔法に頼るとなんでもありになってしまう展開が多い中、物理の手段だから現実味があって楽しめると考えている方もいます。

勢いのある成敗シーンも読者が考える魅力の1つです。

悪役をボコボコにする主人公の勢いに驚きながらも、嫌な奴を倒していくストーリーがすっきりするという評判もあります。

表紙とのギャップも注目を集めているポイントです。

是非、好きな時に手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうかのあらすじ

漫画「最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか」のあらすじで特徴的なのが、一話冒頭から怒涛の展開になっているという点です。

主人公の令嬢は、第二王子と婚約をしている将来が約束されていた人物でした。将来が約束された環境だった主人公ですが、ある日の舞踏会の最中に、第二王子から婚約破棄を告げられてしまうのです。

婚約破棄を告げられただけではなく、第二王子はあらぬ罪で主人公を追放しようとします。

大勢の貴族たちから糾弾されることになった主人公は、ある言葉を口にします。

そのある言葉というのが、タイトルにもなっている、「最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか」ということです。そのお願いで、「最後に、貴方たちをぶっ飛ばしてもよろしいですか」と口にするのです。

舞踏会の場で婚約の話がなくなった主人公は、武闘派令嬢という形で動き始めます。

ときには宰相の不正の証拠を突き止めるために、奴隷オークションに侵入するのです。

活動する中でさまざまな人を殴って倒す、武闘派の一面を見せながら物語は進行していきます。

国内の敵だけではなく、長年の敵国である帝国の紅天竜騎兵団が目の前に立ちはだかることもあります。

さまざまな問題や敵に直面しながら、主人公がどのように立ち回っていくかもあらすじで注目するべきポイントの1つです。

この漫画に興味を持った場合、電子コミックで読むことが可能になっています。

電子コミックなら紙の本と異なり、購入後に保管場所に困るということはありません。

手持ちのスマートフォンやタブレットで読めるので、移動中の電車内の読書にも活用しやすいという特徴があげられます。自分の好きなように読んで楽しみましょう。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

電子書籍サイト特集ページへ

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうかの主要人物紹介

漫画「最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか」の主人公として登場するのが、公爵令嬢であるスカーレットです。

スカーレットは、王国の第二王子であるカイルとの婚約が決まっていました。

王子との婚約が決まっていたことで、カイルの周りの面倒な人間関係も我慢して生活しているところから物語はスタートします。

婚約者でもある第二王子のカイルは、スカーレットにはおバカだと思われています。

そしてカイルに舞踏会の場で婚約破棄を告げられ、さらにはあらぬ罪を着せられたことで、スカーレットの真の姿が表に出ることになるのです。

カイルの周りの家来からは「氷の薔薇」という名前で呼ばれていました。

しかしスカーレットの以前の二つ名は「狂犬姫」だったのです。狂犬姫の名前の通り、本来の姿を表に出してムカつく相手をぶっ潰すストーリーが始まっていきます。

王子の取り巻きとの争いの後、スカーレットは宰相であるゴドウィンの不正の証拠をつかむために行動していきます。

実は宰相であるゴドウィンには、奴隷オークションに関わっているという噂もあったのです。

スカーレットは奴隷オークションに潜入するなどの方法で、また新たな人物と関わっていくことになります。宰相のゴドウィンのほかにも、敵国のヴァンキッシュ帝国の紅天竜騎兵団も登場します。

このように漫画「最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか」には、主人公であるスカーレットのほかにもさまざまな登場人物がいます。

基本的に主人公の敵として登場する人物が多くなりますが、主人公の兄であるレオナルドや執事のセルバンテスなど味方の立場もいます。味方に支えられながら、主人公は悪に立ち向かっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました