わたしの幸せな結婚【分冊版】の評判やあらすじ※電子書籍で読める

わたしの幸せな結婚【分冊版】の口コミ・評判

わたしの幸せな結婚【分冊版】は、原作顎木あくみ先生、漫画は高坂りと先生が送る和風恋愛ファンタジー作品として現在ガンガンONLINEで連載中です。

人気小説のコミック化ということもあり、元々の「わたしの幸せな結婚」ファンの方はもちろんのこと、コミック版の電子書籍から入りファンになったという方も多いなど、読者層を広げている注目作となっています。

実際にわたしの幸せな結婚【分冊版】を読んだという方の口コミや評判は、王道のシンデレラストーリーでありながらも、作中で重要な要素となる異能者という特殊な事情がストーリーに絡んできます。

なので、先が読めずにハラハラと読み進めたという声も多いほど、集中してのめり込む読者が多い傾向にあります。

小説の雰囲気をそのままに、コミックだからこそ表現できる美しさを高く評価するという読者も多く、昔の日本のような、現代の日本のような少し違う和風ファンタジーであることも、独自の世界観に魅力を感じている読者も少なくありません。

健気で頑張り屋の主人公を応援している人も多く、メインの登場人物2人の関係性が縮まっていく展開は読者側も読んでいて幸せな気持ちになれると評価が高いです。

更に一般的な恋愛作品との違いとして挙げられるのが並行して進む異能の家系同士の争いであり、ストーリーの骨太さも人気の理由に繋がっています。

登場人物が一人ずつキャラクターがきちんと立っており、感情の流れも丁寧なので安心して読み進めることが出来る点も高く評価されていました。

定番の繊細で薄幸な主人公と、冷酷に見えて情に厚い旦那様といった魅力的なキャラクターに加えて、女性に人気が高い大正浪漫風のノスタルジックな世界観を美しく描いているコミック版は、原作を知らない人でも手に取りやすく人気に繋がっています。

それと原作の肝である異能ファンタジーも組み合わさることで、単純な恋愛シンデレラストーリーとはいかない点も読んでいて歯ごたえがあるとして、若い女性を中心に幅広い年齢層の読者層に支持されていることが口コミや評判でわかりました。

電子書籍で読めるので、是非読んでみてください。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

わたしの幸せな結婚【分冊版】のあらすじ

原作小説を漫画化したわたしの幸せな結婚【分冊版】のあらすじは、本作の主人公斎森美世が異能の家系に生まれながらも能力を受け継ぐことが出来ず、能力を開花させた異母妹の斎森香耶によって使用人のように扱われていたところからストーリーが始まります。

能力を受け継がなかったことにより、親にも愛されることなく誰にも必要とされなかった美世は、不遇の環境に身を置くことしか出来ませんでした。

美世によって唯一の味方であった幼馴染も、異母妹と結婚をして家を継ぐことに決まり、自分の居場所すらなくなってしまった美世は邪魔者扱いとして、冷酷無慈悲と噂されていた久堂家に嫁ぐことになります。

わたしの幸せな結婚では、序盤から主人公に辛く当たる家族や異母妹との悲しく辛いシーンが続きますが、このような切ない展開を際立たせたのは作品の脇を固めるキャラクターの立ち位置が影響しています。

主人公である美世の父と母は政略結婚であり、斎森家は歴史のある異能の家系であったことから特殊な血を少しでも濃く保つために縁談を組まれました。

当時美世の父には恋人がいましたが、家の決定に逆らえず政略結婚を受け入れます。愛のない夫婦の間に生まれた美世でしたが、子供が生まれてからはそれなりに愛情を注がれて育ちます。

しかし母が病でこの世を早く去ってしまったことから、父はかつての恋人と再婚し何もかもが変わってしまいました。

継母は父との仲を引き裂いた女の娘である美世を恨み、継母との間に生まれた子供である香耶に愛情を注ぐようになりさらに香耶には異能-見鬼の才-を身に付けたことにより、次第に継母と香耶は美世を見下すようになります。

そして唯一の心の支えであった幼馴染も香耶と結婚することが決まり、美世は斎森家を追い出され資産も権力もある素晴らしい名家ではありますが、冷酷無慈悲と噂の高い九堂家に嫁ぐことが決まります。

ここまでが全体のあらすじとなります。

電子書籍で読むならコチラ

わたしの幸せな結婚【分冊版】の主要人物紹介

電子書籍版のわたしの幸せな結婚【分冊版】に登場する主要人物は大きく分かれて、主人公斎森美世の実家である斎森家の人物と、嫁ぎ先である九堂家の人物がいます。

まず主人公の斎森美世は、歴史的に異能を持つ家柄の出自でありながらも異能の力を持つことが出来ず、さらに実母をなくしてから父の再婚相手である継母と、父と継母の間に生まれた斎森香耶から虐げられて育ちました。

異母妹の斎森香耶は、主人公には授からなかった異能の能力を身に付け、常に姉妹同士で能力の差を比べられるようになることで次第に主人公を見下すようになります。

斎森家と同じく古くから異能を受け継いできた辰石家の次男である幸次は、唯一美世を斎森家の娘として見てくれる幼馴染でしたが、幸次の縁談相手が香耶となり唯一心を許すことが出来るお笹馴染みも奪われてしまいます。

そして美世が嫁入りが決まった九堂家には、冷酷無慈悲と噂の若き軍人である九堂清霞がいました。

九堂清霞は九堂家の当主であり27歳で帝国陸軍の対異特務小隊隊長を務める少佐でもあります。

異能の実力は折り紙つきであり、女性顔負けの美しい美貌と髪の持ち主です。

美世が嫁いできた当初は疑心感から冷たい態度をとりつつも、今までの婚約者とは違う何かを感じ、自分でもらしくないと気づきながら次第に女性に惹かれてきます。

そして九堂家には、清霞が幼い頃から彼の身の回りの世話をしているゆり江という中年の女性がおり、物腰が柔らかく温厚な性格で昔の名残からか清霞を今でも坊っちゃんと呼ぶほどの人物です。

他にも清霞の部下である五道佳斗や、事実上の上司である帝国陸軍参謀本部に勤める軍人の大海渡征など、軍関係者なども多く登場します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました