わたしの幸せな結婚を読むなら電子書籍がおすすめ※あらすじや評判

わたしの幸せな結婚の評判・評価

「わたしの幸せな結婚」はKADOKAWAから出版されている文庫本であり、物語の面白さから漫画化されました。

文庫本はKADOKAWAからですが、漫画はスクウェアエニックスから出ており、電子書籍にて漫画と小説が読めるようになっています。

「わたしの幸せな結婚」は、ストーリーが大変わかりやすくさらに絵が美しいことから女性の評判が大変良く、全体的な評価も常に高い位置にあります。

日本の良き時代を思わせ、その時代にあったシンデレラストーリーの要素と、サスペンス的な要素が盛り込まれているため、主人公が幸せになって行く様子や夫の変化などを知りたいなど、早く続きを読みたいという評価が大変多くなっています。

文庫では4巻までがすでに出版されていますが、1年もたたずに漫画化されており、どのような年代でも楽しめるのが特徴です。

ドキドキするというよりも、主人公のかわいそうな生い立ちに共感する人が大変多いのも特徴であり、主人公を応援する口コミも多くなっています。

この物語の場合、単にかわいそうな少女が幸せになっていくという話ではなく、異能の才能があるのかないのか、その才能はどのようなことをもたらしてしまうのか、などどのような展開になるのかがわかりにくい部分もあります。

そのため次はどうなってしまうのだろうという、続きを早く見たいという口コミ・評判も多いです。

「わたしの幸せな結婚」は魅力的な絵もまた評価が高いポイントとなっており、電子書籍においてもその美しい絵を堪能することができます。

電子書籍であれば、スマートフォンやタブレットなどモバイルから見ることができ、場所をとらないため全巻持ち運びをする必要もなく、いつでも楽しむことが可能です。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

わたしの幸せな結婚のあらすじ

「わたしの幸せな結婚」のコミックのあらすじは、名家である異能の家に産まれながらもその能力を受け継げなかった齊森美世は、実母が亡くなってからというものの、継母と義母妹に虐げられて育ちました。

名家の長女でありながら使用人と同じように扱われており、学問を学ぶことも美しい着物を着ることも許されません。

さらには、義母妹に幼なじみと結婚をし、正式に義母妹が齊森家を継ぐことが確定します。

そのような中19歳になった齊森美世は父親に嫁入りを命じられます。その相手は冷酷無慈悲と噂が高い軍人の、久堂清霞。

久堂は次から次へとくる婚約者候補を目のかたきにし、その婚約者候補は三日と待たずして久堂家から逃げ出してしまったという悪評の持ち主でした。

齊森美世は捨てられる覚悟を決め久堂家に向かいます。

久堂清霞もまた、女など誰でも同じだという目で美世を見て辛く当たりますが、美世の様子を見て次第にどのような育ち方をしたのかが気になり、生い立ちを不憫に思い優しく接するようになります。

次第に美世も決して久堂清霞は冷酷無慈悲ではないことを知り、久堂家に来てよかったと思うようになり、心を通わせていきます。

ですが異能の才能がないことをひけ目に思っている美世は、優しくしてくれる久堂に申し訳ないと思い、異能の才能がないからいつ追い出されても仕方がないとどこかであきらめています。

そのころから夜寝るとうなされるようになり、心も体も衰弱するようになってきました。

久堂はそんな美世を心配しますが、そのことがきっかけで二人の関係はぎくしゃくしてしまいます。

果たして美世は本当に異能の才能がないのでしょうか。そして久堂との結婚は幸せなものとなるのでしょうか。

これは少女が幸せになるまでのストーリーです。

電子書籍サイトのおすすめランキング

わたしの幸せな結婚の主要人物紹介

「わたしの幸せな結婚」の主人公は齊森美世、そして久堂清霞です。

齊森美世は政略結婚によって生まれた子供であり、実母は2歳のときに病気で亡くなっています。

実母は優秀な異能の持ち主でしたが、美世にはその力は見られず、父からも見放されていました。

さらに継母はもともと父と恋人関係であり、美世の母親に引き裂かれてしまったという思いから辛くあたり、齊森家では使用人以下として生活をさせています。

小さいころから虐げられていた結果、自己評価が大変低く、自分は美しくもないし学もないと思い込み、すべてのことを否定的にとらえている女の子です。

ですが決して卑屈になっておらず、少しの幸せでも大きな幸せと感じることができる、美しい心を持っています。

久堂清霞は名家、久堂家の当主です。

久堂家もまた異能を受け継いでいる家であり、冷酷無慈悲と噂されているものの仕事熱心な27歳の軍人です。

冷酷無慈悲と言われているのは、自分の身分を目当てに近寄ってくる女性に対して冷たくあしらうからであり、本来は大変優しい性格の持ち主です。

美世の義母妹である齊森香耶は、見鬼の才という異能を持っており容姿も美しく、要領も良いのですが、小さいころから姉である美世に負けてはいけないと母に言われ続けた結果、姉を姉と思わず使用人として扱うようになります。

美世が手にしているものはすべて欲しい、奪いたいと考えており、美世の幼少期からの唯一の味方であった幼なじみと婚約をしてしまいます。

久堂家の身の回りの世話をしているゆり江は、冷静に物事を見ることができる女性であり、その後美世の理解者となります。

今までの婚約者候補と美世は違うと清霞に進言し、二人をそっと見守る存在です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました