二人は底辺の評判やあらすじ※電子書籍で読める

二人は底辺の口コミ・評判

『二人は底辺』は、『来世は他人がいい』の前日譚です。

紙媒体で読めるのか思いきや、電子書籍でしか販売されておらず、これからも電子書籍でしか読めないようです。

Twitterでも作者の小西明日翔さんが投稿しているので確実だろうと噂されています。

電子書籍で読めるメリットはいつでもどこでも、スマホから読めることです。

『二人は底辺』を読んだ後で、『来世は他人がいい』をすぐに読むこともできます。

紙媒体派からは、電子書籍しかないことを残念に思う声が上がっていますが、前日譚を読むことでより本編が楽しめるためファンからの評価は高いです。

個性的な絵柄と奇抜なキャラクター設定が評判となり、次にくるマンガ大賞コミックス部門でで第1にランクインしたこともあります。

主人公染井吉野に入れ込む翔真との関係性が分かるようになります。

本編では語られない二人のエピソードにファンは興味津々です。

特にまだ13歳の染井吉野がとる言動には、ファンのみんなから良い口コミがあります。

ヤクザの娘だからと言うだけでなく、吉野自身の性質が姉御肌のような態度を取らせるのでしょう。

翔真をかばう吉野はすでに組長や姉さんとして風格が出ています。

スカッとした人も多いはず。

『二人は底辺』を読んだことで、翔真に対する理解が深まり二人の関係性に注目しているファンも多いです。

ストーリーが重いとの口コミがありますが、ファンの間では総じて評価が高い漫画です。

自らを翔真派と呼ぶファンたちにとって、面白いだけでなく特別なエピソードとなったようです。

電子書籍からしから読めない漫画ですが、読んで良かった評判の漫画です。

電子書籍が読める人はこれを機会に読んでみましょう。もし電子書籍派ではない人は、この機会に読んでみて下さい。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

二人は底辺のあらすじ

コミック『二人は底辺』は『来世は他人がいい』の前日譚として語られています。

あらすじですが、主人公染井吉野が13歳、まだ中学生の時のお話です。

ヤクザの娘であった彼女は学校でも浮いた存在でした。吉野は学校で翔真とすれ違い、その後、自宅で再会します。

祖父をビール瓶で殴った翔真は、組員に押さえつけられていました。

すぐには思い出せなかったものの、学校ですれ違ったことを思い出します。

祖父は自分の息子として育てると吉野に伝えます。翔真は吉野の通う学校の三年生、先輩でした。

親身になる染井吉野に対して翔真はそっけない態度を取ります。

無気力でやる気のない翔真は親子関係で問題を抱えていました。親戚にタイラ廻しにされた挙句、父親の元にたどり着いたもののその父親はクズ親父でした。

吉野は心配して食事を届けようと追いかけました。

翔真は父親に出会い、染井組で世話になり金を工面するよう言われます。あまりに勝手な言い分にキレて、持っていたナイフで父親を殺そうとしました。

その場面に居合わせた吉野は仲裁に入ります。

翔真の父親の前に立ち、自分が翔真の代わりに殺すと言い放ちました。

13歳とは思えない吉野の迫力に気圧されますが、同時に抗えない魅力に引き付けられました。父親はヤクザの怖さにビビり、逃げていきます。

染井組にお世話になることになった翔真は、年下の吉野が姉のようにリードする形へと関係性ができていきます。

年齢が上だというのに弟のような役割になっていき本人もそれを受け入れます。

二人の関係性の面白さもこの漫画の魅力でしょう。

吉野と翔真が出会い、二人の関係性が形作られる経緯が語られたお話です。あらすじを読んで興味が出てきたら、コミックを読んでみて下さい。

電子書籍で読むならこちら

二人は底辺の主要人物紹介

『二人は底辺』の主要人物紹介を行います。

まずは主人公である染井吉野は女子中学生です。

まだ13歳という少女のような風貌ですが、この頃から面倒見の良い芯の強い性質が表に出ています。

何しろ父親を殺そうとする翔真に、自分が代わりに殺すと言うぐらいです。

肝のすわった女子中学生です。彼女の言動に痺れたファンも多いでしょう。

ヤクザの娘としての血を濃く引いています。

染井吉野と出会って人生が変わったともいえる翔真は、最初に会った時は狂犬のような目つきをしていました。

自分を受け入れようとする吉野の祖父、蓮司に対しても無気力な調子を隠しません。

自分の父親を恨み殺そうとまでしますが、吉野に止められてやめました。

蓮司の息子となることを受け入れ、染井家の家族となり吉野の弟のような存在になります。

この時の吉野の啖呵ですっかり翔真は忠誠心のようなものが生まれました。この先二人の関係性が変わっていくのかどうか、本編での見どころでもあります。

吉野の祖父であり翔真を息子として受け入れた染井蓮司はヤクザです。

堅気ではありませんが、行くところがなく自分の凶暴性を持て余している翔真のことを、息子として引き受ける面倒見の良さがあります。

吉野が主人公であり、その吉野と出会う翔真とのことがクローズアップされますが、二人が出会ったきかっけは祖父蓮司がいたからこそです。

翔真を引き受けようという蓮司の言葉がなければ、吉野もここまで気にかけなかったかもしれません。

何より染井組の組長です。吉野と翔真の二人にとっても大きな存在でしょう。

主要人物以外にも魅力的なキャラクターはいます。吉野や翔真、蓮司が目立ち輝いているのは、そういった脇役キャラがしっかり固めているからでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました