『七つの大罪』最新277話ネタバレ・考察!メリオダスの計画を阻止できるのか?

『七つの大罪』最新277話ネタバレ・考察!七つの大罪

本記事では、2018年8月8日発売の少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新277話のネタバレ・考察をご紹介していきます。
苦しむマエルを見たくないというタルミエルの優しさが仇となり、作戦は破綻して死の裁きがデリエリを貫きました。
デリエリを失って戒禁回収の条件の一つである、マエルを瀕死にさせることが難しくなってしまいましたが、ゴウセルたちに勝機はあるのでしょうか。
マエルは戒禁に支配されて正気を失っているので、サリエルやタルミエルの説得も虚しく、戦闘は始まってしまいそうです。
最後の希望はエリザベスですが、ついにエリザベスがマエルの前に姿を見せるのでしょうか!?
それでは、漫画『七つの大罪』最新277話のネタバレ・考察を前回のあらすじのおさらいとともに見ていきましょう!
関連記事:『七つの大罪』最新刊32巻発売日はいつ?表紙画像もご紹介

スポンサーリンク

漫画『七つの大罪』前回のあらすじのおさらい

 
介抱しに来てくれたデリエリに対しエリザベスは、エスタロッサがマエルだったと知り涙を流し、どうすればいいかと胸の内を語りました。
取り込んだ戒禁がマエルの絶望と喪失感を増幅し、消し去ることのできない怒りへと変換しており、どうすれば彼を救えるか考えるエリザベスに、モンスピートの仇であるにもかかわらずデリエリは協力すると言います。
「こんな無意味な聖戦は終わらせなきゃなんねえ!まずはマエルを止めてやることがその一歩だろ」と言うとマエルの戒禁を取り除く策を思いついたデリエリは、ゴウセルの下へと飛んでいきました。
戒禁を手放せというサリエルとタルミエルの説得もむなしく、マエルは自分の前に立ちふさがる二人と戦闘を開始する一方で、デリエリはゴウセルに自分の考えをサーチライトで読み取らせ、マエル以外の全員に伝達させます。
まずはキングが手数でマエルを撹乱し意識がそれた瞬間に、マエルの両側をサリエルとタルミエルが全力で抑え、身動きが取れなくなったところを瀕死になるまでデリエリがコンボスターで攻撃し、その隙にゴウセルが戒禁の回収方法を頭から読み取ります。
ゴウセルは戒禁を取り出す呪文を読み取り、作戦は見事に成功したかに思われましたが、苦しむ仲間を見たくないタルミエルが拘束を解き、開放された右手でマエルはデリエリの最後の心臓を貫きました。
 

前回の感想

276話はデリエリ回でしたね!
瞬時に立てた作戦も立派で、マエルをあと一歩のところまで追い詰めることができました。
エリザベスとの会話シーンもかっこよかったですね。
モンスピートの仇よりもエリザベスへの恩義を取ったところが特によかったです。
でもマエルをコンボスターでボコボコにしたのを見ると、ちゃっかりモンスピートの恨みをはらしているんじゃ・・・とも思いました(笑)
残念ながらデリエリは退場となってしまいましたが、彼女の犠牲を無駄にしないためにも戒禁の回収方法を知ったゴウセルには頑張ってもらいたいところです。

漫画『七つの大罪』最新277話 ネタバレ・考察

 

マエルから戒禁を取り出すことは不可能!?

デリエリ発案の作戦でマエルをあと一歩のところまで追い詰めることに成功しましたが、タルミエルが拘束を解いてしまったので、これからマエルの反撃が始まります。
早速反撃を受けたデリエリですが、彼女は過去にインデュラ化しており、元々7つあった心臓も今では一つしか持っていません。
マエルに最後の心臓を貫かれてしまったため、これでデリエリはモンスピート同様退場となってしまいました。
はたしてゴウセルたちはこれからデリエリなしでマエルの暴走を止めることができるのでしょうか。
戒禁の回収方法を習得したゴウセルはデリエリの意志を引き継いで、マエルの戒禁を回収する方針で戦うことになるでしょう。
戒禁の回収には「本人の同意がある場合」か「戦闘不能状態」にある場合のいずれかの条件が必要となります。
マエルは戒禁の影響で正気でなくなっていて同胞の言葉も届かないので、説得は不可能と判断して「戦闘不能状態」を狙うしかありません。
しかし現状の戦力はキング・ゴウセル・サリエル・タルミエルの4人で、タルミエルはもはや戦力になるかも怪しい状態です。
デリエリが追い詰めたときが最後のチャンスだったのかもしれません。
タルミエルが拘束を解かなければと思ってしまいますが、マエルは被害者であり実際に酷い目にあっていたわけですから、タルミエルの気持ちもわかります。
実質3人ではマエルの動きを止めることもままならず、瀕死状態に追い込むことは難しいように思えますが、この危機的状況でマエルと止める方法はあるのでしょうか!?
 

マエルを止めることができるのはエリザベスだけ!

デリエリが退場してしまった今、「戦闘不能状態」にしてマエルから戒禁を奪うことは難しくなってしまいました。
となると残されたのは「本人の同意」を得ること。
望み薄ですが、マエルは話は通じるので交渉すること自体は可能です。
マエルに相当なメリットのある条件をつければ、もしかしたら交渉に応じてくれるかもしれません。
もはやサリエルやタルミエルの言葉は届かないので、エリザベスにかけるしかないのではないでしょうか。

マエルはエリザベスのことを好いているので、エリザベスの言葉ならば聞いてくれる可能性があります。

ゴウセルを破壊されてしまったらその場に呪文を知る者はいなくなってしまうので、ことは一刻を争います。
 

戒禁を奪えればメリオダスの計画を阻止できる

エリザベスはメリオダスに魔神王になってほしくないという思いから、メリオダスが戒禁を集めることを阻止しようと考えています。
ゴウセルが戒禁を取り出す方法を知れたことは、今回のマエル戦以外でも活きてくるのではないでしょうか。
戒禁を取り出す方法を知るのはゼルドリスなど、エリザベスと敵対する側だけでしたから、戒禁を取り込んだメリオダスから戒禁を取り戻す機会があれば必ず役に立つスキルです。
メリオダスから戒禁を取り出すことはできなくても、マエルから回収した戒禁は死守すればメリオダスが魔神王になるという計画は阻止できます。
二人に残された時間はわずかですが、戒禁争奪戦にも注目していきたいところです。
関連記事:『七つの大罪』最新278話ネタバレ・考察!エスカノールが強すぎる?!

漫画『七つの大罪』最新277話に対する読者の感想・評判は?

 

漫画『七つの大罪』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

七つの大罪 ネタバレ 274

  • 漫画『七つの大罪』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『七つの大罪』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『七つの大罪』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。
映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。
そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。
私も無料トライアル期間という事で登録してみました!
そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。
また、読める漫画の種類も大変豊富で、品揃いには定評があります。
何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。
U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。
ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。
花園メリーゴーランド ネタバレ最終回
 

まとめ

『七つの大罪』最新277話ネタバレ・考察!
出典:https://natalie.mu/comic/news/289214
今回は2018年8月8日発売の少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新277話のネタバレ・考察をお届けしました。
タルミエルの優しさがつけ入る隙を生み、デリエリを失う結果となってしまいました。
デリエリのおかげで戒禁の回収方法は習得できたので、必ず勝機は見つかることでしょう。
次回の見どころはこちらです!

  • マエルとキングたちの戦闘
  • エリザベスがマエルを止める!?
  • メリオダスの動向

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回をお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました