七つの大罪 最新248話ネタバレ・感想!七つの大罪の命の危機!

七つの大罪 248話 ネタバレ七つの大罪

漫画『七つの大罪』最新248話のネタバレ・感想をご紹介していきます。
前回では、いきなり謎でしたね。
エスタロッサはエスカノールとの戦いに敗れ、昏睡状態になっていましたね。
そこで夢を見ていましたが、以前にエリザベスの夢にエスタロッサが出てきたこともありましたし、絶対に2人は何かしらの関係があると思いますね。
今のところは不明ですが。
それでは早速、漫画『七つの大罪』最新248話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。
関連記事:七つの大罪をzip・rarで全巻無料ダウンロードするよりコレ!

漫画『七つの大罪』 前回のあらすじのおさらい


ゼルドリス と エスタロッサ を手玉にとる、メリオダス!!
感情を対価に…英雄は力を手に入れた…!!
メリオダスの闇の力…!!!
「メキメキ メキメキ 」と…ゼルドリス&エスタロッサ の2人を圧倒的な力で、地面に押しつけている!!
エリザベス:『 メリオダス やめて!!これ以上続けたら… 』
エリザベスの言葉で、攻撃を解除するメリオダス!!
すぐさま起き上がったエスタロッサは喜んでいた。
エスタロッサ:『 アンタは たしかにあの メリオダスだ 』
エスタロッサ:『 次期魔神王と噂され〈四大天使〉すら畏れた俺の憧れの兄貴だよ!! 』
エスタロッサはメリオダスを認めた様子…!!
だが… エスタロッサの瞳にはエリザベスの姿 が映っている…。
ゼルドリス:『 ふざけるな エスタロッサ兄者が認めても俺は 認めんぞ!! 』
「ギリッ」と歯を噛みしめるゼルドリス…。
ゼルドリス:『 メリオダス…!!貴様が魔神王の力を求める理由は所詮 』
『 その女と 自分にかけられた 呪いを解くためだろう!! 』
当然、メリオダスは そのために来た!!
ゼルドリスが魔神王から借り受けた魔力を奪う為に訪れた…だが 実際にゼルドリスと戦ってみて、借り物の魔力を奪ったところで呪いを解く力はない ことを確信する。
圧倒的な力を見せつけられても…メリオダスを認めないゼルドリス…!!!
ゼルドリス:『 魔神王になるのはこの俺だーーーー!!! 』
正面から メリオダスに猛攻をしかける!!!
ゼルドリスのこの攻撃を、片手で防ぎきるメリオダス!!!
メリオダス達の背後からは、隙をついた エスタロッサ が…エリザベスを狙って忍び込んで来ていた!!!
だが、メリオダスは気づいており、もう片方の腕で、簡単に阻止してしまう!!
そして 次の瞬間… メリオダスは、ゼルドリス腕をつかみ背後へ回り込む!!
動きを封じたメリオダス!!
ゼルドリスに語りかける!!
メリオダス:『 ゼルドリス お前が魔神王にこだわる理由 はわかっている 』
ゼルドリス:『 黙れ…!!! 』
メリオダスは、ゼルドリスの耳元で 何か をささやく…!
メリオダスは、何を言ったのか…
激怒していたゼルドリスが落ち着く…。
手を放すメリオダス。
ゼルドリスは少しの間、黙り込む…。
ゼルドリス:『・・・ ・・・ ・・・』
ゼルドリス:『・・・ ・・・ ・・・』
エスタロッサ:『 ……? 』
キューザック:『 ゼ… ゼルドリス様…どうされました? 』
しばらく沈黙後…口を開いたゼルドリス…!!
ゼルドリス:『 いいだろう貴様に協力してやる… 』
『 …正直 気は進まんがな 』
キューザック:『 !!? 』
驚きを隠せないキューザック!!!
エスタロッサ:『 どういう風の吹き回しだ?はっは 脅迫でもされたか? 』
メリオダスの言葉 を聞いて…
結託した様子の メリオダス&ゼルドリス!!!
キューザック:『 ? ・・・? 』
キューザックには、現状が把握できていない!!
ゼルドリス:『 …だが 貴様の言う通り俺の魔力を手にした所で魔神王(ちちうえ)の力には及ぶまいそれとも 魔神王の域に達するまで 鍛錬でもするか? 』
3日の猶予もないメリオダスとエリザベス。
メリオダスは語りだす…!!!
かつて魔神王は魔界を支配するために下僕(しもべ)に自らの力の半分 を分け与え…一気に制圧しようと計画する。
だが 強大すぎる力は…己の地位すら脅かしかねないため、一人に強大な力が渡らぬように…その力を、十片に分け… 十人の戦士に与えた…!!
メリオダス:『 それが〈十戒〉だ 』
メリオダスは、話をしたうえで、ゼルドリスとエスタロッサの2人に…、『 全ての戒禁(かいごん)を回収して来てもらいてえ 』
…と、頼む…!!!
そして…その戒禁の全てをメリオダス自身が吸収 すれば、魔神王と同等の力 を得ることができることを伝える!!
それぞれが困惑している中…チャンドラーだけは笑顔を見せている!!!
だが、そもそも “戒禁” を回収できることを、エスタロッサは知らなかった。
回収の仕方を知っているゼルドリスは、すでに回収していた “戒禁” を見せる。
ゼルドリス:『 裏切ったゴウセル…グロキシニア… ドロールの戒禁はすでに 回収済みだ 』
エスタロッサ:『 面白え… さっさと俺にも回収法を教えろ 』
すると… ゼルドリスは、エスタロッサに向けて 構えを取る!!!
エスタロッサ:『 オイ 何の真似だ?ゼル… まさか俺の戒禁を… 』
呪文を唱えるゼルドリス!!!
ゼルドリス:『 ヲズン・メイヘン・カ 』
『 イシュマ・ 』
『 ノ・ジメウ!! 』
ゼルドリスの拳が光輝く…!!
エスタロッサ:『 う… おおお!!? 』
『 ・・・・・・? 』
『 …何も起きねえぞ? 』
ゼルドリス:『 …戒禁の回収 には本人の同意がある場合戦闘不能状態にある場合いずれかの条件が 必要だ 』
エスタロッサ:『 …それを先に言えよ驚かせやがって 』
ゼルドリス:『 だが どうする メリオダス? 』
ゼルドリスが回収した “戒禁” は…
魔神王への忠誠心がなかったゴウセル、グロキシニア、ドロールの特殊なケースであり、基本は皆、魔神王に強い忠誠を誓っている ため…拒まれれば当然奪うことができない!!!
エスタロッサ:『 なあ 』
『 …ころしても奪えんのか? 』
ゼルドリス:『 ・・・何!? 』
メリオダス:『 ・・・! 』
2人がエスタロッサを睨み付ける!!!
エスタロッサ:『 …いや 言い方が悪かったな…ホラ あれだもしも誰かにやられていた場合って 言いたかったんだ 』
ゼルドリスは、答える!!
仮に〈十戒〉が命を落とせば…
戒禁は留まっているだけで、はがすのは簡単。
現時点で、消息がわからないのはガラン・メラスキュラ・グレイロード の3人。
メリオダス:『 グレイロードなら〈七つの大罪〉マーリンが倒した 』
ゼルドリス:『 何? 』
この時のために、 “戒禁” は すでにメリオダスが回収済みだった!!!
メリオダスは、まだ消息がわかっていない、メラスキュラとガランの戒禁を2人に捜し出すように頼む。
エスタロッサ:『 自分は高みの見物で俺らにお使いさせる気か? 』
メリオダス:『 魔神族の裏切り者に 戒禁をおとなしく渡す奴がいると思うか? 』
『 だから お前らに任せんだ…頼んだぜ 二人共 』
そして…
“戒禁” の回収に向かおうとするゼルドリス&エスタロッサの2人!!
ゼルドリス:『 念のために言っておくぞエスタロッサくれぐれも 回収した戒禁を取り込もうなどと考えるな 』
エスタロッサ:『・・・・・』
ゼルドリス:『 行くぞ 』
その頃…
〈豚の帽子〉亭 では…!!!
ホークママは前進している!!
「煉獄」へ行った バンを心配するエレイン…。
なぐさめきれていない キング…。
キングにかわり、安心させるディアンヌ!!
メリオダスとエリザベス、そして、ゴウセルの心配をするエスカノール!
マーリンは グレイロードの “戒禁” がメリオダスに奪われていることに、たった今、気が付いた。
マーリン自身が気絶して介抱されていた時だと確信。
そして…近づいて来る魔力の気配 を感じ取る!!!
マーリン:『 強大な魔力が接近してくる…!! 』
戒禁を求め、強者二人が動き出す!!
「信仰」の戒禁を持つ〈七つの大罪〉に、襲撃の危機迫る!!
回収は生し問わず…。
こぼれる微笑は不穏の予兆!
 

前回の感想

戒禁集めに出発したゼルドリスとエスタロッサですが、向かった先はいきなり豚の帽子亭!
マーリンがメラスキュラを所持しているからですね。
この2人が来たらどうしようもないでしょう。
次回タイトル「ボクたちの選択」という事でどうなってしまう事やら・・・・・
「ボク」という表記からディアンヌ?という事が伺えます。

漫画『七つの大罪』 第248話 ネタバレ

逃走は不可能?!

ゼルドリスの闘級は6万1千。
加えてエスタロッサは6万。
また、この2人に限っていうと戒禁がかなり厄介。
ゼルドリスの敬神は、背を向けたものを強制的に服従させる能力。
となれば、ゼルドリスを前にしては逃げる事はできません。
そしてエスタロッサの慈愛は、憎悪を抱くものを無力化してしまうというもの。
あまりにも強すぎる…。
以前のリオネス城でもエスカノール意外は手を出すことすらできずにいました。
となれば、今回のこの2人の襲撃では、一方的な虐サツになるとも考えられるでしょう。
更に、煽りでは生シを問わないといった文字。
誰かがシんでしまうのか?
 

七つの大罪

七つの大罪はキングが今のところ最高で4万1600、ディアンヌが最高で4万8000。
ゴウセルは3万5400だと確認され、バンは恐らく一万以下。
マーリンは不明で(判明している数値は古いもので4710)エスカノールが11万4000以上。
そして、残念ながらゴウセルは戦闘不能状態ですし、
エスカノールもまたダメージがどの程度残っているのか分かりません。
となれば、エスカノールについてはメリオダス戦の時のような期待はできないでしょうか…。
もちろん、正午になれば1分間だけ無敵の権化になれますし、それでメリオダスを
倒している訳ですから、その状態になれるのなら何とか勝てる可能性もあります。
ただ、描写としては正午から程遠い夜の状態。
以前には、バイゼル喧嘩祭で夜の状態でも筋骨隆々な姿になっていましたが、
それでも闘級は2万8800程でした。
となると、新技でもない限りはもう凌ぐ術はありません。
このままだとかなり危うい。
 

交渉する

このまま闘えば、七つの大罪の誰かがシんでもおかしくはありません。
しかし、七つの大罪というとタイトルでもあります。
誰かが欠けるような展開は考えづらい。
となれば、その場を脱する手段としてマーリンが何か交渉を持ちかけそうなところ。
以前にもガラン戦で危機に陥ったときに同じ手法を取っています。
ただ、残念ながらそれが嘘であったためにガランの戒禁”真実”にかかり石化しています。
また同じ展開となるか…?
しかし、今回でいうと、ゼルドリスとエスタロッサが欲しているのはあくまでメラスキュラの戒禁。
もしかしたら、穏便に済む可能性もあるでしょう。
後はバンが煉獄で魔神王からメリオダスの感情を取り戻そうともしていますが、
その事とも関わってくるかもしれません。
例えば、今のメリオダスが邪魔だというのなら、あえて感情を取り戻させ、弱体化をはかることだってできるでしょうか。
また、ガランの行方も分からずにいますから、その情報もまた貴重でしょう。
バンゼルドリスとエスタロッサを戦いにおいて倒すのであれば、期待されるのは
バンでしょうか。
煉獄の説明では、一分の時を1時間に変えといったものもありました。
だとしたら、場所によってはその間逆が起こりえるのかもしれません。
そう考えると、たかだか数時間しか立っていないはずが、バンは数年立った状態で
帰還してくるのかもしれません。
そうなれば、バンもやっと活躍。
ただ、ゼルドリスとエスタロッサが戒禁を回収できないと今度はエリザベスの命が危険になりますから、どうなるにしても戒禁は回収されるでしょうか?
しかし、七つの大罪の命の危機についてはバンが救う可能性もありそうです。
では、どんな展開が最も盛り上がるのか?
斜め上の展開を描くことが多いので、これまた続きに注目!
関連記事:七つの大罪249話ネタバレ・考察!マーリンが出す取引の内容とは?!
関連記事:七つの大罪ネタバレ最新250話!エスタロッサとキューザックの動向が明らかに!

漫画『七つの大罪』 面白い?最近の評判・感想は?


 

まとめ

七つの大罪 248話 ネタバレ
出典:https://twitter.com/CrokeMadelyn/status/616467598759170048/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fsearch%3Fq%3D%25E4%25B8%2583%25E3%2581%25A4%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%25A7%25E7%25BD%25AA
漫画『七つの大罪』最新248話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?
このまま闘えば、七つの大罪の誰かが死んでしまうような気がしますね。
しかし、もし誰か死んだらタイトル変更になっちゃいますからね!笑
誰かが欠けるような展開は考えづらいとしても、この先がどうなるのか予想しずらいですね~
七つの大罪の命の危機についてはバンが救う可能性があるような気がしますが、次回に期待しましょう!
それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
良かったら、いいねボタンを押して頂けると幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました