八歳から始まる神々の使徒の転生生活の評判・あらすじ※読むなら電子書籍

八歳から始まる神々の使徒の転生生活の評判・評価、口コミ

「八歳から始まる神々の使徒の転生生活」は、小説家になろうという小説投稿サイトにて連載されていた小説が漫画化されたものです。

えぞぎんぎつねさんが原作を担当しており、藻さんがキャラクター原案、春夏冬アタルさんが漫画を担当しています。

評判はとても良く、転生ものが好きな人から口コミなどで高い評価を得ている作品です。

主人公が強すぎる、ご都合主義などという意見もありますが、これはそもそも転生ものについて詳しくない人の意見なので気にする必要はないでしょう。

普段から転生ものを楽しんでいる人の多くは、王道だけれどユニークな設定で面白い、登場するキャラクターが魅力的、絵柄が安定しているので読みやすいといった感想を持っています。

モフモフした動物や可愛いスライムも登場するので、こういったキャラクターが登場するファンタジーや冒険ものが好きな人にもおすすめです。

この作品は紙媒体のコミックで読むこともできますが、電子書籍で読むことがおすすめだと言えます。

小説版の連載はまだ終わっていませんので、今後ストーリーがどこまで続いていくのか見当がつかず、コミック版も巻数が多くなってしまう可能性があります。

連載が続く中で人気が高まると紙媒体のコミックが手に入りにくいという問題が起きますし、巻数が増えると収納スペースに困るという問題も生じがちです。

こういった心配をすることなく物語を楽しみたいと考えるのであれば、最初から気軽に利用できる電子書籍を選択することがおすすめだと言えるでしょう。

電子書籍であれば今すぐにでも読み始めることができますし、自宅以外でもこの漫画が楽しめます。

転生ものや可愛い絵柄の冒険ファンタジーが好きな場合は、「八歳から始まる神々の使徒の転生生活」を電子書籍で読んでみると良いでしょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

八歳から始まる神々の使徒の転生生活のあらすじ

「八歳から始まる神々の使徒の転生生活」の電子コミックのあらすじは、以下のようになっています。

物語は最強の老賢者であるエデルファスが死亡するところから始まり、厄災の獣を倒す最中に仲間をかばったことでエデルファスは死亡するのです。

一緒に戦ってきた仲間に惜しまれながら死亡するのですが、エデルファスが次に意識を取り戻したときには女神から呼びかけられています。

女神は、彼が人族でありながら厄災の獣を撃退した貢献を認め、神の座に迎えるためにやって来たのです。

しかし、エデルファスは会話の中で厄災の獣が消滅していないことに気づきます。

自分たちが消滅させたと思っていた獣が実は滅んでおらず、悔いが残る人生だと感じるようになりました。そこで、女神に頼んで転生することにし、神々から修業を受けた上で転生します。

100年後の世界に転生したエデルファスは、ウィルという名前の少年として生活する中で前世の記憶がよみがえりました。

両親が亡くなって親戚に引き取られたウィルは自分の能力を隠して親戚から虐げられながら日々を送っていましたが、記憶が戻ってからは自分の過去の仲間であった賢人会議のメンバーに会うために勇者の学院への入学を目指します。

入学試験の実技試験では親戚の兄弟と戦いますが、もちろんウィルの圧勝です。

親戚の兄弟2人は見るに堪えないような失態を犯しながらウィルに破れることになりました。

その後は過去の弟子であり仲間である賢人会議のメンバーと再会したり、様々なトラブルに見舞われたりするものの、持ち前の素晴らしい力を発揮して転生後の世界で無双していくでしょう。

ウィルの活躍や仲間たちとの関係から、目が離すことができないストーリーになっています。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

八歳から始まる神々の使徒の転生生活の主要人物紹介

最も重要な登場人物は主人公のウィル・ヴォルムスです。

彼は8歳ですが、8歳の誕生日を迎えたときに老賢者エデルファスの生まれ変わりであることを思い出します。

エデルファスは転生後の世界で賢人会議メンバーとして活躍している強者たちを育てた師匠であり、その弟子たちと厄災の獣を消滅させようとしたときに相打ちという形で死亡しました。

ウィルは8歳でありながらたくさんの能力が備わった少年ですが、両親から体術を習っていただけではなく、ウィルとして転生する前に神々と厳しい修行をしていたことも影響しています。

妹や周囲の人を思いやる心を持った優しい少年であり、本家に引き取られて親戚兄弟から虐げられても反撃することなく、能力を巧みに使いながら日々を過ごしていました。

記憶が戻ってからは勇者の学院に入学すると決意し、見事合格します。それからも持ち前の能力を上手に使いつつ、様々な困難に立ち向かっていく少年です。

エデルファスの弟子でありながら賢人会議のメンバーになっている人物にはゼノビア、レジーナ、ミルト、ディオンがいます。

それぞれ違った力を持つ勇者たちですが、いずれも神の寵愛を受けた素晴らしい力を持ったキャラクターたちです。

師匠であるエデルファスを慕っており、転生後のウィルとも様々な関わりがあります。

他にはウィルの妹であるサリア、ウィルとサリアのペットである犬のルンルンとスライムも主要な登場キャラクターであり、可愛らしいことから人気が高いです。

また、エデルファスを転生させた女神、ゼノビアの弟子であるアルティ、ウィルを敵対視している親戚のダナンとイヴァンなどが登場します。

どのキャラクターも個性的であり、物語の展開に関係する重要な人物ばかりだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました