転生幼女はあきらめないの評判・あらすじ※読むなら電子書籍!

転生幼女はあきらめないの評判・評価、口コミ

気軽に読める漫画として人気があり、電子書籍としても好調なセールスを記録しています。

タイトルに「幼女」と入っているため、マニアックな内容かと思われがちですが、実際にそのようなことはありません。

転生モノを初めて読む人にも口コミなどで高い評価を得ています。

また、転生モノをたくさん読んでいる人にもウケがよいのですが、その理由は一般的な設定とは大きく異なる点が挙げられます。

前世であまり活躍していなかった主人公が、生まれ変わった後は無双できる能力を手に入れるのが転生モノの王道です。

その能力で無双することが爽快なのですが、こちらの漫画はそのようなありきたりな話ではなく、かなり困難なスタートを切ることになります。

このような従来のお約束を裏切る展開により、転生モノに飽き始めている人すら引きつけるというわけです。

普通なら投げ出してしまいそうな境遇から開始した後、それを打開するために奮闘する点も評判の良さにつながっています。

もちろんキャラクターの魅力も大きく関係しており、主人公の成長を見守りたいという気持ちになる人が多いです。

近年、女の子がアイドルとして成長していくアニメが多くなりましたが、この作品ではその舞台が異世界になったといえます。

そのため、前述のアニメファンのなかにも興味を示す人が少なくありません。

さらに、女性の間でも人気が高いという点が大きな特徴です。

ファンタジーとしては雰囲気がとても和やかで、描写にもメルヘンチックな要素が含まれています。読んでいて微笑ましいという感想も多く、現代風の童話のような感覚で楽しめるという点も魅力です。

一部残酷な描写もありますが、表現が基本的にマイルドであるため、気負わずに読み進められるという人も多く見られます。

是非、いつでもスマホなどで気軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

転生幼女はあきらめないのあらすじ

異世界に転生した主人公の年齢は1歳であり、さまざまな困難な出来事が待ち構えていました。

幼女には非常につらい状況ですが、決して悲観的になることはなく、前向きに頑張っていくことになります。

とはいえ、生まれた家自体はかなり恵まれていました。

その異世界では有名な貴族であり、普通に考えると不自由のない生活を送れるはずです。でも、そのような展開にならなかったのには深刻な理由があります。

それは誕生するときに母親が亡くなってしまったことです。

父親に愛されることなく、序盤のあらすじだけ見るとかなりハードな物語といえます。しかし、電子コミックですらすら読めるほどライトな空気感で進むので安心してください。

この最初の悲壮な設定があるからこそ、主人公のバイタリティや明るさが際立つことになるのです。

主人公は愛らしさという強い武器を持っており、次第に周囲のアイドルのような存在になり上がっていきます。

魔法が普通に使われる異世界にも馴染み、日々の暮らしを楽しめるようになってきました。

ところが、そのような順風満帆なストーリーが続くわけではありません。多くの人から愛されるようになっても、ハードモードの人生は続くことになります。

たとえば、誘拐されたり謎の敵に襲われたりするのです。

生き残りはするものの、親しかった人たちとは離ればなれになってしまいます。

行きついた先にも当然案平穏な日々はなく、いろいろな事件に巻き込まれていくという有様です。

しかし、やはり主人公はその状況でも諦めようとはしません。

その環境に適応して、楽しく暮らせるように奮闘していくのです。自らの出自と向き合っていく真面目さも持ち合わせており、前向きな気持ちになりたい人にぴったりなストーリーが続きます。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

転生幼女はあきらめないの主要人物紹介

この作品の主人公である「リーリア」は、どのような過酷な状況になっても諦めません。作中のどの登場人物よりも努力家であることが最大の特徴です。

まさに心が肉体を突き進ませており、四つん這いで歩いているときから不屈の精神で頑張っています。

強さだけでなく可愛さも大きな武器となっており、家族と再会するシーンなどは感動を誘います。

そのような人物だからこそ、周囲の人たちもいつの間にか彼女に魅かれていくことになるのです。

また、家族は平凡な人物に見えかねない描写も多いですが実際はかなり有能です。

特に序盤の父親は無能のような振る舞いものありますが、しばらくすると並外れた才覚を見せるようになります。兄も同様であり、一般人とはかけ離れたスペックを誇っているのです。

その他の主要な登場人物としては、この家に仕えている執事たちが挙げられます。

執事のなかで特に存在感が強いのは「セバス」と「ジュード」です。

前者はリーリアを抱いて可愛がるシーンが特徴的で、生まれたばかりの彼女に対しても和やかに話してくれました。

セバスもジュードも保護者みたいな視点で彼女を見守ってきました。

彼女は父親に嫌われていたので、他の人からも見放されているように思える状況でしたが、彼たちはいつも彼女のことを気にかけていたのです。

作品出版時の書き下ろしには、その頃の様子をジュードの視点で振り返る話が盛り込まれています。

その描写によってリーリアに対する優しさが強く感じられます。

執事の筆頭という立場であるため、彼女が頼りにする場面も多いです。

普段は会計の仕事を任せており全幅の信頼を置いています。

さらに、異世界の常識に疎い彼女に対して、社交関連の指導をするのも彼の役割の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました