契約婚~目が覚めたら結婚してました~の評判・あらすじ※電子書籍で読める

スポンサーリンク

契約婚~目が覚めたら結婚してました~の評判・評価、口コミ

「契約婚~目が覚めたら結婚してました~」は原作を日向柚希さん、作画をほり恵利織さんが担当している女性向け漫画です。

ある日、主人公の咲穂が目覚めると、部屋にはイケメンの男性がいました。

彼女は酔った勢いでバーで出会った男性に求婚し、父親の言いなりになりたくなかった男は都合が良いと考えて結婚することに決めたのです。

お酒に酔って求婚するなんてあり得ない、しかもそのことを覚えていないなんてひどいなどの口コミや声も見られます。

ですが、反対にお酒を飲むと抜けてしまう主人公がどこか憎めないという声のほうが多いと言えます。

咲穂が結婚することになった由貴は長身で仕事をバリバリこなすイケメンであり、由貴がカッコイイという感想も多くみられました。

主人公に対して最初はとんでもないと感じる人もいるようですが、読み続けているうちにふたりの絆が深まっていく様子にハマってしまう人も多いようです。

この漫画はなかなか評価が高く、特に恋をしたい女性からの評判が高いと言えます。

読みたいと考える人もいるかもしれませんが、この漫画は現在電子書籍のみでの販売となっているようなので注意が必要です。

ネットショップや書店で探しても見つからないはずなので、購入するときは電子書籍販売サイトを利用するようにしてください。

多くの発刊があり、販売されていますが、電子書籍なので本棚のスペースを圧迫することなくこの漫画を楽しむことができる点が嬉しいポイントでしょう。

新刊が発売したときにも書店に行かずにすぐ入手することができるので便利です。

目が覚めたら結婚しているというユニークな話の展開が気になる人、きゅんきゅんする話が読みたい人は電子書籍をチェックしてみましょう。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

契約婚~目が覚めたら結婚してました~のあらすじ

電子コミック「契約婚~目が覚めたら結婚してました~」のあらすじは、以下のようになっています。

主人公の咲穂は、自分と同じように彼氏がいない学生時代友人である容子と仲良くしていました。

咲穂は遠距離の彼氏と別れたばかりであったこともあり、男はもうこりごりと思っていたのですが、ある日容子から結婚すると告げられたのです。

お見合いパーティーで知り合った男性とトントン拍子に結婚の話が進んでしまった容子は、親友である咲穂に婚姻届けの証人をお願いしました。

咲穂は証人となるのですが、容子はなんと自分の名前を証人欄に記入した婚姻届けを咲穂にプレゼントしたのです。

婚姻届けを受け取った咲穂はバーでひとりで飲み直していたのですが、やけ酒の結果、常連である由貴に愚痴を聞いてもらい、さらには結婚しようと言い出しました。

父親からしつこく結婚しろと言われていた由貴は好都合だと考え、そのまま婚姻届けを作成し、翌朝咲穂が起きたときには彼のベッドだったというわけです。

しかしながら、由貴はただ父親への反感心から結婚したわけではありませんでした。

結婚してしまう親友にショックを受けて情けない姿をさらす咲穂、甘えるように話しかけてくる咲穂に由貴は心を動かされていたのです。

気持ちが追いついていない咲穂を逃がさないようにと由貴は外堀を埋めつつ、ふたりの仲は少しずつ進展していきます。

両親への挨拶をしたり一緒に住んだりなど、様々なイベントや困難を乗り越えながらふたりの関係性も当初とは少しずつ変わっていく様子が分かるはずです。

目が覚めたら結婚相手がいるというびっくりするような場面から物語がスタートしますが、読み進めるときゅんきゅんとするようなストーリーを楽しむことができます。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

契約婚~目が覚めたら結婚してました~の主要キャラクター紹介

「契約婚~目が覚めたら結婚してました~」の主人公は茅原咲穂という28歳の女性です。

遠距離恋愛をしていた彼氏と別れてから男はいらないと考えていたものの、親にうるさく言われるだけではなく、会社の後輩にも先を越される状況に焦る気持ちはありました。

そんなとき、独身仲間である親友まで結婚を決めてしまい、焦りはピークに達してしまいます。

お酒を飲んでしまうと大胆な言動をしますが、親友のことを大切にしたり、飲んでソファで寝落ちしている由貴のお世話をしようとしたりする優しい女性です。

抜けているところはありますが、根は素直で優しい人物であることが分かるでしょう。

各務由貴も主要キャラクターであり、主人公の結婚相手となる男性だと言えます。

父親とは折り合いが悪く、父から紹介される女性と結婚するくらいなら咲穂と結婚しようと考えるような男性です。

これだけ聞くと咲穂を利用しているように感じるかもしれませんが、たまたまバーで出会った彼女の言動が可愛く感じられてしまい、しっかりと好意を持っています。

結婚の話が上手く進むように外堀を埋めるような策士であり、仕事もバリバリこなすようなデキる男です。

他にも重要なキャラクターはたくさんいます。

川崎容子は咲穂の学生時代の友人であり、咲穂とは独身仲間でした。

咲穂に自分の署名入りの婚姻届けをプレゼントしてしまうようなところはありますが、親友を思う気持ちは非常に強く、咲穂のことをとても大切にしている女性だと言えます。

咲穂と由貴が出会ったバーのマスターである神崎さん、咲穂と由貴の両親、会社の同僚など色々なキャラクターが登場します。

それぞれ物語において重要な役割を果たしているのでチェックしながら読むことがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました