アオアシの評判・あらすじ!電子書籍で読むのがおすすめ

アオアシの評判・評価、口コミ

アオアシというユースのサッカーが題材になっている電子書籍の漫画ですが、サッカーファンも納得するほどの情報とディテールであるという評判です。

現実のサッカーでは当たり前にあるような個人の戦術を、今までの漫画では描かれていなかったくらいに細かく描かれています。

その反面、従来のサッカー漫画でありがちな、試合を決定づける必殺技のようなものは一切登場しません。

これは才能以外は素人である主人公の少年が、戦術を体得して成長していくことで、試合に勝っていくことをよりリアルに表現しているからで、この点でも実際にサッカーをしている方々からの評価も高い部分があります。

実際に他のスポーツを経験してきて、サッカーには興味のなかったような人も、面白くてJリーグのユースが身近なものに感じて、より応援したくなったという口コミや感想が寄せられています。

特に多感な時期の少年達が背景になっている青春ドラマになっているので、実際に同じ世代を生きている少年はもちろんのこと、昔を懐かしむ大人にとっても、よりリアリティのあるストーリーになっています。

色んな出来事を主人公とともに経て、成長していくような爽快感も味わうことが出来ます。

実際の試合さながらに、全ての人が報われるわけではなく、敗れていく者もいるという残酷な部分や、例え脇役であってもその心情などを事細かに描かれていて、サッカーファンでなくても十分に楽しめると評判です。

このことには原案に協力を行なっているスポーツジャーナリストなどもいるという点からも納得のいくものであり、物語としてもただの青春やユースのサッカー物語では終わらない部分もあって、その点からも評価はかなり高いと言われています。

是非、この好評の作品をスマホなどで、いつでも手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

アオアシのあらすじ

ユース世代のサッカーを描いているアオアシは、電子コミックで読むことに適した青春スポーツ漫画です。

大まかなあらすじは、以下となります。

愛媛県の田舎に住んでいる主人公の青井葦人は、公立中学の弱小サッカー部に所属する中学3年生の自己中心的なサッカーをするプレイヤーで、中学時代の最後となる試合でも相手選手への暴行で、レッドカードをもらったせいもあり敗退します。

しかしその試合を見ていたJリーグユースの監督である福田達也は葦人に動きに才能を感じ、試合後に福田は葦人に声をかけます。

戦術などに興味のないはずの葦人が、まるで吸い寄せられるようにボールを拾えることに興味があったからです。

試合の時の事を葦人から詳しく聞いてみると、フィールドにいる全選手の位置を俯瞰で見て把握できているという、とんでもない視野を持っていることに気づきます。

福田には、自分が作り上げたクラブチームで世界をとるという野望がありました。

そのためにも必要な人材であると確信した福田は、葦人をJリーグのユースチームの入部試験であるセレクションを受けるように進めます。

世界へ連れていってやるという福田の言葉から、この物語は動き出します。

入団テストに誘われて上京した葦人は、並みいる実力派の中学生たちの中に混ざって入団のテストであるセレクションに挑戦します。

そのセクションには多数の参加者がいますが、誰も取らない可能性が高いということを福田は皆に告げます。

しかし逆境を跳ね返す力を持った選手は喉から手が出るほど欲しいという激励に、選手達の緊張は解けてやる気に満ちあふれます。

そして見事に葦人は合格を果たして、ユースチームを舞台にした彼の東京でのサッカー人生がスタートします。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

アオアシの主要キャラクター紹介

主人公の青井葦人は愛媛県の海に面した町で母と兄と共に暮らしている、小学生時代からポジションはフォワード一筋の公立中学の弱小チームのサッカー少年です。

フィールドにいながらにして、まるで上空を飛ぶ鳥のような目線で試合を見ているような視野の持ち主で、その視野を武器に中学3年生の時に福田監督に出会って、セレクションに合格して、見事に東京のユースチームの一員になります。

そのスカウトをした監督が、Jリーグのユース監督の福田達也で、スペインの一部リーグでも活躍した日本代表の経験者でもある元プロのサッカー選手です。

怪我のために引退を余儀なくされて、自分の作り上げたクラブを世界一にするという野望を掲げて、10代の少年たちを育てている指導者です。

無精髭とサンダルがトレードマークの飄々とした人物ですが、指導者としては超一流でユースの選手は彼に憧れ、誰もが彼に言葉をかけられるのを待っています。

その福田監督の血のつながっていない妹が、一条花という兄に憧れを抱きながら、Jリーグのユースをサポートしている明るい少女です。

セクションの時に葦人と出会い、彼の世界で最初のファンになります。

スポーツ医学の医師を目指していて栄養学にも明るく、葦人の献立を考えたりもしています。

思春期特有の少年と少女の微妙な関係性が葦人との中にはあります。

それと、ユースのチームの中心的存在に高校2年生の栗林晴久がいます。

やがて日本代表を牽引するであろう才能として、マスコミも注目している選手で、トップチームには2種登録されている優秀な選手です。

彼も福田監督と同様に、葦人の才能を認めていて、未来にJリーグに欠かせない選手であるということを実感しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました