現実逃避してたらボロボロになった話の評判※電子書籍で読める

現実逃避してたらボロボロになった話の評判・評価

「現実逃避してたらボロボロになった話」は、永田カビさんという女性漫画家によるエッセイコミックです。

彼女は過去にもエッセイコミックを出版していますが、毎回同じような状況で苦しんでいる人からの評価が高いと言えます。

この作品についてはアルコール大量摂取による入院からエッセイを世に送り出すまでが描かれていますが、同じようにアルコールの大量摂取がやめられないことで病気になってしまった人の共感を集めました。

それ以外にも、自分のことを傷つけてしまう、認めることができない、やめなければならないことをやめられないなどの問題を抱えている人の心の支えとなっているようです。

評判はとても良く、5段階評価のうち5をつけている人が圧倒的に多いと言えます。

しかしながら、同じような経験をしたことがない人は口コミに共感よりも生々しさに驚いてしまうと書いており、3や4という評価も稀にあるでしょう。

紙媒体でも出版されていますが、悩みを抱えているときにこのエッセイコミックを発見して一気読みしてしまう人が多く、電子書籍を利用する人が多いです。

エッセイコミックは取り扱いが少ない書店もあるので、気になったときにすぐに手に入れることができない可能性もあります。

ですが、電子書籍であれば手軽に購入してすぐに読み始めることができるでしょう。

また、作者の永田カビさんと同じように心や身体に問題を抱えている人は、周囲に悩みを知られたくないと思っていることが多いです。

紙媒体のコミックを自宅に置いていると自分の悩みが知られてしまうかもしれないと感じる人でも、電子書籍であれば他人の目を気にすることなく存分に「現実逃避してたらボロボロになった話」を楽しむことができます。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

現実逃避してたらボロボロになった話のあらすじ

作者の永田カビさんが実際に経験した、アルコールの大量摂取によるアルコール急性膵炎と脂肪肝による入院までだけではなく、「現実逃避してたらボロボロになった話」を世に送り出すまでの道のりが描かれています。

このコミックのあらすじを紹介すると、まず、永田カビさんはひょんなことから毎日のように飲み歩くようになります。

初めのうちは夕方からお酒を飲んでいたところ、次第に昼頃から開店している店に通うようになり、最終的には24時間営業のチェーン店居酒屋で早朝や深夜も飲むことが習慣になっていくというストーリーです。

チェーン店でも顔を覚えられてしまうほど通った後、いつからか居酒屋で飲むことをやめて家で飲むようになります。

冷蔵庫を常備していたこともあり、焼酎をカルピスと水で割って飲むことが日課となっていました。

コストパフォーマンスを意識して、4リットルの焼酎を買うほどアルコールにのめり込んでいた永田カビさんですが、ある日、腹部に激痛を感じ、入院することになります。

ここからはアルコールを摂取することができない入院中の生活や退院後の生活、更には一向に進まない仕事に対する苦しみ、自分の進む道が見つけられないことに対する葛藤などを読むことができるでしょう。

永田カビさんは苦しみながらもこれまでの自分自身を振り返り、新しい視座を獲得したことによって、この作品を発表することになります。

結末については誰でも納得できるようなものではないはずです。

ですが、「現実逃避してたらボロボロになった話」では、ありのままの作者の考えや思いを知ることができ、そこに触れることで読者も自分の生活や人生を振り返ることができるようなストーリーとなっています。

電子書籍サイトのおすすめランキング

現実逃避してたらボロボロになった話の主要人物紹介

「現実逃避してたらボロボロになった話」の話の主要人物は、作者の永田カビさんです。

彼女は祖母と父親がモラハラを働き、祖母は宗教に熱心であるという機能不全家族のもとで育ち、母との共依存や過干渉に苦しみながら生活をしています。

うつ病や摂食障害、ADHDなどの様々な症状を抱えながら生きており、長く生きづらさを感じながら生きている女性です。

過去に1つのエッセイコミックが多くの人の注目を集め、そこからはエッセイ漫画家として活動を始めます。

しかしながら、ノンフィクションのエッセイコミックを出版することによって両親を傷つけることになりました。

自分自身の繊細な内面と家族に対する心情をさらけ出したエッセイを発表したところ、それを読んだ親から「もう書かないでほしい」と泣かれてしまいます。

そこからはフィクション作成に力を入れようとしました。今度こそ親を泣かせない作品を書こうと意気込むことで追い詰められ、プレッシャーからアルコールを求める気持ちが強くなってしまいます。

不器用ながらも真摯に自分の苦しみに向き合い続けることができる人物であり、父親からはアルコールによる入退院を書くなと言われてしまいますが、最終的には自分なりの結論を出すことができる人です。

作中では永田カビさんの登場がメインとなりますが、両親も登場します。

父親は永田カビさんが幼い頃から母親に対して強いモラハラを働いており、その影響からなのか母親は永田カビさんと共依存状態になっていることが分かるはずです。

他の作品ほど両親の性格などは深く掘り下げられていませんが、永田カビさんが自分自身を振り返る上で欠かすことができない重要な人たちだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました