宵の嫁入りの評判・あらすじ!読むなら電子書籍

スポンサーリンク

宵の嫁入りの評判・評価、口コミ

七尾美緒先生原作の宵の嫁入りは、少女向けの月刊漫画雑誌に連載されていた作品です。

現在は文庫化され電子書籍でも配信されているので、いつでも気軽に手に取って読めるようになっています。

読者を惹きつけるキャラクターや謎を含む展開など、熱中したり続きが気になる作品と口コミなどで評価されています。

また絵柄が美しくそこに惹かれる読者も少なくないので、視覚的な魅力を重視する人にとっても注目に値する作品だといえるでしょう。

評判は上々で第1巻から平均点の高い評価を得ていますし、何より読者の数が多いことからも注目度の高さが窺えます。

感情を揺さぶるストーリー展開もあって、読みながら泣いてしまう人もいるほどです。

思わず登場人物の幸せを願わずにはいられない、そういう感情移入しやすい作品でもあります。

最初に大きな謎が提示されて、その謎が少しずつ明らかになっていきますから、続きが気になったり最後まで楽しめると評判なのも納得です。

苦悩や葛藤などの要素もあるので、心理描写が好きだったり内面の機微を描く作品を好む人に向いています。

すれ違いにもどかしさを覚えたり、ホッとしたり染み入るような展開もありますから、感情に訴え掛ける緩急のつけ方が絶妙だと好評です。

一見すると現実的ではない設定ですが、それを漫画という表現で見事に立派な作品へと昇華されています。

漫画だからこそ楽しく読むことができますし、ドキドキしながらも展開を見守ることが可能です。

電子書籍版も紙に負けず劣らずのクオリティで、手軽に持ち歩けたりどこでも場所を選ばず読めると評判です。

紙の本でも持ち歩けなくはないですが、やはり持ち物が嵩張ったり重くなるのがネックです。

しかし、電子書籍ならいくら持ち歩いても重さは変わらないので、たくさん漫画を読む人なら断然電子書籍版が狙い目です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

宵の嫁入りのあらすじ

電子コミック「宵の嫁入り」は、女子高生と結婚した腹黒イケメン弁護士が、結婚したからすることはすると宣言するところからあらすじは始まります。

三条宵の祖父が逝った夏、天涯孤独となった彼女は弁護士の月島暁人と結婚しました。

これは屋敷を守る為の政略結婚で、最初は愛のない結婚だと思っていましたが、後に彼の内に秘められた恋心を知ることになります。

月島の宵に対する想いは、例え好かれなくても気持ちは止められないという気づきから明確になっていきます。

天涯孤独な宵と弁護士の月島は、愛のない政略結婚をしたはずですが、宵は徐々に彼に惹かれることになるのです。

そしてお互いの気持ちが明らかになり、両想いになって幸せな結婚生活が始まりますが、実は月島の甘く歪んだ恋の始まりでもあります。

今から君をもらう、そんな考えが巡る心の中では、これが終わればもう愛されなくなるという葛藤が渦巻きます。

宵の記憶は塗り替えられたもので、以前の宵は月島との結婚を望んでいませんでした。

記憶を戻すには男性と一線を越える必要がありますが、そうすると月島は再び嫌われることになります。

宵は策略により月島の食事に媚薬を混ぜてしまい、彼に抱かれそうになるもすんでのところで拒絶されショックを受けます。

しかも新たな男が登場して、宵をめぐる戦いが激化していきます。

宵の記憶は呪いで塗り替えられていることが分かり、18歳になるまでに男性と一線を越えなければ、もう目覚めなくなってしまうのです。

突然記憶が混濁し始めて気を失った宵を放置すれば、このまま目覚めなくなる恐れがあります。

かといって真実を告げれば幸せな結婚生活は終わりを迎えますから、月島は究極の選択に迫られることになります。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

宵の嫁入りの主要人物紹介

ヒロインで主人公の三条宵は、祖父を失い天涯孤独になってしまった女子高生です。

屋敷を守る為に結婚をすることになりますが、それは政略結婚でお互いの間に愛はないのだと思っていました。

しかし相手のことを知っていく内に想いに気がつき、2人は急接近して両想いになります。

ところが本当の記憶は塗り替えられる形で、呪いによって封印されています。

呪いを解かなければ目覚めなくなってしまい、呪いが解かれれば幸せな生活は終わるという状況に直面します。

弁護士の月島暁人は三条宵と政略結婚をした張本人で、宵にとって憧れの存在です。

最初は政略結婚で愛のない素振りでしたが、内面では切なくなるほどの狂おしい恋心を抱いています。

政略結婚の裏には理由があって、それを知った宵は驚きのあまりに動揺を見せますが、誤解もあってすれ違いが起こります。

月島は大人ぶって恋心を隠していましたが、ついに抑えきれなくなって感情が表に出るのでした。ただし、お仕置きという変わった形で表面化したことから、宵は再び動揺してしまいます。

宵のいとこの縁は、屋敷に訪れた際に宵から月島の元カノと誤解され、性別を忘れてしまった彼女にショックを受けます。

記憶を取り戻す為には一線を越える必要がありますが、相手の男性は夫でもなくても構わないと富子にいわれます。

富子から悪魔のささやきを受けましたが、縁は彼女を傷つけることは絶対にしないと拒否するのでした。

彼女を想う気持ちがある故の拒否で、想いを再確認したことから月島をライバル視して敵意をむき出すことになります。

家政婦の富子は癖が強く干渉するタイプの人物で、発言の1つ1つが強烈だったりします。

独自の世界観が炸裂して宵や月島を巻き込みますから、物語を支配しているといっても過言ではないです。

記憶に関することや物語の核心に近い人物なので、目を離すことができないといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました