アンタゴニストの評判やあらすじ@電子書籍で読める!

アンタゴニストの評判・評価、口コミ

「アンタゴニスト」は悪の改造人間が引き起こすパニックを描いたアクション漫画です。

原作は藤栄道彦先生、作画は黒田高祥先生が担当しています。

ジャンルとしては単なるアクションものではなく、ホラーとサスペンスも入り混じったような一括りにはできないジャンルです。

購入サイトなどのインターネット上では5段階中5や4という評価をつける人が多いと言えます。

稀に低評価をつけている人がいますが、他のヒーロー作品を彷彿とさせるという意見や悪の改造人間や手下、バトルの描写が怖いという理由によるものです。

他のヒーローと似ているという意見がありますが、これについてはそれもそのはずだと言えます。

何故なら、この作品は現実世界のフィクションであるヒーロー作品に登場するヒーローがいない世界観を描いているので、悪役が現実世界のヒーロー作品と重なってしまうことは仕方がないことだと言えるでしょう。

怖さも作画力が高くリアリティのあるキャラクターが描かれているからこそであり、多くの人は迫力があると感じているようです。

基本的には口コミが好評で評判が良い作品なので、多くの人が楽しめる漫画だと言えるでしょう。

これは単行本化もされていますが、まだ連載が続いている作品です。

今後どれだけ巻数が増えるか予想することができないので、これから購入を考えている人は電子書籍の購入がおすすめだと言えます。

電子書籍であれば巻数が多くなっても部屋のスペースを圧迫してしまうことがありません。

また、初めのほうのストーリーを確認したくなったときに素早く読み返すことができるという便利さがあります。

発売してすぐに購入することができる、どこでも手軽に読めるという利点もあるので、電子書籍で「アンタゴニスト」を楽しんでみると良いでしょう。

電子書籍の漫画サイト紹介電子書籍の漫画サイトへ

アンタゴニストのあらすじ

物語は、ごく普通、どちらかと言うと少し冴えないタイプの高校生である神条恒彦がヘルトピア事件に巻き込まれることから始まります。

ヘルトピア事件は悪の組織ヘルトピアの超人的な能力を持った改造人間たちが引き起こした事件であり、多くの人々が事件に巻き込まれました。

ヒーローがいない平和な世界に突如悪の組織があらわれたため、警察の初動が悪かったこともあり、多くの犠牲者を出してしまったのです。

主人公が帰宅途中にバスに乗ろうとしたところ、改造人間があらわれて意識を失い、バスに乗っていた人々は連れ去られます。

次に意識が戻ったのは実験台の上ですが、このときは意識が朦朧としている状態で夢心地です。

しっかり意識が戻ったときには病院のような場所に1人でいることに気づきますが、そのときには1週間も経過しており、スマホを持ちながら手探りで歩みを進めたところ、まだ生きているけれど重症な人々や死んでしまった人々、バスを襲った改造人間の死体を発見します。

警官隊の突入もあってその場所から抜け出すことができますが、その後も多数の異形や怪物、改造人間が登場し、主人公がそれに立ち向かう様子を見ることができるでしょう。

ヘルトピア事件が起こってから、主人公は恐怖の感情が欠落していることに気づいたり、驚異的な身体能力が開花してることに気づいたりします。

新たに登場したヘルトピアの一員から何もしなければ日常を送ることができると言われますが、戦いに巻き込まれていくというあらすじになっており、コミックを読むことでハラハラするような展開を楽しむことができるはずです。

ヘルトピアの詳細や主人公の変化などが次第に明らかにされていくので、退屈することなく読み進めることができるでしょう。

電子書籍サイトのおすすめランキング

アンタゴニストの主要人物紹介

「アンタゴニスト」の主要登場人物には「神条恒彦」がいます。彼は高校2年生で平凡な生活を送っていましたが、突然ヘルトピア事件に巻き込まれることとなる主人公です。

事件に巻き込まれたことによって感情の欠落や身体能力の変化が起こり、これによって更に戦いに巻き込まれていくこととなります。

もともとどこか冷めている部分があるタイプの少年でしたが、事件の際に病院のような場所で目が覚めたときには恐怖から涙を流すほどの感情の動きが見られました。

けれども、それ以降は次第に恐怖心がなくなっていき、目の前で怪物があらわれたとしても、激しく感情が動くということがなくなります。

「北原美礼」は主人公の幼馴染です。主人公と帰宅している途中に彼氏から遊びに誘われても、突然主人公を1人にすることを迷ってしまうようなタイプです。

事件後に主人公の消息が途絶えてからはとても心配しており、見つかったことを聞いたときには人目をはばからず泣いてしまうほどでした。

途中からはヘルトピアの一員であり主人公の監視を命じられている「麻丘雪路」というキャラクターも登場します。

彼女は自らの身体の一部であるハチを操りながら戦う悪の組織の一員ですが、主人公に助言してくることもあるキャラクターです。

この他にもたくさんのキャラクターが登場します。

人間である主人公の家族や警察官などだけではなく、ヘルトピアの改造人間や怪物などもたくさん登場していきます。

特に悪の組織側はキャラクターによって能力や特性が大きく異なっているので、特徴を知ることがバトルの鍵となっています。

悪者を含め個性的なキャラクターが多数登場するため、物語を盛り上げてくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました