ドンケツ外伝のあらすじ・評判!読むなら電子書籍

ドンケツ外伝の評判・評価、口コミ

漫画ドンケツ外伝は月輪会弧月組の若頭で、冷静沈着な男の金田から物語が始まる作品です。

荒くれ者が登場したり、任侠の男達が織りなすオムニバスストーリーありと、読む人を楽しませる魅力的な漫画です。

ドンケツ外伝の評判は第1巻から上々で、評価は最新巻に至っても安定しています。

物語の構築が丁寧で、恋バナなどのエッセンスが散りばめられていますから、ハマると読むのをやめられなくなること間違いなしです。

1話完結型なので読みやすく、電子書籍でも気軽に読める作品なので、根強いファンも少なくないです。

絵柄はややリアルよりの硬派ですが、あまり綺麗過ぎないので逆に安心して読むことができると口コミなどで評判です。

極道がテーマの作品ですから、読む人を選ぶところがあるのは否めませんが、高く評価されているのは確かです。

また巻数が増す毎にファンも増えている印象なので、今後更に評価が上がる可能性は十分にあるでしょう。

電子書籍で配信されていることもあって、ドンケツ外伝を読み始めるまでのハードルは低くなっていますから、後は興味を持てるかどうかです。

絵柄を魅力的に感じたり、極道作品に抵抗感がない人であれば、あっという間に最新巻まで読み終えてしまうはずです。

それくらいに熱量と味わい深い魅力を併せ持つ作品ですし、本編が根強い支持を集めているのも頷けます。

ドンケツ外伝は文字通りスピンオフですが、本編に負けず劣らずのクオリティですから、単品作品としても楽しめます。

電子書籍で楽しむファンの中には、評価するのに星の数が足りないという人もいるほどなので、この作品は秘めているポテンシャルが高いといえるでしょう。

登場人物はみな魅力的で格好良く、どこか懐かしさを感じさせる独自の世界観を構築していると好評です。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

ドンケツ外伝のあらすじ

コミック「ドンケツ外伝」は月輪会弧月組の若頭を務める、金田の過去にスポットライトをあてられるところからあらすじが始まります。

比較的若いものの気配りと配慮ができる人間で、器の大きさは月輪組の中でも評価されています。

腕っぷしも良く喧嘩が強いことから、闘争の際にも頼りにされたり一目置かれます。

その実力は年上のロケマサも認めるくらいで、若頭ながらも存在感を示しています。

そんな金田でしたが、細身で猛者のチャカシンとの間に淡い恋心が芽生えるなど、目が離せない一面を見せます。

荒くれ者のロケマサ、ロケマサと仲の悪いチャカシンを交えた、オムニバス的サブストーリーが展開されることになるわけです。

月輪会孤月組組長渡瀬の飼い犬、殺し屋のマキが隠し持つ本性とは何か、若衆南原と堀内の過去やマサの古傷など、ドンケツ外伝では本編では語られない物語が展開します。

ドンケツ外伝ではロケマサにもスポットライトがあたり、長年大切にしていた愛車のセンチュリーの秘話が明かされます。

実は組長の渡瀬が譲った愛車で、親分のセンチュリーとして物語が語られます。

華月組村松の秘話も登場しますから、ドンケツファンにとってたまらない読み応えとなっています。

孤月のロケマサ、朔の若林の若かりし頃の毎日など、ドンケツ外伝は作品の魅力に事欠かないです。

物語が進むにつれて、ロケマサを中心とした男気任侠のサイドストーリーへと突入していきます。

三つ巴の月輪会と月暈組、そしてはぐれ月は、野江谷の自決によって終結を迎えることとなります。

月輪会会長の宮本はかつての侠客を思い出し、会の縮小を図ることを決意します。

時は移り変わり極道も変遷から逃れられない中、ドンケツ外伝では罵声と怒号が飛び交う時代を丁寧に描かれています。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

ドンケツ外伝の主要人物紹介

ドンケツ外伝の金田は、ロケマサやチャカシンよりも年下ながら、配慮や気配りができて月輪組で評価を得ています。

闘争における存在感も大きく、ロケマサすら一目置かずにはいられない実力を持っているので、若頭として頭一つ抜けているといえます。

ギリギリながらも武闘派の下柳を下すほどですから、腕っぷしの良さは間違いないです。

正統派で信頼されるキャラクターなので、読者にとっては安心して見ていられる人物でもあります。

ロケマサは生まれ持つ恵まれた体の持ち主で、歳を取るほどに強さが増しています。

しかも10kmを30分で走るスタミナも持ち合わせていますから、ドンケツ外伝の登場人物の中でも規格外です。

実力派とタイマンをしても圧勝してしまうので、敵に回したら手をつけられないです。

意外にも、予知能力や心霊能力にも精通していますから、性格は別としても人を惹きつける魅力があります。

チャカシンは細身の見た目からは想像できない猛者で、ロケマサとは度々小競り合いをする仲ですが、心の底ではどこか信頼したり認めあっています。

名前は何かあるとすぐに銃を抜いて撃つ癖で、喧嘩の腕も実力があることから一目置かれている人物です。

気合や胆力と負けん気も併せ持ちますから、ひと度闘争になると実力を発揮して存在感を強めます。

若衆の南原は独特な武器を使う手練で、命を奪うことにはためらいますが、それでも多数を1人で相手ができる実力があります。

伸びしろがあるという意味では目が離せませんし、胆力がつけば成長すること間違いなしです。

愛車を譲られるほど組長に気に入られているロケマサですが、そのロケマサとの特別な関係を持つ組長の渡瀬もまた、ドンケツ外伝の猛者の1人です。

他にも個性的な登場人物が満載ですから、登場シーンや主要人物達との絡みが見どころになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました