よくわからないけれど異世界に転生していたようですの評判※電子書籍で!

スポンサーリンク

よくわからないけれど異世界に転生していたようですの評判・評価、口コミ

「よくわからないけれど異世界に転生していたようです」は非常に高い評価を獲得していて、漫画好きからの評判はかなり良いです。

国内にとどまらず、海外でも人気を獲得しています。

ストーリーや世界観は重苦しいものではなく、どちらかというと楽しくのんびり見ることができます。

ストーリーに関しては読み応えがあるという評価を獲得していて、没入感も楽しめる作品に仕上がっています。

電子書籍化もしていて、レビューの点数もかなり高いです。

ここまで点数が伸びているのは登場するキャラクターのバックボーンや生い立ちにも力を入れているからです。

設定が面白いのでキャラクターの個性もより引き立っていると感じます。

自分なりにお気に入りのキャラクターなどを見つけることができますし、お気に入りができることで飽きずに最後まで読み進めることが可能になります。

本筋ではなくサイドストーリーをスピンオフ作品を作成しても人気が出るかもしれません。

絵のタッチも癖がなくて読みやすいという口コミや意見が多く、初心者から上級者まで幅広い層に受け入れてもらうことができています。

一般の漫画レビューを見たとき「絵の雰囲気が受け付けない」「絵が好みではない」という意見を投稿している人が多いですが、この作品ではこのような意見がほとんどありません。

多くの人が絵のタッチや雰囲気を自然に受け入れることができているので、ここまで高い点数を獲得した可能性が高いです。

女性の雰囲気もリアルで、現実とそこまでかけ離れていないので癖が強い作品が苦手だという人も自然に入り込むことができます。

ほのぼのするシーンも多いので、リラックスして読むことができます。

是非、スマホやタブレットでいつでも手軽に読める電子書籍で読んでみてください。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

よくわからないけれど異世界に転生していたようですのあらすじ

「よくわからないけれど異世界に転生していたようです」は電子コミックでも読むことができるので、いつでも気軽に読むことが可能です。

ストーリーの軸になるのは主人公の少女レンです。

主人公は孤児であり、事故によって前世の記憶を取り戻すという話です。

主人公のレンの前世は三十代の男性研究者だったので、見た目は少女で中身は男性という設定です。

秘められた魔法の才能と前世の間に身につけた知識を駆使して異世界を生き抜いていきます。

森にこもって修行をするシーンもあり、色々スキルを覚えたりもするので男性的にはワクワクする要素が詰まっている作品です。

転生前の知識を上手く使って異世界を生き抜いていく感じは見ていて楽しいですし、力強さのようなものすら感じます。

RPGのゲームのように徐々に力をつけていき、時には仲間と協力したりするので面白いです。

主人公が少しずつ成長していくのでストーリーを読み進める楽しさがありますし、続きを読みたくなるような作品です。

ストーリーの展開も読みにくいですし、主人公はいわゆる正義の味方ではないので予想外のトラブルなども起こります。

設定が特殊なので徐々につじつまが合わないシーンも増えていきますが、細かく指摘しようとしなければ十分楽しめる内容です。

武器作りに集中したり、作業的な要素が多くなるので徐々に飽きてしまう人もいるかもしれません。

主人公が面倒なことに巻き込まれない様に他人と距離を保ち、頼られそうになったら逃げてしまうところが今の若者の思考と似ています。

若い世代には結構響く内容ですし、あらすじを聞いた上で読んでも十分楽しめる内容に仕上がっています。

主人公が成長していく過程を見るのも楽しみの一つです。

\ 簡単登録で無料試読みもできるよ /

ebookjapanでいろんな作品を読む

よくわからないけれど異世界に転生していたようですの主要キャラクター紹介

「よくわからないけれど異世界に転生していたようです」にはたくさんのキャラクターが登場しますが、主人公は他人と深く関わりを持たないので主要キャラクターは少ないです。

基本的には主人公のレンにスポットライトがあたり続けていて、たまにフェンリルの親子が登場します。

レンは前世の記憶が宿っているので、主人公は結城蓮十郎という考え方もできます。

レンは十歳の少女で、孤児というバックボーンがあります。

見た目は何となくミステリアスな感じで可愛さも兼ね備えています。

ちなみに同年代の男子よりも背が大きくて大人びた雰囲気です。

人族ではなく天人族という設定なので特殊な能力も持っています。

前世の記憶が宿って様々な能力を身につけると体も徐々に成長していき、よりグラマラスな体型になります。

使えるスキルもどんどん増えていき、創造魔法と生活魔法が使えるようになります。

スキルを生かして森でサバイバルも行うので、見た目と中身のギャップが魅力的です。

フェンリルの親子は負傷していたところをレンに助けられているので懐いています。

レンの体を借りて転生した結城蓮十郎という男性は、大企業に勤める30代の独身の研究者という設定です。

試作機の運用試験の時に不慮の事故で死んでしまうのですが、異世界転移して孤児院の少女として生活することになります。

レンと結城蓮十郎は同一人物という考え方もできるので、主人公は二人いると言っても良いかもしれません。

要所要所にアダルトな表現もあるので、どちらかというと男性向けの作品ですが、絵が魅力的なので女性でも楽しめる作品に仕上がっています。

転生後はレンの見た目も変わってしまうので、そこが残念という意見も多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました